« 今日は「屋島の戦い」があった日(西暦1185年3月22日) | トップページ | 国産「空母型」フェリー完成。 »

虐待してる親の「同意」が無いから保護しないという不条理。

 また、どうにもやりきれないニュースが入ってきた。

 以下は、共同通信の配信記事から引用。
 

 相模原市児童相談所は22日、両親から虐待を受けて児相に通っていた中学2年の男子生徒=当時(14)=が2014年に自殺を図り、ことし2月に死亡したと発表した。男子生徒は児相に「児童養護施設に保護してほしい」と自ら訴えていたが、児相は面談で対応し保護していなかった。

 児相は同日の記者会見で「当時、適切に対応し、緊急性がないと判断した。対応に間違いはなかったが、自殺で亡くなったことを深刻に受け止めている」とし、検証する方針を示した。

 13年秋、当時小学6年だった男子生徒の顔にあざがあると小学校から連絡があり、児相は両親から暴力を受けた虐待事案として把握した。


 以上、引用終わり。
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/kyodo-2016032201001855/1.htm

 詳細はまだ不明な点が多いのだが、現時点で報道されている情報によれば、両親は再婚で自殺した中2男子は母親の連れ子だという(他に弟がおり、弟も母親の連れ子という)。この子が小学6年生だった頃から既に虐待騒ぎが発生し、児相も把握していた。虐待を避けるために、祖父母のもとに身を寄せていたという情報もある。
 児童相談所は、緊急時には親の同意なしでも職権で保護することもできるのだが、このケースではそれを行わなかった。親の同意なしで保護を行うと、以後親の協力が得られなくなる可能性があるという事情から、抑制的な対応になるらしいのだが、結果がこれでは言い訳にならない。しかし、ではどうすればよかったのかと問われると、事情を知らない部外者には答えるのが難しい。ただ、残念でならない

|

« 今日は「屋島の戦い」があった日(西暦1185年3月22日) | トップページ | 国産「空母型」フェリー完成。 »

ニュース」カテゴリの記事