« 二・二六事件からもう80年。 | トップページ | ポケモン、20周年だぜ! »

くにがみ型巡視船「あぐに」「いぜな」就役。尖閣警備専従体制完成。

 2月24日、くにがみ型巡視船(公称1000トン型PL、1700総トン、96.6m、20ミリバルカン砲×1)の新造船、「あぐに」(PL89)と「いぜな」(PL90)が就役した。両巡視船は、南西諸島・沖縄周辺海域を管轄する第11管区海上保安本部(HP)隷下に配属され、尖閣警備専従部隊に編入される。
 両巡視船の配備により、つがる型巡視船(公称ヘリコプター1機搭載型PLH、3221総トン、105m、35ミリ単装機関砲×1、20ミリバルカン砲×1)2隻及びくにがみ型巡視船10隻、合計12隻からなる「尖閣警備専従体制」が完成したことになる。

専従部隊に参加するくにがみ型巡視船は以下の通り。

PL81 たけとみ (竹富島に由来)
PL82 なぐら (石垣島・名蔵湾)
PL83 かびら (石垣島・川平湾)
PL84 ざんぱ (沖縄本島・残波岬)
PL85 たらま (多良間島)
PL86 いけま (池間島)
PL87 いらぶ (伊良部島)
PL88 とかしき (渡嘉敷島)
PL89 あぐに (粟国島)
PL90 いぜな (伊是名島)

※海上保安庁の巡視船は、配属先にちなんだ名前がつくのが慣例。配備先が変更されると、船名も変更される。

 第十一管区では、今後本年中に宮古島海上保安署を海上保安部へ格上げした上で、尖閣漁船対応体制を整備して、びざん型巡視船(公称180トン型PS、197総トン、46メートル)9隻を平成30年までに集中配備する予定がある。


Newkunigami


Plh04uruma

(画像上はくにがみ型巡視船「くにがみ」、下はつがる型巡視船「うるま」。海上保安庁のホームページより、転載させていただきました)


|

« 二・二六事件からもう80年。 | トップページ | ポケモン、20周年だぜ! »

ニュース」カテゴリの記事