« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

海上自衛隊初の女性護衛艦艦長。

 本日、海上自衛隊初となる女性の護衛艦艦長が誕生した。
 護衛艦「やまぎり」(JS Yamagiri DD-152)艦長、大谷三穂・二等海佐(44)。防大40期(平成四年、女子第1期)出身である。
 以下は、産経ニュースから引用。
 

 海上自衛隊横須賀基地で29日、現役護衛艦では初めての女性艦長として、大谷三穂2等海佐(44)が「やまぎり」艦長に着任した。約220人を率いる。

 大谷2佐は甲板上で整列した隊員に「ただ今から指揮を執る」と訓示。これとは別に「私の後に続く女性自衛官のためにも、気負わず任務を全うしたい」とのコメントを出した。

 海自横須賀地方総監部によると、大谷2佐は大阪府吹田市出身で、女性1期生として平成8年に防衛大を卒業。25年、初級幹部の訓練を担う練習艦で初の女性艦長となっていた。

 約4万2千人の海自隊員のうち約2400人が女性隊員。やまぎりは女性用居住区やトイレが整備され、約10人の女性隊員が乗艦している。


以上、引用終わり。
http://www.sankei.com/politics/news/160229/plt1602290010-n1.html

 護衛艦の艦長としては初の女性艦長だが、練習艦艦長には既に女性幹部が数名就任している。
 初の女性練習艦艦長は、平成25年3月22日に二人誕生している。
 一名は、練習艦「せとゆき」(TV-3518、旧護衛艦DD-131)艦長となった、東良子・二等海佐(平成二十七年1月1日付で、1等海佐昇進)。もう一名が、上記記事にもあるように練習艦「しまゆき」(TV-3513、旧護衛艦DD-133)艦長を拝命した大谷三穂・二佐、その人でした。今回、ついに現役護衛艦の艦長に就任ということになります。
 女性幹部自衛官第1期中の第1人者として、かかる同期の期待や周囲からのプレッシャーは、相当だったと思います。

 大谷艦長の更なるご活躍と、護衛艦「やまぎり」の武運長久を祈ります。

152_04l_yamagiri
(洋上を行く、護衛艦「やまぎり」の雄姿。あさぎり型護衛艦2番艦。平成16年3月から練習艦となっていたが、平成23年3月に護衛艦籍に復帰していた。画像は海上自衛隊ホームページのギャラリーより、転載させていただきました)


|

『思い出のマーニー』オスカー逃す。

 第88回アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネートされていた『思い出のマーニー』(監督:米林宏昌)は、残念ながらオスカーを逃した。受賞はピクサーのアニメ映画らしい。
 注目されていた主演男優賞は、『レヴェナント:蘇りし者』のレオナルド・デカプりオ氏が、5度目の正直でようやく受賞。無冠の帝王の異名は返上された。

|

海上自衛隊練習機TC90をフィリピン海軍へ貸与。

 報道によれば、政府はフィリピン海軍に対して、海上自衛隊の練習機を貸与する方針を固めたという。

 以下は、読売オンライン(YOMIURI ONLINE)の記事より引用。
 

 政府は、退役した海上自衛隊の練習機(航空機)「TC90」をフィリピン海軍に貸与する方針を固めた。

 フィリピン側は、中国による南シナ海での海洋進出の動きに対し、空からの警戒・監視に利用する。日・フィリピン両政府は、今春にも貸与で合意する見通しだ。

 フィリピン海軍が警戒・監視に利用する航空機は、行動半径が約300キロと狭く、「中国が進出する南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島全域を監視して戻ってくることは難しい」(政府筋)という。フィリピンは南沙諸島のスービ礁、ミスチーフ礁などで中国と対立しており、広範囲で活動できる航空機を求めていた。

 TC90の行動半径はフィリピン軍機の2倍以上で、南沙諸島の大半をカバーできるという。練習機であるTC90には、レーダー類などがほとんど搭載されておらず、フィリピン海軍が当面、目視による警戒・監視に利用するとみられる。


以上、引用終わり。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160228-OYT1T50110.html?from=ytop_top

 練習機TC90は、民間ビジネス機のビーチクラフト・キングエアC90(Beechcraft King Air 初飛行が昭和38年。各型合計6000機以上生産の大ベストセラー機)を練習機向けに改修した機体。
 性能諸元は、速力最大220ノット(巡行196ノット)、航続距離2150㎞。機体寸法は、幅15.32m×全長10.82m×高4.33m。出力580馬力のターボプロップエンジン2基搭載の双発機。
 徳島基地の第202教育航空隊に28機配備されたほか、連絡輸送機として準同型のLC90が各航空基地に1機配備されている。
 フィリピン海軍には、連絡機としてブリテンノーマンアイランダーBN2(双発プロペラ機、航続距離1400㎞)とT-41(いわゆるセスナ機。航続距離1159㎞)が数機あるのみ。あとはヘリコプターがあるだけの弱小振り。いきなりP3Cのような高性能機をもってきても、使いこなせる状況ではない。とりあえず、使い勝手の良い元練習機で目視による監視体制を充実させ、徐々にステップアップを図るつもりなのだろう。

※1ノット(Knot Kn Kt 節)1時間に1海里(1852m)進む速さ。時速1.852㎞。

Main_tc90
(TC90の飛行シーン。画像は、海上自衛隊ホームページのギャラリーより、転載させていただきました)


|

「マッポが違反取り締まるから、萎縮して運転が荒れるんだよ!」(暴走ドライバーの呆れた言訳)

 福岡県の東部に位置する行橋市(ゆくはしし)の市議会議員である、小坪しんやさんという方が、ご自身のブログで一連の「放送法」に関するメディア報道に、面白いコメントを記載していました。
 放送法と交通違反の取り締まりを対比していて、なかなか興味深いコメントです。
 興味のある方は、下記のサイトにアクセスしてください。

小坪しんやさんのブログ 
【政治家の目線】放送法とメディアの動きに対しての苦言
https://samurai20.jp/2016/02/housouhou/

|

ポケモン、20周年だぜ!

 京都の花札屋からゲームボーイ®用ソフト『ポケットモンスター赤・緑』が発売されたのが、ちょうど20年前の平成8年2月27日。以来、社会現象を巻き起こす大ブームとなった。発売の翌年には、アニメ化(テレビ東京系、平成9年4月1日より~現在XY&Z放映中)されるなどメディア展開もされた。映画も長編作品が18作公開され、今夏にも19作目が公開予定だ。
 実際この20年、色んなことがあった。ロケット団のボス、サカキの声を当てていた、声優・鈴置洋考さんは、平成18年8月6日に肺がんで死去された。享年56歳。『戦国魔人ゴーショーグン』の北条真吾役や、『機動戦士ガンダム』のブライト・ノア役で有名な方だった。
 シリーズ構成だった、脚本家の首藤剛志さんも、平成22年10月29日にくも膜下出血でお亡くなりになった(享年61歳)。『宇宙戦士バルディオス』、『戦国魔人ゴーショーグン』、『魔法のプリンセスミンキーモモ』の脚本で有名な方だった。本当に、いろいろあったな。

|

くにがみ型巡視船「あぐに」「いぜな」就役。尖閣警備専従体制完成。

 2月24日、くにがみ型巡視船(公称1000トン型PL、1700総トン、96.6m、20ミリバルカン砲×1)の新造船、「あぐに」(PL89)と「いぜな」(PL90)が就役した。両巡視船は、南西諸島・沖縄周辺海域を管轄する第11管区海上保安本部(HP)隷下に配属され、尖閣警備専従部隊に編入される。
 両巡視船の配備により、つがる型巡視船(公称ヘリコプター1機搭載型PLH、3221総トン、105m、35ミリ単装機関砲×1、20ミリバルカン砲×1)2隻及びくにがみ型巡視船10隻、合計12隻からなる「尖閣警備専従体制」が完成したことになる。

専従部隊に参加するくにがみ型巡視船は以下の通り。

PL81 たけとみ (竹富島に由来)
PL82 なぐら (石垣島・名蔵湾)
PL83 かびら (石垣島・川平湾)
PL84 ざんぱ (沖縄本島・残波岬)
PL85 たらま (多良間島)
PL86 いけま (池間島)
PL87 いらぶ (伊良部島)
PL88 とかしき (渡嘉敷島)
PL89 あぐに (粟国島)
PL90 いぜな (伊是名島)

※海上保安庁の巡視船は、配属先にちなんだ名前がつくのが慣例。配備先が変更されると、船名も変更される。

 第十一管区では、今後本年中に宮古島海上保安署を海上保安部へ格上げした上で、尖閣漁船対応体制を整備して、びざん型巡視船(公称180トン型PS、197総トン、46メートル)9隻を平成30年までに集中配備する予定がある。


Newkunigami


Plh04uruma

(画像上はくにがみ型巡視船「くにがみ」、下はつがる型巡視船「うるま」。海上保安庁のホームページより、転載させていただきました)


|

二・二六事件からもう80年。

 二・二六事件(昭和十一年二月二十六日)からちょうど今年で80年になる。だからどうということもないが。
 嘗て警視庁には、現在の機動隊の前身である特別警備隊が存在していた。昭和七年に起きた血盟団事件五・一五事件をうけて、昭和八年に新設された部隊なのだが、当時の内務省内部では、「特別警備隊に機関銃を装備させてはどうか」という意見があったらしい。しかし、この意見具申は結局どこかで握りつぶされたらしく、立ち消えになってしまった。今さら言ってもしかたないが、もし警察部隊への機関銃配備が実現していたら、二・二六事件で簡単に桜田門を決起部隊に明け渡すことはなかっただろう。いや、それどころか、決起それ自体を抑制することができたかもしれない。
 過去に戻って歴史をやり直すことはできないが、過去の経験を現在と未来に生かすことはできる。自衛隊クーデターというあってはならない事態を防ぐには、警察機動隊の更なる重武装化(テロ対策の名目で)と、首相直属の国家憲兵隊(仮)の創設が望まれる。
 文民統制とは、文民政府直属の暴力装置が、軍隊の暴発を抑えられるか否かにかかっているのだ。

|

24位から8位へ急浮上!『劇場版ガールズ&パンツアー』

 興行通信社HP)によれば、2月20日~21日の映画興行成績で、『劇場版ガールズ&パンツアー』(11月21日公開)が前週の24位から8位に急浮上したという。
 20日から始まった、4DX®上映が好成績の原動力と思われる。
 『ガルパン』以外では、1位が『オデッセイ』(2月5日公開)。『スターウォーズ・フォースの覚醒』は5位(前週4位)。『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!!』が10位(7位)。初登場の『同級生』(原作:中村明日美子、新宿バルト9ほか。公式サイト)が9位につけている。

ガールズ&パンツアー公式サイト
http://girls-und-panzer.jp/


14_valentine_card0220_03
©GIRLS und PANZER Film Projekt ©GIRLS und PANZER projekt
(※上記画像は、『ガールズ&パンツアー』公式サイトより、転載させていただきました。)

|

九州でシナ底引き網漁船を拿捕。「漁業主権法」違反で。

Hakuou_01
水産庁漁業取締船「白鴎丸」。全長62.35m、総トン数499トン(国際総トン数741トン)、乗員30名、定けい港:博多。(画像は、水産庁HPより転載させていただきました。)

 
 水産庁・九州漁業調整事務所HP)のプレスリリースによれば、2月22日07:00に、長崎県五島市所在女島灯台南西約72キロの海上において、漁業取締船「白鴎丸」(船長:橋本高明)が、農林水産大臣許可を得て我が国排他的経済水域(EEZ)内で操業中のシナ底引き網漁船「浙嶺23688」(292トン)の船長、江再超(42歳)を、「漁業主権法」の「操業日誌不記載」(12条)違反の現行犯で逮捕した。漁業取締船「あらつ」(499トン、画像はこちら)が支援した。
 九州漁業調整事務所による外国船拿捕(※)は、本件が今年初である。
 昨年(平成27年)1年間における外国漁船等の拿捕数は12隻で、内訳は韓国船6隻、シナ船3隻、台湾船3隻で、うち10隻が九州漁業調整事務所によるという。
 今年最初の外国漁船拿捕は、2月20日に境港漁業調整事務所が韓国はえ縄漁船を拿捕している(漁業取締船「照洋丸」による)。

(※)拿捕…船舶を押収し、又は船長その他乗組員を逮捕すること。

プレスリリース全文
http://www.jfa.maff.go.jp/kyusyu/press/kantoku/160223_2.html

 「漁業主権法」とは、正式名称:「排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する律」(平成八年六月十四日法律第七十六号)。同法の趣旨は第一条によれば以下の通り。

 (趣旨)
第一条 この法律は、海洋法に関する国際連合条約に定める権利を的確に行使することにより海洋生物資源の適切な保存及び管理を図るため、排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等について必要な措置を定めるものとする。

 以下、第二条(定義)は「漁業」「漁業等付随行為」「探索」「探査」「外国人」の用語の定義を定め、第四条(漁業の禁止)、第五条(漁業の許可)、第六条(許可の基準等)と続く。
 問題の「操業日誌不記載」は第十二条違反とされる。第十二条は以下の通り。

 (制限又は条件)
第十二条 第五条第一項の許可又は第八条から第十条までの承認には、制限又は条件を付し、及びこれを変更することができる。

 上記の記述ではよく分からないのですが、第5条に許可に関して「農林水産省令の定めるところ」との記述があり、該当する省令として、「指定漁業の許可及び取り締まりに関する省令」(昭和三十八年一月二十二日農林省令第五号)の第二十八条の二に操業日誌の備え付けと必要事項の記入が義務付けられており、この省令から導かれるもののようです。
 今回逮捕された船長は、2月21日から22日の漁獲量を操業日誌に記載しておらず、それが逮捕の理由になっているそうです。
 
《漁業主権法》 全文はこちら→http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H08/H08HO076.html

|

自衛官より10倍以上危険な職業、それは漁師。

 株式会社イースト・プレスが刊行した「誤解だらけの平和国家・日本」(著者:八幡和郎)によれば、現在自衛隊の年間殉職者は10人足らずで、全自衛官25万人で割ると、だいたい3万人に一人。
 一方、トラックの運転手は3000人に一人。自衛官の十倍だという(同書84頁)。すなわち、トラック運転手120万人に対し、事故死者は400人ほど(同書89頁)。
 トラック運転手より更に危険なのが漁師で、専業と第一種兼業で13万人程度に対し、死者64人で2000人に一人の割合だという。「板子一枚、下は地獄」は、今も変わらない。
 世界的に見ても、漁師は最も危険な職業だという。具体的には以下の順位。

1. 漁師
2. 樵(傾斜地、高所、チェーンソー)
3. パイロット(民間小型機)
4・ スタントマン(見ての通り)
5. 警官(交通事故が多い)
6. 資源リサイクル業者(危険物に触れるため)
7. トラック運転手
8. 屋根葺き職人
9. 農業(トラクター事故、洪水時の見回りで遭難)
10.電気工事業(感電、転落)
11.炭鉱労働者
12.建設業(転落、落盤)
13.タクシー運転手
14.高層建築物清掃業
15.整備工
16.船員
17.製粉業(窒息死が多い!)
18.消防士
19.セメント・コンクリート製造業
20.ガードマン
(同書88頁、ソースhttp://list25.com/25-extremely-dangerous-jobs/2/

 なんと、職業軍人がワースト20に入ってない?!

 では、もし今後自衛隊が中東へ、フランスやドイツと同程度の規模で「派兵」することになればどうか?
 イラク戦争を例にすれば、米軍が4486人(最大派兵人数168000人中)、英軍179人(同46000人中)の戦死に対し、お付き合いで出兵したイタリアは33人(3085人中)、スペインは11人(1400人中)。日本は5年間で最大800人派遣して戦死者0人。(同書83頁、図表4)
 アフガニスタン紛争では、米軍2361人(最大90000人中)、英軍453人(9500人中)、フランス86人(4005人中)、ドイツ54人(5000人中)。(同書85頁、図表5)
 主力である米軍は、派遣人数も最大でその分犠牲者も多く、英軍がそれに次いでいます。英国は、中東に深くコミットしてきたため、その分派兵人数も多く、米軍と共に戦闘の矢面に立つため、犠牲が多くなります。
 一方、ドイツやフランスの死者ですが、消して少ない数ではありませんが、派兵期間で割れば年間5人ぐらい。現在の自衛官の年間殉職者数が10人弱であることを考えれば、それが15人に増えるぐらい。現在の年間3万人に一人の殉職者の割合が、2万人に一人ぐらいになる。それでもまだ漁師の事故死の割合の10分の一程度です。しかも、これはNATO諸国並みに戦闘にも参加する場合です。今回の安保法制では後方支援がメインです。もちろん危険な場所であることは事実ですが、「集団自衛権行使→戦死者続出→徴兵制になる!」ということは、まずありえないことです。大東亜戦争のような惨事(軍人戦死者230万人、民間人死者80万人、計310万人!)は、国土が戦場化しない限りまず起こりません。
 もちろん、人間は数字ではありません。避けられる危険は避けるべきですし、殉職者を少なくするための努力は、不断に続けなければなりません。漁師やトラック運転手、それに最近問題となった長距離バス運転手の安全対策は、もっと拡充する必要があるでしょう。集団自衛権の行使に関しては、極端な意見やあからさまなデマに惑わされないように注意して、見守る必要があると思います。


51ey0pcoxl_sx311_bo1204203200_
   (※Amazon様より、転載させていただきました)


|

俺を踏み台にした?!

 千葉県流山市の教育委員会は、新年度から市内の公立校(市立小学校16校、同中学校9校)の運動会で、組体操を止めることにするという。組体操廃止は、大阪府・大阪市に次いで全国2例目らしい。
 近年、組体操で骨折など大けがを負う例があってのことだとか。

 組体操、昔運動会でやったけど、体がデカいんでピラミッドの一番下の段中央付近に配置された。重いしヒザに小石が食いこんで痛いしで、全く不愉快な経験だった。下の段より上は楽かといえばそうでもない。上は上で、グラグラ揺れる足場に不安であったろう。その上、それだけ苦労しても、その苦労の成果を自分の目では確認できない。一体誰が得するんだ?
 アスリート・ファーストの原則からしても、組体操廃止は妥当だと思う。今まで惰性で続けてきたこと自体、重大な人権問題だ!

|

訃報:脚本家、両澤千晶さん死去。

 『サイバーフォーミュラーシリーズ』、『機動戦士ガンダムSEEDシリーズ』の脚本家、両澤千晶(もろさわちあき)さんが、19日大動脈解離でお亡くなりになったそうです。享年56歳。謹んでお悔やみ申し上げます

公式ガンダム情報ポータルサイト GUNDAM.INFO

|

流氷接岸初日。船舶航行不能!

 網走地方気象台の発表によれば、本日09:40網走地方の「流氷接岸初日」を観測した。平年より20日、昨年より34日も遅く、昭和34年の観測開始より最も遅いという。着岸が遅くなったのは、北風の強い日があまりなかったためらしい。
 流氷接岸初日とは、流氷が接岸または定着氷と接着した結果、沿岸水路が無くなり船舶が航行できなくなる最初の日である。

網走紋別地方海氷情報第2号
http://www.jma-net.go.jp/abashiri/seaice_report/seaice_report2016-2.pdf

Photo1
※流氷をかき分け進む、流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱの雄姿!本船のような特殊な船舶を除けば、解氷まで沿岸航行はできない。(上記画像は、ガリンコ号ⅡのOFFICIAL WEB SITEより、転載させていただきました)


|

今日は『竹島の日』!ついでに「猫の日」で「行政書士記念日」。

 今日は『竹島の日』なのだが、今朝の新聞(東京新聞11判S)には、なぜか記事が見当たらない!本来なら1面中段あたりに見出しが出ていそうなのに、2面、3面、社説、社会面のどこにもない。何という意識の低さだ!
 確かに、『竹島の日』は島根県の制定した記念日で、国(政府)が定めたものではない。「全国区のニュースではない」という判断なのかもしれないが、そこは60年以上も不法に占領されている日本の国土である。北方四島(歯舞・色丹・国後・択捉)とともに、外国に占領された土地がある事実。その重大性を、もっと深く認識しなければならない。今だ取り返せないということは、今後も土地を奪われる可能性があるということである。今年に入ってから、既に複数回、沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺の領海において、シナ海警による領海侵犯が繰り返されている。予断を許さない状況だ。こう言う時こそ、我が領土領海を護る決意を、折に触れて内外に示すべきなのに。
 昨日のブログでも紹介したが、今日は島根県で「竹島の日」記念式典・竹島北方領土返還要求運動県民大会が開催される予定である。政府からは内閣府大臣政務官が出席するほか、国会議員数名の出席も予定されている。しかし、できれば安倍総理か重要閣僚に出席してもらいたかった。国政に多忙であることは十分承知の上で、次回はぜひとも閣僚の出席を検討してもらいたいと思う。(無論、竹島が返還され、次回式典を行わなくてもよくなるのが、最良である。)

 さて、話はガラッと変わるが、今日は『猫の日』でもある。2月22日で「にゃんにゃんにゃん」のゴロ合わせだという。日本での話だが、世界的には8月8日が「世界猫の日」だと、林修先生が朝のテレビ番組で解説していた。なぜ8月8日なのかは、説明はなかった。(国際動物福祉基金という組織が、2002年に制定したと、ウィキペディアの記事にあった。)
 さらに、今日は『行政書士記念日』でもある。こちらは、昭和26年の今日、行政書士法(昭和26年法律第4号)が制定されたことに由来する。

|

にゃんにゃんにゃん、22日は『竹島の日』!

 明日、2月22日は「竹島の日」である。明治38年1月28日に竹島の島根県編入が閣議決定され、同年2月22日に島根県知事による告示が出されたことを記念して、平成17年に島根県によって制定された。(平成17年3月25日島根県条例第36号)
 竹島は昭和28年から韓国によって不法占拠されている。人間の屑・李承晩(朝鮮動乱で国民を見殺しにして自分だけ逃げ出した、最低の男)のせいである。明日は島根県の島根県立武道館で、13時30分から、第11回「竹島の日記念式典・竹島・北方領土返還要求運動県民大会が開催される予定である。政府からは、酒井庸行・内閣府大臣政務官が出席予定である。奪われた我らが国土を取り戻すための、力強いメッセージが内外に向け発信されることを願う。

Web竹島問題研究所
http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/pref/takeshima/web-takeshima/


H1
(上記画像は、外務省「竹島」ホームページより、転載させていただきました)


|

予報通り。

 予報通り、雨。けっこう降りましたね。この後、夜中まで降り続けるようだが、明日は晴れるらしい。ついでに気温も高くなりそう。関東地方は、冬の嵐にはならないようだ。ありがたい。

|

明日は春の嵐、明後日は冬の嵐?

 天気予報によると、今日は3月から4月並みの暖かさ。しかし、明日は一変雨風強く、明後日は気温も低下して付与の嵐なんだと。ジェットコースターみたいな乱高下ぶりが予想されるという。大荒れの週末、大変だ

|

番組準則(放送法4条各号)の法規範性。

 《放送法》 (昭和二五年法律百三十二号)

第二章 放送番組の編集等に関する通則

 (放送番組編集の自由)
第三条 放送番組は、法律に定める権限基づく場合でなければ、何人からも干渉され、又は規律されることはない。

 (国内放送等の放送番組の編集等)
第四条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。

一 公安及び善良な風俗を害しないこと。
二 政治的に公平であること。
三 報道は事実をまげないですること。
四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

(以下、略)

 高市早苗・総務大臣の放送法を巡る発言に、野党と一部マスコミが大騒ぎらしい。愚かなことだ。
 放送法は単なる倫理規定ではなく法規範性を有し、著しく同法に違反すれば、監督官庁たる総務省が、放送免許の停止や放送の一時停止を命ずる可能性もある。そんなこと、当たり前じゃないか。
 民主党政権時代、当時総務副大臣だった民主党の平岡秀夫氏も、共産党の塩川鉄也議員および公明党の魚住裕一郎議員(いずれも当時)の質問に答える形で、同様の答弁をしている(第176臨時国会、平成22年11月25、26日)。国会審議における大臣等の発言は、各省の見解を基に役人の作文に従って行うもの。放送法に関する総務省の見解が、平成22年当時と同じなら、同じ質問には同じ答えが返ってくる。民主党には、記憶力が無いのか?
 もし、同じ答弁が返ってくることを見越したうえで、その発言の一部を取り上げて批判してるとすれば、何という「心根の卑しさ」(by辛坊治郎)だろう。
 放送電波は公共財であり、特に許された事業者のみが、放送事業を行うことができる。また、放送は即時広範囲に情報を発信できる特性がある。それだけに、新聞や雑誌よりも厳しく公平性や真実性が求められる。
 特に、民放は商売として放送を行う関係で、スポンサーの意向に従属する傾向がある。そこに、外国勢力やそのシンパの国内分子によって、間接侵略(宣伝戦)の道具に使われる危険がある。政府、特に監督官庁たる総務省が、放送内容に何のチェックも行わないとすれば、国民に対する背信行為として、厳しく指弾されることになる。
 無論、公権力の濫用はあってはならないことである。その上で、公安・良俗の原則(一号)、政治的公平の原則(二号)、真実性の原則(三号)、論点の多角的解明の原則(四号)に違反する事実があれば、見逃すことなく必要な措置をとるべきである。放送事業者も、襟を正せ!

放送法》全文→http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO132.html

|

ひとみに映すエックス線

 本日17:45、H2Aロケット30号機で打ち上げられたX線天文衛星「ASTRO-H」は無事予定の軌道に投入され、「ひとみ」と命名された。ブラックホールの観測等に、活躍が期待される。

 良いニュースがあれば悪いニュースもある。本日、沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺海域で、シナ海警の公船3隻が無法にも我が領海を侵犯し、1時間半にわたって航行したという。許し難し!


Topics_20151211_astroh

(※上記画像は、ASTRO-H 「ひとみ」のイメージ図。JAXAホームページより、転載させていただきました)

http://www.jaxa.jp/projects/sat/astro_h/index_j.html

|

君来むと…

文部省唱歌 『雪』

雪やこんこ 霰やこんこ
降っては 降っては ずんずん積もる
山も野原も 綿帽子かぶり
枯れ木残らず花がさく

 今朝のテレビ朝日『グッド!モーニング』の「ことば検定」のコーナーで、雪やこんこの「こんこ」は、「来む来む」つまり「(雪よ)もっと降れ」という意味だと、林修先生が解説していた。
 ただ、林先生は触れていなかったが、「来む此」で「ここに来い(降れ)」という意味だとする説もあるらしい(詳しくはこちら)。どちらが正しいのかは不明だが、都心に積雪は歓迎できないな

|

まるで年中「閉店セール」。アディーレ法律事務所に措置命令

 しつこいCMが鼻につくアディーレ法律事務所に、消費者庁HP)が措置命令を出した。

 以下は、時事通信の記事より引用。
 

 消費者金融への過払い金返還請求などを全国で手掛ける弁護士法人「アディーレ法律事務所」(石丸幸人代表、東京都豊島区)が、着手金無料のキャンペーンを「1カ月限定」などと広告表示しながら、実際は5年近くにわたり続けていたとして、消費者庁は16日、景品表示法違反(有利誤認)で、同法人に再発防止を求める措置命令を出した。
 消費者庁によると、同法人は完済している消費者金融業者への過払い金返還請求について、4万円の着手金を無料にするといったキャンペーンを「1カ月限定」「今だけの期間限定」などとホームページ上に掲載。しかし、実際には2010年10月~15年8月の約4年10カ月にわたり、同様の表示を続けていた。同年9月からは「期間限定」をやめ、恒常的な制度として表示している。
 同庁の調査に対し、同法人は「1カ月ごとに(キャンペーン)継続の判断をしていたので、問題とは認識していなかった」と説明したという。 
 以上、引用終わり。

 たまにいつも「閉店セール」の看板だしてる店があるけど、法律事務所のやるこっちゃねえよな。言訳が白々しくて恥の上塗りだ。

《景品表示法》(不当景品及び不当表示防止法 昭和37年法律第134号)
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/141210premiums_1.pdf

※平成28年4月1日より、以下に変更されます。
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/160208premiums_1.pdf

|

小澤征爾さん、グラミー賞受賞。

 小澤征爾さん(80)がグラミー賞受賞。8度の目のノミネートでついに受賞だそうです。今まで受賞しなかったのが不思議なほどです。おめでとうございます。

 小澤征爾さんの名前。征の字は板垣征四郎から、爾は石原莞爾からとったとか。

|

初夏から一転、冬の雨。

 昨日の陽気もどこへやら。今日は朝から陰鬱な天気。気温も低下、季節は2か月も逆戻りしたよう。こう気温が乱高下すると、体調に悪い。というか、既に体調がおかしい。参ったな…ついに花粉症か

|

おめでとう!錦織圭選手、メンフィスオープン4連覇!!

 テニスのメンフィスオープン決勝戦に進出した錦織圭選手は、対戦相手のテイラー・フリッツ選手(米国)をストレートで破り優勝した。史上初の4連覇のおまけつき。おめでとう、錦織選手!

|

春一番

 各地で春一番が観測された。しかし、この暑さじゃ「初夏一番」だね。

|

春の嵐か

 四国では、今日春一番が吹いたとか。
 明日は5月並みの気温になるとか、大風が吹くとか言う話だ。大変な一日になりそう

|

重力波ついに発見か?!

 深夜テレビを観ていたら、急に速報が入ったので何事かと思ったら、「重力波発見」のビッグニュースだった!少し前から「発見したらしいぞ?!」という噂が流れていたが、ついに正式に発表されたのである!
 発表したのは、米国カリフォルニア工科大学及びマサチューセッツ工科大学の観測チーム。レーザー干渉計重力波天文台LIGO(Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory)の観測データから、確認した。LIGOは直交する一片数キロのレーザー測遠機で、重力波による空間のひずみを観測する装置。重力波そのものを直接観測できるわけではない。今後、世界中の観測チームによる解析と追試を経ないと、まだ確定とはいかないが、もし事実であると確認されればノーベル賞級の大発見である。続報が待たれる。

(アインシュタインがその存在を予言してからちょうど百年目。今まで科学的にその存在は確認されていなかったが、SFの世界では頻出するワード。例えば、「重力波検知!敵艦ワープアウトしてきます!」とか言った感じで。今後は、空想科学から本来の科学の対象になるのである。感慨深い

|

今日は建国記念日

 今日は何の日か?言わずと知れた建国記念日である。日本書紀の記録から、西暦前660年2月11日に神武天皇が即位したとされ、それが由来となった。神武天皇即位を紀元とする神武天皇即位紀元で皇紀二千六百年に当たる昭和十五年には、盛大な紀元二千六百年記念事業が各地で行われ、同年採用された海軍艦上戦闘機は零式艦上戦闘機(11型、十二試艦戦)、陸軍の偵察機は一〇〇式司令部偵察機(キ46、新司偵)と呼称された。ちなみに、本年平成二十八年は、皇紀2676年である。

 また、昭和45年の今日は、日本初の人工衛星「おおすみ」が、L4Sロケット(ラムダロケット。JR山手線で上野駅付近を通るとき、国立博物館脇にレプリカが野外展示されているのを見ることができる)で打ち上げられた日でもある。日本が、ソ連、米国、フランスに次いで、世界第4位の人工衛星打ち上げ国となった日である。

|

今日は何の日?「英國海軍戦艦ドレッドノート進水」(明治39年2月10日)

 今から110年前(明治三十九、西暦1906)の今日、大英帝国において、艦船史を画する戦艦ドレッドノート(HMS Dreadnought)が進水した(就役は、同年12月2日)。本艦以前の戦艦、例えば日本海海戦(明治38年5月27日)において、聯合艦隊旗艦を務めた戦艦三笠は、前甲板と後甲板に30.5サンチ連装主砲塔が1基ずつ、計4門を装備したのに対し、ドレッドノートは主砲連装砲塔5基10門という圧倒的な火力を誇っていた。さらに、機関は従来の石炭レシプロ機関から蒸気タービンになり、速力も従来艦の約18ノットから21ノットと優速になった。一方、艦首衝角は「実用性なし」として廃止された。
 本艦の出現は、従来戦艦を一夜で陳腐化させるほど、画期的なものだった。本艦登場以降の戦艦を「ド級(弩級)戦艦」「超ド級戦艦」、以前の艦は「前ド級艦」とカテゴライズされることになる。各国海軍は衝撃を受けたが、一番割を食ったのは、多数の「前ド級艦」を擁する英国海軍(Royal Navy)だったのは皮肉である。
 もっとも、英國も完全にドレッドノート級へ移行したわけではなく、並行して前ド級艦の建造を行っている。新兵器の実用化にはリスクが伴うため、失敗した時の保険でもある。「将軍は、昨日の戦争に学んで、明日の戦争に備える」と言われるように、軍人は意外と保守的なのである。三笠までは装備していた艦首衝角(ラム)も、リッサ海戦(慶応2年、1866年7月20日 伊vs墺)において、オーストラリア帝国艦隊が衝角戦でイタリア海軍に勝利した戦訓から、装備されていたものである。新兵器や新戦術を採用するのは、大変なのである。
 余談だが、「ものすごく強い」とか「めちゃくちゃ大きい」という意味でつかわれる「弩級」「超弩級」という表現も、本艦が由来である。

300pxhms_dreadnought_1906_h63596
(※画像は、ウィキペディアの記事から転載させていただきました。本艦の詳しい諸元はこちら

|

花はどこでも咲ける。心が萎れなければ・・・

 昨年11月21日に封切られて以来、2か月以上のロングランを続ける『劇場版ガールズ&パンツアー』(HP)。既に興行成績は10億円を超え、2月20日からは4DX®上映が決まっているという。もはやカルトムービーというべきか?カルトムービーの定義にもよるが(一般に、一部のコアなファンから熱狂的に支持され、ロングランを続ける映画と捉えられているが、正確な定義は私もよく分からない)。
 私はまだ6回しか劇場に足を運んでないが、いつ観に行ってもけっこう人が入っていて、人気の強さを実感するとともに、リピーターの多さを予感させられる。まあ、これだけ面白ければ無理もない!
 やや夢の無い突っ込みを入れるとすれば、「ガソリン代はいくらかかるの?女子高校生のポケットマネーじゃ、まかないきれないのでは?」とか、「57ミリ以上の砲弾は、重すぎて装填できないだろう?」とか、「男でも音をあげる履帯や転輪の修理は、女子には無理なのでは?」とか、「マウスがオッケーなら、オイ車も出していいの?」とか、色々あるのだが、野暮なことは言いっこ無し。そもそも論でいえば、女性は戦車兵には向かない。これは、建国以来、男女に徴兵制(男子3年、女子2年)をとってきたイスラエルで、実際女性兵士を戦車に載せてあれこれ試した結果、「必要な筋力が不足している」という結果が出ているのである(出典はこちら)。登場人物が、神取忍みたいなゴリラ女(失礼)ばかりだったら、やっぱりヤダよね。(もっとも、独ソ戦でソヴィエト赤軍に女性の戦車長が確かいたはず)
 絶好調の『ガルパン』が、今後どこまでロングランを続けるか?今後とも目が離せない。『スター・ウォーズ』なんて叩き潰せ!パンツアー・フォー!
14_valentine_card0220_01
©GIRLS und PANZER Film Projekt ©GIRLS und PANZER projekt
(※上記画像は、『ガールズ&パンツアー』公式サイトより、転載させていただきました)

|

今日は何の日?「郵便マークの日」(明治二十年二月八日)

 明治20年の今日、逓信省(当時)が出した「明治二十年逓信省告示11号」(本省徽章ヲ創定ス)により、「自今(T)字形ヲ以テ本省全般ノ徽章トス」とされた。当初は「T」だったのだが、わずか一週間で現在用いられている「〒」に改められ(2月14日)、2月19日付の官報で「Tは間違いでした」と訂正された。
 「T」から「〒」に代わった理由としては、「T」が料金不足を意味する国際郵便の共通記号だったためとか、諸説あるらしい。(※詳しくは、ウィキペディアでお調べください)

|

『思い出のマーニー』、アニー賞受賞ならず。

 国際アニメーション協会(ASIFA)のアニー賞にノミネートされていた『思い出のマーニー』は受賞ならず。ディズニー・ピクサーの『インサイド・ヘッド』が受賞だそうな。『バケモノの子』もノミネートされていたそうだが、こちらも受賞ならず。残念。
 『思い出のマーニー』は、アカデミー賞にもノミネートされていた(記事)。こちらに期待である。
 一方、アニー賞で功労賞に当たるウィンザー・マッケイ賞を高畑勲監督が受賞したという。おめでとうございます!

|

多事多端

 北のミサイル発射に地震と、今日は大変な一日だ

|

東海汽船のジェット高速船『セブンアイランド友』、大島沖でクジラと接触か。

Jet_big_ph05_2

 本日08:50ごろ、東海汽船HP)のジェット高速船『セブンアイランド友』(※上記画像)が、伊豆大島北西約13キロの海上でクジラと思われる海中生物らしきものに接触し、航行不能となった。乗客69人と乗員5人にけがはなかったものの、数人が船酔いを訴えたという。
 接触したのは、マッコウクジラと思われる。息継ぎのため水面近くへ浮上したところに、運悪く接触したらしい。過去、平成16年と18年にも同様の事故があり、東海汽船では同海域では以前80キロの速度だったところを65キロに減速し、また乗客に対してもシートベルトの着用を徹底して呼びかけていたそうで、今回けが人が出なかったのも、そのおかげらしい。
 セブンアイランド友は全長27メートル、164トン。昭和63年に竣工した、川崎重工製のジェットフォイル船。以前は『トッピー1』の名前で、鹿児島商船で就役していたが、平成25年から東海汽船に移籍していた。
 
(※上記画像は、セブンアイランド友の雄姿。東海汽船のホームページより、転載させていただきました)


|

新パナマ運河、6月末に運用開始か。

 拡張工事中のパナマ運河が、本年6月末には通航可能になるらしい。
 以下は、時事通信記事より引用。
  

【サンパウロ時事】パナマのキハノ運河庁長官は3日、拡張工事中の新パナマ運河が、運用開始に向けた最終試験の段階にあり、6月末にも稼働できる見通しだと語った。ロイター通信が報じた。パナマ運河の拡張工事は2007年に始まり、当初、開通100周年にあたる14年に完了する予定だった。
 17年の運河航行料収入は、14億ドル(約1600億円)に上り、現在の3割増になると見込まれている。 

 以上、引用終わり。http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/jiji-2016020500120/1.htm

 新パナマ運河が通航可能になり、更に国内の原発が全て再稼働できれば、イランがホルムズ海峡を機雷で封鎖しても当分困らない。日本にとっても重要なニュースだ。

|

春は名のみの風の寒さや

 今日は立春。季節の上では今日から春。天気はやや雲があるが一応晴れ。日が当たっているところは暖かいが、気温はまだまだ低い。もうしばらくは寒い日が続く。インフルエンザにかからないよう、注意が必要だ。
 お寒いのは気温だけではない。本日、ニュージーランドで環太平洋経済連携協定(以下、TPP)の文書に日米他12か国が署名した。今後、協定発行に向け国内調整が行われることになるが、これで我が国は、実質的に関税自主権を失うことになるかもしれない。幕末に結ばれた日米修好通商条約(安政五年、西暦1858年)以来、治外法権の撤廃と関税自主権の回復のために、明治の元勲と呼ばれた人達がどれほど苦労したことか!その関税自主権を、また失うかもしれないのである。
 安倍総理は山口県(かっての長門の国、長州)出身のはずだが、地元の大先輩たちの御苦労を無にしかねないTPPをどう考えておられるのか?無論、総理大臣の椅子から見える世界は、我々の目に見える世界とは違う。アクセスできる情報の質と量が全然違うからだ。総理もおそらく、大所高所に立って決断されたのだと信じたい。信じたいのだがしかし…不安はぬぐえない

|

映画『ビハインド・ザ・コーブ』(Behind "THE COVE")を観てきた。

 新宿のケイズシネマK'sCINEMA)で、『ビハインド・ザ・コーブ~捕鯨問題の謎に迫る~』(監督:八木景子)を観てきた。この映画は、平成21年に公開された『THE COVE』(ザ・コーブ。コーブとは、入江のこと)というドキュメンタリー映画(ということになっている)の反証ドキュメンタリーとなっている。ナレーションは英語で、日本人出演者のセリフもすべて英語字幕付きで、海外発信を意識したつくりである。
 詳しい内容は、ネタバレになるので割愛するが、かなりの力作である。「ザ・コーブ」の公開以来、動物保護団体や環境保護団体と称する外国人が多数押しかけて、迷惑してる太地町(和歌山県)の様子や、地元の人が語る複雑な心情。悪名高いシーシェパードの環境テロリストぶりと、単純にテロと断じることのできない奇怪な背景事情。環境保護がビッグビジネスとなっている呆れた現状など、大変興味深かった。「ザ・コーブ」の監督のルイ=シホヨス氏や、主演のリック=オバリー氏へのインタビューもある。よくここまでいろんな人にインタビューできたなと、監督のタフネスぶりに感心させられる。シヨホス監督とオバリー氏が、互いに責任を擦り付け合うような発言をしているのに注目。(余談だが、オバリー氏が、『わんぱくフリッパー』でフリッパー役のイルカの調教師だった事実を知って、些かショックだった。あのドラマで米国の沿岸警備隊というものを初めて知った。大好きなドラマだったのだが…)
 面白かったのは、マッコウクジラのマッコウ頭油(マッコウクジラの頭部にある鯨油。海底深く潜るマッコウクジラは、これで浮力調整を行って、急速潜行や浮上を行う。熱と圧力の変化に強い)を、米国が「高級アルコール」という名目て、日本から輸入していた事実。マッコウ頭油は、その熱と圧力変化に強い特性から、人工衛星や大陸間弾道弾(ICBM)のサーボモーターなどの潤滑油として重宝されていたのだが、「鯨類保護」を訴える傍らで、宇宙開発や核ミサイルのためにマッコウクジラの鯨油を日本から買っていた米国のご都合主義には、呆れを通り越して怒りを覚える。
 監督の八木景子さんは、「子供のころ好きだった給食のクジラの竜田揚げが、なぜ食べられなくなったのか?」という疑問から始まって、これだけのドキュメンタリー映画を作ってしまった。(喰いものの恨みは恐ろしい!。)監督が探った問題の根は、ベトナム戦争にまで行きつく。当時ベトナム戦争で行われた枯葉剤作戦などの蛮行が、環境問題として世界から非難されるのを避けるために、ニクソン大統領(当時)が、殊更捕鯨を問題視して、世間の目をごまかそうとしたというのである。日本が特にターゲットとされたのには、真珠湾攻撃の恨みという側面もあるかもしれないという。こうまで根が深いとは!
 それにしても、持続可能な捕鯨を行ってきた我が国が、乱獲で鯨類を滅ぼしそうになった国々が集まるIWCで責められるのは、承服しがたい話である。日本と反捕鯨派の国々や団体の価値観がこれほど違うとなると、話し合いだけで妥協点が得られるとは思い難い。どうしたものか、考えさせられる映画である。捕鯨問題に関心がある人だけでなく、広く世界中の人に見てもらいたい映画である。

 映画終了後、八木景子監督の挨拶があった。監督の挨拶を見るなんて、『時をかける少女』をテアトル新宿に観に行って、細田守監督の挨拶を見て以来だ。
 監督から、映画撮影に関する話をあれこれ聞くことができたが、劇場や映画の公式サイトがサイバー攻撃を受け、アノニマスらしい犯行声明があったという話には驚いた。前日、劇場にアクセスしたらエラーになって接続できなかったのは、丁度サイバー攻撃を受けてる最中だったらしい。恐ろしい話だ。

映画公式サイトhttp://behindthecove.com/

|

伊舎堂用久中佐

51yu9sa2kil_sx338_bo1204203200_
 『翁長知事と沖縄メディア』(仲新城誠:著、産経新聞出版、上記画像Amazonより)という本を読んだ。著者の仲新城誠氏は、沖縄県・八重山諸島(宮古・石垣・西表・与那国等)の地元紙・八重山日報HP)の編集長である。本書には、本土では報道されない沖縄県の実情、特に離島である八重山の状況が綴られている。日頃報道される「沖縄の声」は、実は沖縄本島の県庁周辺や、米軍基地周辺で騒いでる人々の声ばかりで、地元に住む人々、特に離島に住む人々の声は全くと言っていいほど伝わっていないことに気づかされる。沖縄に関心がある人は、ぜひ本書を読み、併せて『沖縄の不都合な真実』(大久保潤、篠原章:著、新潮社、下図)も読んで欲しい。本土にいて、沖縄に関する報道に対して感じるモヤモヤが、すべてはっきりするはずだ。

 さて、表題の伊舎堂用久(いしゃどう ようきゅう)中佐とは、沖縄県石垣市登野城出身の陸軍軍人。陸士55期で空中勤務者(飛行士)。航空隊勤務で支那大陸を転戦し、昭和19年に大尉任官。翌20年には「誠第17飛行隊」隊長として故郷・石垣島に赴任。そして昭和20年3月26日に、沖縄戦特攻第1号として石垣島より出撃し、慶良間諸島沖にて、敵空母部隊に体当たり攻撃を敢行した人物である。当時まだ24歳。死後、大尉から二階級特進で中佐となり、軍神と称えられた人。本書の254頁から260頁にかけて、伊舎堂中佐の履歴や人となり、中佐をはじめ、石垣から出撃した計31名の特攻隊員を顕彰する顕彰碑に関する記述がある。情けないことに、私は本書を読むまで、伊舎堂中佐のことを知りませんでした。地元出身で、故郷を守るために戦った人々の存在は、もっとクローズアップされてしかるべきだと思います。中佐の存在を知ることができただけでも、本書を読んだ価値はあったと思います。

 よく、「沖縄は見捨てられた」とか、「本土の捨て石にされた」という意見を聞きますが、沖縄戦で戦死したのは、伊舎堂中佐のような地元沖縄出身の兵士だけではありません。多くの将兵は、沖縄以外の地域から馳せ参じた人々です。彼らは、生まれ故郷を離れた沖縄で、沖縄を守るために戦って死にました。陸海軍の航空部隊は、沖縄上空で散華しましたし、戦艦大和は沖縄救援のため出撃し、途中敵艦上機の大編隊に集中攻撃を受け撃沈されました。沖縄が本当に見捨てられたなら、これほどの犠牲はなかったでしょう。沖縄は、決して見捨てられたわけではありません。懸命に戦って戦死した人びとに対して、これ以上の侮辱は無いでしょう。

伊舎堂中佐、辞世の句

 指折りつ待ちに待ちたる機ぞ来る 千尋の海にちるぞたのしき

※知覧特攻平和会館に、伊舎堂中佐の展示アリ。
 詳しくはこちら→http://www.chiran-tokkou.jp/learn/pilots/Ishado.html

300pxmitsubishi_ki511
(上記画像は、伊舎堂中佐が搭乗した、三菱九九式襲撃機の同型機。ウィキペディアの記事から、転載させていただきました)

51sxokncsgl_sx310_bo1204203200_
(こちらも宜しく!「沖縄の不都合な真実」画像は、Amazonより)

|

ああ、いい天気。

 朝からすっきり晴れて気持ちがいい!気温は低いが、日の光があるのは本当にありがたい。
 昨日、国税庁からのメールで、e-Taxの状況が分かった。問題なく処理されたそうでよかった。めでたしめでたし

|

二月

 早いもので今日から二月。ついこの前、正月迎えたばかりと思っていたのだが。呑気に構えてはいられないな。

|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »