« 映画『ビハインド・ザ・コーブ』(Behind "THE COVE")を観てきた。 | トップページ | 新パナマ運河、6月末に運用開始か。 »

春は名のみの風の寒さや

 今日は立春。季節の上では今日から春。天気はやや雲があるが一応晴れ。日が当たっているところは暖かいが、気温はまだまだ低い。もうしばらくは寒い日が続く。インフルエンザにかからないよう、注意が必要だ。
 お寒いのは気温だけではない。本日、ニュージーランドで環太平洋経済連携協定(以下、TPP)の文書に日米他12か国が署名した。今後、協定発行に向け国内調整が行われることになるが、これで我が国は、実質的に関税自主権を失うことになるかもしれない。幕末に結ばれた日米修好通商条約(安政五年、西暦1858年)以来、治外法権の撤廃と関税自主権の回復のために、明治の元勲と呼ばれた人達がどれほど苦労したことか!その関税自主権を、また失うかもしれないのである。
 安倍総理は山口県(かっての長門の国、長州)出身のはずだが、地元の大先輩たちの御苦労を無にしかねないTPPをどう考えておられるのか?無論、総理大臣の椅子から見える世界は、我々の目に見える世界とは違う。アクセスできる情報の質と量が全然違うからだ。総理もおそらく、大所高所に立って決断されたのだと信じたい。信じたいのだがしかし…不安はぬぐえない

|

« 映画『ビハインド・ザ・コーブ』(Behind "THE COVE")を観てきた。 | トップページ | 新パナマ運河、6月末に運用開始か。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事