« 奉天会戦勝利から111年。(明治三十八年三月十日) | トップページ | 世間を騒がす「保育園落ちた日本死ね!!!」について考える。 »

もう5年?まだ5年?

 東日本大震災から今日で5年。あの日あの瞬間、どこで何をしていたかは、まだはっきり覚えている(自宅で遅めの昼食を摂るつもりで、冷凍チャーハンと粉末わかめスープを準備した直後だった)。しかし、21年前に発生した阪神・淡路大震災(平成7年1月17日)の時何をやっていたかは、もうはっきりと思い出せない(たぶん、まだ寝てた)。人間忘れてしまうものなのだ。

 今日の日経ビジネスオンラインで、防災危機管理ジャーナリストの渡辺実氏が、100均でそろえる防災グッズを紹介していた(「3.11を機に100均でそろえる非常用グッズ」)。
 「人はある日突然被災者になる」が口癖の渡辺氏がリストアップしたのは、以下のグッズ(ダイソーにて)。

・派手めの色のリュックサック(300円)
・傷テープ、伸縮ネットなど
・花粉用マスク(風邪予防に必須)
・除菌ウェットティッシュ(水不足などで重宝)
・大きめのタオル(200円。三角巾の代用にもなる)
・生理用品(圧迫止血用ガーゼとして)
・ノートとペン(情報を書き留めておくため。重要!)
・老眼鏡
・箸、スプーン、ホーク、紙コップ、紙皿など
・ラップ類
・輪ゴム、ダブルクリップ
・軍手、ナイフ
・LED懐中電灯、ミニランタン
・折りたたみ傘(200円)
・保温防水ポンチョ
・方位磁石(周囲の状況は一変してしまうため)
・レジ袋、ゴミ袋(トイレやおむつの代用など、用途は無限)
・単3電池

これだけそろえても、3000円ぐらい。
これに、電池式携帯ラジオがあれば十分だという。

その他に、猫トイレ用の猫砂をヒントに開発されたZioトイレ
詳しくは以下のサイトを参照されたし。
http://www.velzio.com/
・株式会社まちづくり研究所
http://www.machiken.co.jp/

|

« 奉天会戦勝利から111年。(明治三十八年三月十日) | トップページ | 世間を騒がす「保育園落ちた日本死ね!!!」について考える。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事