« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

今年は男の子にも「赤」が人気?!GWにランドセル商戦勃発!

 早くも来年の新入生向けランドセル商戦が酣。GWに孫にランドセルを買ってあげたい祖父母と一緒に見繕ってもらおうという魂胆である。商魂たくましいのう!
 かっては男の子は「黒」で女の子は「赤」と相場が決まっていたが、近年ではピンクやグリーンなどカラフル!今年は大河ドラマ『真田丸』にあやかって、赤色に人気が出たりして。

|

埼玉に全国で初!越生町が「ハイキングのまち」宣言。

 梅林で世界的に有名な埼玉県越生町が、町おこしの一環で全国で初めて「ハイキングのまち」宣言を行った。

 以下は「宣言文
 

 越生町は、関東平野と外秩父山地の出会う所にあり、町の中央を流れる越辺川とその支流に
よって地形の変化に富み、豊かな自然に恵まれ、数多くの名勝地と歴史文化遺産があります。
 そのため、森林浴や川のせせらぎ、四季折々の花と景観、名所などを巡るハイキングコースが
たくさんあります。
 私たちは、このような素晴らしい町に住んでいることを誇りに思い、歩くことを通して健康な
心と体をつくります。また、町外から訪れる皆様を、町をあげておもてなしの心で歓迎し、賑わ
いのあるハイキングのまちづくりを推進していくため、ここに「ハイキングのまち」を宣言します。

 以上、越生町公式サイトこちら)より引用終わり。

 よし!ゴールデンウィークは越生町へ行くべし!!

|

北海道で吹雪。

 昨日は1日雨。今朝は雨は止んだが曇り気味で快晴とは言えない。風も強い。しかし、関東はまだいい。東北から北海道では強い風と雨で、北海道の一部では吹雪になっているところもあるという。また長野県の山岳部でも、一時雪になる可能性もある予報である。もうすぐ5月とは思えんな。

|

瞑目

 通信途絶状態に陥っていたX線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)について、JAXAは機能回復を断念し、運用を終了する決断を下した。残念な限りである。
 本格的な運用開始を目指した矢先、3月26日に異常が発生。通信不能となってしまった。機体が分解状態になったことが観測により判明。スペースデブリとの衝突も懸念されたが、どうやら内部から破壊された模様。姿勢制御用スラスタ(推進器)の制御パラメーターに不具合があり、異常回転で機体強度の弱い部分から分解してしまったらしい。

公式サイトhttp://astro-h.isas.jaxa.jp/

|

やはり雨。

 天気予報通り雨。気温も低い。体調管理に注意すべし

|

木曜日は、いつも雨。

 明日雨が降ると、四月は毎週木曜日に雨が降ったことになるらしい。
 春の天気は循環型で、3~4日で天気が変わる。それで毎週木曜が雨になるパターンになってるんだそうな

|

九州新幹線、今日午後にも全線復旧か。

 14日に発生した地震(平成28年熊本地震)により不通となっていた九州新幹線。その後、順次部分的に復旧していたが、早ければ本日14:00ごろに全線復旧できそうだという。
 当初、全線復旧は明日28日ごろと見込まれていたが、予想より復旧作業がはかどったため。09:00ごろから検査を行い、問題なしと判断されれば全線復旧のはこびとなる。重要な交通インフラの復旧は、喜ばしいニュースです。
 ただ、九州は雨模様でかなりの雨量が予想されているそうです。被災箇所の崩落や、地盤が緩んでる箇所が新たに崩壊する危険があります。私が言うまでもないことですが、十分な注意をお願いします。
 

|

オーストラリアのコリンズ級潜水艦更新計画は、フランス案に決定らしい。

 オーストラリアで旧式化したコリンズ級潜水艦6隻を、新型艦12隻に更新する計画で、フランスが提案した計画が採用されたという。
 同更新計画では、日本とフランスとドイツが、それぞれ提案を行っていた。

日本 「そうりゅう」型 スターリング機関搭載
ドイツ 「214」型 燃料電池搭載
フランス 「スコルぺヌ」型 MESMA搭載

 現在実用化されているAIP(Air-Independent Propulsion:非大気依存推進)が勢ぞろいしている。
 フランスのMESMA(水中自立エネルギーモジュール)は、クローズドサイクル蒸気タービンの一種で、液体酸素を気化させてエタノールと混合し燃焼させることで燃焼ガス(摂氏700度)を発生させ、それで高温蒸気(摂氏500度)を発生させ蒸気タービンで発電するシステム。
 ドイツの214型の輸出型で韓国が採用した「孫元一」型潜水艦は、トラブル続きと言う情報がある。
 オーストラリア海軍の潜水艦の主敵はシナ海軍の原潜だが、AIP潜水艦でシナ原潜をチェイスした実績があるのは日本の「そうりゅう」型だけである。オーストラリアがなぜ実績の無いフランス艦を選んだのか、理由は不明。
 

|

重文指定も間近?!「日本郵船・氷川丸」86歳の誕生日。

 横浜港のシンボルである日本郵船(株)の氷川丸(横浜市中区山下町山下公園地先所在)。昭和五年四月二十五日竣工の同船は、本日めでたく86回目の誕生日を迎えることとなった。
 同船について、今年3月11日に文化庁が出した文化審議会答申によって、重要文化財に指定される予定である(近日中に官報で告示されると思われる)。海上で保存される船舶が重文に指定されるのは初である。

<文化庁・文化審議会答申>
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/pdf/2016031101_besshi02.pdf

<日本郵船氷川丸ニュース>(2016年3月11日)
http://www.nyk.com/rekishi/info/news_hikawamaru.pdf

|

週半ばは天気が崩れるらしい。

 今週は水曜日を中心に雨になるという予報。熊本・大分に跨る連続地震の被災地域では、土砂崩れ等に対する警戒が必要です。
 震災の死者は現時点で48人。関連死者は11人。行方不明者が数名。天候不順とストレスで、感染症の蔓延なども警戒が必要です。
 同じ時期にマグニチュード7.8の地震に襲われた南米エクアドルでは、死者654人(!)。負傷者は1万数千人と桁違いの大災害になってるそうです。お悔やみ申し上げます。

|

ガンダム臭が、ハンパない。

 現在公開中の『名探偵コナン 純黒の悪夢』。何と20作目である。長く続くのが、良いことなのか悪いことなのか・・・
 話はまあ面白かった。久々のB'zのエンディングもよかったが・・・キャスティングがガンダム関係者だらけ!池田秀一さん(シャア・アズナブル)、古谷徹さん(アムロ・レイ)、飛田展男さん(カミーユ・ビダン)、小山茉美さん(キシリア・ザビ)、井上喜久子さん(アイナ・サハリン)など。ついでに、マリュー・ラミアス少佐(三石琴乃さん)もいる。どうしてこうなった?
 ガンダムは「ファースト」が放映されてから今年で37年。その間様々な作品が世に出た。作品に関わった声優さんは多数に上る。従って、名の通った声優さんを多数キャスティングすれば、過去にガンダムに関わった声優さんが何人か集まるのは大いにあり得る話である。ただ、今回重要な役どころが、アムロとシャアだからね。

|

おけら何故鳴く

おけら 何故鳴く
あんよが寒い
足袋が欲しいと
鳴くんだよ

 庭先から「じーーー」とも「びーーーー」ともつかぬ不思議な音が聞こえる。
 ケラ(螻蛄)が鳴いているのだ。
 もう、地中は初夏なのだな。

|

国産ステルス実証機X-2、初飛行。

160422no5747jpnhp
 国産ステルス実証機X-2が、22日08:50ごろ県営名古屋空港を離陸、同09:10ごろ航空自衛隊岐阜基地に無事着陸した。初飛行成功である!

PressInfomation 
「X-2(先進技術実証機)初飛行を実施 三菱重工」
https://www.mhi.co.jp/news/story/1604225747.html

(※上記画像は、三菱重工プレスインフォメーションより転載させていただきました)

|

軍縮が世界大戦の遠因となる皮肉。『ロンドン海軍軍縮会議締結』(昭和五年四月二十二日)

 今から86年前の今日、英国ロンドンにて、英・米・日・仏・伊五か国によって『ロンドン海軍軍縮会議』が締結された(仏・伊は部分参加)。主力艦(戦艦・空母)の保有について定めた『ワシントン海軍軍縮会議』(大正十一年二月六日締結)に次いで、巡洋艦以下の補助艦艇について定めたもの。
 会議のあらましはウィキペディアで、詳細は専門書で調べるとして、押さえておきたい点が一つある。それは、「軍縮会議は敵対する国同士で行うものである」ということ。同盟国同士であれば、互いに防衛努力(軍備増強)を促し合うものである。軍縮は敵国とやるものである。英・米・日・仏・伊の五か国は、本来第1次大戦では同盟国として戦ったはずである。それが、第1次大戦終結直後に「ワシントン会議」を行って軍縮を議題としたことは、すでに戦勝国同士で対立関係が生じていたことを意味する。これは重大だ。ドイツの復活と再軍備の可能性や、「世界に革命を輸出する」と嘯く共産主義国・ソ連の動向を警戒するべき同盟国同士で、なんと仲たがいを始めてしまったのである。
 それでも、「ワシントン会議」は過熱する主力艦の建艦競争に一定の枠をはめることで、国家財政の破綻を防ぐ効果はあったかもしれない。しかし、続く「ロンドン会議」で補助艦まで制限したのはまずかった。造船は裾野が広い産業である。鉄鋼・造機・電気機械など、様々な分野の企業が関わっている。補助艦艇まで制限され本格的な「海軍休日」になれば、新造艦艇の建造は激減する。それは造船不況につながりかねない。実際、「ロンドン会議」が世界中の造船関連株に影響を与え、それが前年(昭和四年十月)から始まった「ウォール街株暴落」に端を発する世界恐慌に拍車をかけたという説もあるぐらいである。(日本が「ロンドン会議」に参加を表明した段階で、既に株価下落の兆候が出ていたともいわれている。)
 世界恐慌がその後の第2次大戦につながっていくことを考えると、軍縮が戦争の遠因になったともいえる。「軍縮=平和」とは、単純にはいかないのである。皮肉と言うには苦すぎる話だ。

300pxjapanese_cruiser_nachi_1929
(所謂条約型重巡洋艦「妙高」型2番艦、「那智」の竣工直後の姿。画像はウィキペディアの記事から転載させていただきました)


|

この忙しい時に!「シナ早期警戒機が沖縄近海飛行、空自スクランブル」

 熊本・大分に跨る連続地震で政府・地元自治体・警察・消防・自衛隊等が対応に追われる中、シナの早期警戒機が沖縄本島と宮古島間の公海上を往復飛行し、空自機が警戒のためスクランブルする騒ぎがあった。
 以下は、産経ニュースから引用。
 

 防衛省統合幕僚監部は20日、中国軍のY8早期警戒機1機が同日午前から午後にかけ、沖縄本島と宮古島の間の公海上空を往復飛行したのを確認し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。中国機による領空侵犯はなかった。

 防衛省によると、中国機は東シナ海から太平洋に抜け、その後反転し、東シナ海方向に飛行したという。


 以上、引用終わり。
http://www.sankei.com/politics/news/160420/plt1604200042-n1.html

 災害対応に追われる我が国の防衛体制に変化(隙)がないか、調べるのが目的だろう。余計な仕事を増やしやがって!

 Y-8は、もともとソ連の輸送機アントノフAn-12のデットコピーで、輸送機タイプの原型機から、対潜哨戒機や早期警戒機など様々な派生機が開発されている。原型機は4発ターボプロップで全長34.02m、全幅38.0m、最高速度時速660㌔。早期警戒タイプとしては空警200(KJ-200)という機体があって、これはY-8の機体に平均台のような形状のAESA(アクティブ電子走査アレイ:Active Electoronically steered Array)を胴体上部に搭載しているのが特徴。スウェーデンのエリクソン製PS890早期警戒レーダーに酷似している。
 しかし、防衛省統合幕僚監部のプレスリリース(こちら)に添付された空自撮影の機体写真(機体番号9301)にはAESAは確認できない。背中にはこぶ状の突起があり、衛星通信用フェアリングと推測される。特徴的なのは機首の下部が妙に膨らんでいること。これは、機首に洋上監視用レーダーを搭載した、Y-8J MASKY-8Xではないかと思われる。

|

ヘリコプター護衛艦「いずも」、熊本救援に出動!

183_04l_izumo

 海上自衛隊のヘリコプター護衛艦「いずも」(DDH-183)は19日、熊本及び大分県で頻発する震災に対する災害派遣のため、陸上自衛隊・北部方面隊(北海道・札幌)の隊員160名(第1特科高射群基幹)及び車両40両を乗せ、小樽港から出動した。一両日中に、現地に到着する予定。北部方面隊全体からは、約4100人が災害派遣に動員される予定(更に増員される可能性もある)。
 「いずも」は海上自衛隊の護衛艦としては最大の大きさを誇る。全通甲板式の飛行甲板を有し、複数のヘリを同時運用できる能力と優れた指揮通信能力を備え、艦内には設備の整った手術室・集中治療室(ICU)・ベット(35床)があり、災害救助活動の指揮や病院船としての機能を持つ。今回初の災害派遣任務である。被災地の救助を頼むぞ!

(※上記画像は、洋上を行く護衛艦「いずも」の雄姿。海上自衛隊ホームページのギャラリーから、転載させていただきました)

|

オレンジフレーバーのコカ・コーラ

 昨日、偶々自販機で「オレンジフレーバーのコカ・コーラ」という商品を見かけた。新しいドリンク類を見かけたら試し飲みする主義なので、早速飲んでみた。コーラとファンタオレンジを混ぜたような味かと想像していたのだが、意外にすっきりした飲み心地で美味かった。160円はやや高額に思えたが、ドン・キホーテで安売りしてたら買ってみようと思う。

|

給油の列、そこのけそこのけ、関テレ割り込む。

 17日、熊本県・菊陽町付近のガソリンスタンドで、早朝から給油のために並んでいた車の列に、地震取材中の関西テレビの中継車が割り込んだという。関西テレビは事実を認め、公式サイトで謝罪してるそうです。呆れてものが言えません。

 「お詫びとお知らせ」関西テレビhttp://www.ktv.jp/info/160418.html

 大災害の発生時、マスコミの存在が救助活動を阻害することがしばしば発生し、問題となってきました。今度の地震でも、「取材ヘリの騒音で、大事な緊急放送が聞き取りにくい」とか、「カメラクルーが邪魔で、車両が通れない」などの声が出ているそうです。大災害の現状を報道するのは極めて重要ですが、何らかのルールが必要だと思います。素人考えで恐縮ですが、「現地取材は、NHK、在京キー局1~2社、地元U局の代表取材チームのみとし、少数精鋭のスタッフのみを現地へ送る。スタッフが必要とする食糧・水・予備燃料等は、自前で用意する。取材ヘリは、原則出さない。空撮はドローンで行う」といったルールが必要かと思います。

 熊本・大分での地震の犠牲者は、現時点で44人。南阿蘇町では行方不明者がまだ8人いて、安否が気遣われます。避難者の中からは、エコノミークラス症候群で重体患者が出るなど、二次被害広がる悪い兆候も出ています。
 現地への物資輸送で、米軍のオスプレイが出動するなど空輸での物資搬送が進められているものの、地上の道路網が寸断され、空輸された物資を被災者へ細かく送りだすことができない。なんとも、もどかしい状況です。
 一方、南米エクアドルの大地震は死者350人を超えた由。余震も200回以上ということで、そちらも大変な状態です。一刻も早い救援を!

|

試験問題チェックの委託募集。

 先日、日本FP協会から「試験問題チェックの委託募集」というメールが届いた。試験内容を「吟味」する仕事だという。募集要項をチェックし、熟慮の末、応募してみることにした。1次審査(書類審査)、2次審査(筆記試験、面接)があるという。ぶっちゃけ、書類審査を突破すること自体至難に思えるが、何事も経験だ

|

今日は何の日?「海軍甲事件」昭和十八年四月十八日

 今から73年前の今日、「海軍甲事件」発生。聯合艦隊(GF)司令長官・山本五十六海軍大将が、前線視察中に待ち伏せしていた米陸軍機に撃墜された事件である。
 山本GF長官は、当日ラバウル基地から海軍の一式陸上攻撃機で前線視察へ出発。幕僚団は2機の一式陸攻に分乗(1号機に山本GF長官、2号機には宇垣纏海軍中将)し、護衛の零式艦上戦闘機6機(出発時は9機だったが、途中3機は引き返したという説あり)を伴っていた。
 一方、暗号傍受でGF長官視察を知った米軍は、P-38戦闘機18機で待ち伏せし、ブーゲンビル島上空で襲撃し、これを撃墜した。

 山本五十六という人物に関しては、現在その評価が割れている。今書くと悪口になりそうなので、コメントは控えます。

(熊本地震は、犠牲者が42人となってしまいました。ご冥福お祈りします。同時に、これ以上犠牲者が増えないことを切に願います。特に、避難中の方々が疲労やストレスで過労死などしないように願います。一方、南米エクアドルの地震は、犠牲者が200人以上に膨れ上がっており、なお増加しそうだということです。謹んで、哀悼の意を表します)

|

南米エクアドルでも地震。

 熊本で発生した地震は、既に震度1以上の体感地震が400回を超えるなど、被害の拡大と長期化が懸念される状況です。即応予備自衛官(諸外国の軍隊の予備役に相当)の召集や、米軍の救援部隊受け入れなどの動きも出ています。
 一方、南米のエクアドルでもマグニチュード7.8の大地震が発生し、死者77人(現時点で)というニュースが入っています。隣国のペルーやコロンビアでも強い振動を感じたという情報が入っていますが、そちらの状況は不明です。地球、どうなってるんだろう。

|

今日は「セウォル号沈没」から2年なのだが、群発地震でそれどころではない。

 一連の地震で、現在死者は37名。震源域は大分方面まで拡大し、震度5弱以上の地震が14回も発生している。由々しき事態である。なんと、あのテレビ東京が、『孤独のグルメ』の再放送を中止して特番を流すほどである!それほどの非常事態なのだ(テレ東が特報流すのは、地球が滅亡する時ぐらいと言われていた)。
 現地では悪天候がこれから予想される。これ以上犠牲が増えないことを切に願う。また、出動中の自衛隊や警察、消防、役場の職員など、くれぐれも二次災害に巻き込まれないように。

|

日本公認家計士協会・埼玉会

 テレ玉テレビ埼玉)のニュース番組「ニュース930」(月~金21:30)によれば、本日日本公認会計士協会の埼玉会の発足記念パーティーが開かれたそうである。上田知事も参列したそうだ。
 埼玉会は、それまで東京会の傘下にあったが、そこから独立し、15番目の地方会となった。参加する構成会員は約830人とのこと。

日本公認会計士協会・埼玉会 http://www.jicpa-saitama.jp/

|

おかえりなさい。

Main_5003_shirase

 昨日午前、砕氷艦「しらせ」(AGB-5003)が、南極から無事帰還しました。

 以下は時事通信の記事から引用。
 

 南極観測隊を支援するために昨年11月に海上自衛隊の横須賀基地(神奈川県横須賀市)から出港した海上自衛隊の砕氷艦「しらせ」(1万2650トン、大鋸寿宣艦長)が14日午前、南極での活動を終えて東京・晴海埠頭(ふとう)に帰港した。今回の派遣では、女性自衛官9人が乗組員として初めて乗船した。 
 
 〔写真特集〕世界の砕氷艦船

 しらせは1月上旬、3年連続で昭和基地沖の定着氷への接岸に成功し、食料や燃料など約1037トンを同基地へ運んだ。3月にはモーソン基地沖で座礁したオーストラリアの砕氷船「オーロラ・オーストラリス」の観測隊員ら約70人を救助した。(2016/04/14-11:55)


 以上、引用終わり。http://www.jiji.com/jc/article?k=2016041400051&g=soc

 「しらせ」の無事な帰還を、お祝いします

 本当は、このニュースをもっと早くブログにアップする予定だったのですが、昨夜発生した「平成28年 熊本地震」の余波で、1日遅れになってしまいました。
 地震のほうは、まだ余震が続いており、現在も進行中です。悪いことに、現地はこれから天候が悪くなるとのこと。一刻も早く被災者の皆さんを屋内に収容できるように、関係各位が最大限の努力を続けておられます。くれぐれも、二次災害に巻き込まれないよう、十分注意しつつ、任務を全うされますように。
(※上記の画像は「しらせ」。海上自衛隊のHPから、転載させていただきました)

|

テレビ東京伝説、健在。

 昨日発生した熊本県を震源とする大地震。最大震度は7(熊本県・益城町)。このブログを書いてる時点で、確認された死者9人。けが人は950人以上。熊本城の石垣が数か所で崩れたほか、天守閣の屋根瓦も被害を受けるなど、被害の大きさが明らかになってきました。
 震度6クラスの強い余震も発生しており、現在倒壊していない家屋も余震で崩れる危険があり、復旧作業どころか貴重品を持ち出すのも難しい状況です。既に自衛隊は1600人体制で災害救助に出動(※熊本県は、鹿児島県や北海道と並ぶ自衛隊の一大人的資源供給地)したほか、地元の警察や消防、役場職員、病院関係者等、昨夜から不眠不休で救命救助に当たっておられます。現場で作業に当たられる皆様の献身に感謝するとともに、二次災害等に巻き込まれたり、過労で倒れることが無いよう願います。
 それにしても、大規模な火災が発生しなかったことが、不幸中の幸いでした。一刻も早く、被災者に手厚い救恤が図られることを願います。また、不幸にして犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。

 地震発生当時、在京テレビ局では丁度、バラエティ番組の2時間スペシャルや、刑事ドラマの初回2時間スペシャルをやっている最中でしたが、字幕のニュース速報で大地震発生の一報を伝えた後、NHKとTBSはすぐ報道特別番組へ移行。刑事ドラマを流していたテレビ朝日は、もう少しで犯人に迫るという大事なところでニュースに切り替え。かなり粘っていた日テレの「秘密のケンミンショー&ダウンタウンDX祭」もニュースに切り替わる中、テレビ東京だけは字幕で速報を流しつつも番組放送を続行。そのまま、22時からのレギュラー番組『カンブリア宮殿』を放送するなど、他局との違いを見せた。ちなみに、『カンブリア宮殿』はスポーツ教室を運営する会社の特集でしたが、大変興味深い内容でした。CMの合間に、他局の地震報道もチェックしたのですが、現地レポートとスタジオの怒号が交錯するなど混乱ぶりがひどい印象でした。結局テレ東は、23時からのWBS(ワールドビジネスサテライト)でまとめて地震関連のニュースを流すことになったのですが、発生から時間が経過した分、比較的落ち着いた内容であったと思います。慌てて報道特番へ切り替えても、混乱した情報を流すよりは、テレ東の対応のほうがいいのかもと思いました。速報は組織力に勝るNHKに頑張ってもらうということで。
 (地方局のテレ玉も、通常放送のまま。MXは視聴できないためチェックできませんでした。)

|

大悲報!大平透さん死去。

 大声優・大平透さんが、12日お亡くなりになったそうです。享年86歳でした。
 『いなかっぺ大将』の大柿先生、『科学忍者隊ガッチャマン』シリーズの南部博士、『ポールのミラクル大作戦』のベルトサタン、『とんでも戦士ムテキング』のタコキチ、『未来警察ウラシマン』の権藤警部と、タツノコプロの作品に無くてはならない方でした。謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。

|

今日は何の日?「タイタニック号沈没!」(明治四十五年四月十四日)

 タイタニック号沈没、あまりに有名な事故であるし、映画にもなっているので説明も不要かと思います。今から104年前、明治四十五年(西暦では1912年。※同年七月三十日、明治大帝崩御にともない大正元年)の4月14日深夜に発生した一大海難事故で、犠牲者は1513人(※諸説あり)。(詳しくはウィキペディアで)

 さて、別の話題。以前、海上自衛隊の護衛艦に女性艦長が就任した話題を記事にしましたが(記事こちら)、今日は海上保安庁の女性巡視船船長の話。

以下は、朝日デジタルの記事『銚子海保初の女性船長 巡視船「つくば」大町さん』から引用。
 

 銚子海上保安部の巡視船「つくば」(197トン、乗組員16人)の船長に6日、前海上保安学校教官の大町幸(ゆき)さん(34)が着任した。海上保安庁の巡視船では2人目、銚子海保では初の女性船長となる。

 1日付で発令された。北海道岩見沢市出身。体を動かすことに加え、乗り物が好きで、「大きな船に乗って、警察や消防のように体を動かし人の役に立てる仕事」と、海上保安官を目指したという。

 海上保安大学校(広島県呉市)を出て、新潟や横浜の巡視船艇に主任航海士として乗務。29歳で水島海保(岡山県)の巡視艇船長に就任、2年間務めた。より大型の船を指揮する立場になり、「乗組員が働きやすい職場を作るのが私の仕事。船が大きくなった分、コミュニケーションも大変かと思うが、自分らしさを出し、風通しの良い職場にしたい」と抱負を語る。


以上、引用終わり。
 巡視船「つくば」(PS13)は、「びざん」(らんざん)型巡視船(180トン型PS)で、総トン数197トン、全長46メートル、最大速度35ノットで、20ミリバルカン砲(JM61-RFS)1基装備の高速小型巡視船です。

 海保で活躍中の女性保安官は他にもいます。

 以下は、毎日新聞の記事『巡視艇「えぞかぜ」に女性船長 第1管区で初』より引用。
 

 苫小牧海上保安署(北海道苫小牧市)の巡視艇「えぞかぜ」(26トン、5人乗り組み)に、第1管区海上保安本部(小樽市)では初の女性船長として石川知保さん(40)が就任し、13日に苫小牧港で出港式に臨んだ。

 1日に着任した石川さんは、礼文町の出身。大学を卒業後、制服に憧れて1998年10月、海上保安学校(京都府舞鶴市)に入校した。翌年の卒業後、釧路海上保安部を皮切りに小樽、室蘭、釧路と道内の海上保安部で勤務し、2011年には海上保安庁初の女性鑑識官に任命された。

 石川さんは「船長に必要なのは、物事を見極める力。職員間の信頼を高めて重責を果たし、国際拠点港・苫小牧の安全を守りたい」と抱負を語った。

 海上保安庁の女性船長は、1日時点で石川さんを含め全国で2人しかいない。【福島英博】


以上、引用終わり。
 巡視艇「えぞかぜ」(CL-167)は、「すずかぜ」(ひめぎく)型巡視艇(20メートル型CL)の1隻。同型艇は161隻もある。
 海保では他にも、平成25年に第11管区・中城海上保安部所属の巡視艇「おきぐも」(PC114)に女性の巡視艇艇長が就任している。海保初の女性巡視船船長が就任したのは昭和63年。航空機の機長は平成12年。海上保安署長(第3管区・木更津保安署)就任は平成27年。かなり女性の進出が進んでいるといえるのではないでしょうか。

Cl167_ezokaze
(疾走する巡視艇「えぞかぜ」。画像は、第1管区海上保安本部のHPより、転載させていただきました)


|

明日の朝は、土砂降りか?

 どうも天候不順なのだろうか?明日の朝はかなり強い雨になりそうだ。でも、気温は高いらしい。冷たい雨よりはましか

|

護衛艦「ありあけ」「せとぎり」、ヴェトナムのカムラン湾へ初寄港!

 12日、練習航海中の海上自衛隊護衛艦「ありあけ」(DD-109)と「せとぎり」(DD-156)の2隻が、ヴェトナム海軍の拠点であるカムラン湾へ海自艦として初めて寄港した。
 カムラン湾は冷戦時代、ソヴィエト海軍が寄港地としていた。現在は、パラセル諸島とスプラトリー諸島を睨む戦略上の要衝であり、外国船舶の寄港は規制されている。「ありあけ」と「せとぎり」は、3日練習潜水艦「おやしお」と共にフィリピン・スービック湾に寄港した後、カムラン湾へ寄港した。現地でヴェトナム海軍と合同訓練の予定。

 一方、インドネシアのスマトラ島中部パタン沖では、ASEAN諸国及び米国、日本、シナなど32か国が参加する合同訓練が行われている。日本からはヘリコプター護衛艦「いせ」(DDH-182)が参加。災害救助と人道支援を目的とする訓練が、16日まで行われる予定。


|

サルも木から落ちる。

 今朝の5:50過ぎ、フジテレビの『めざましテレビ』の名物コーナー「めざましじゃんけん」第1回目の直前だったが、軽部真一アナウンサーが「亡くなった高倉健さん」と言うべきところ、間違えて「亡くなった渡辺謙さん」と痛恨の言い間違え!直前に渡辺謙さん主演の映画『追憶の森』(4月29日公開予定)の話題を伝えた後で、高倉健さんの追悼映画か何か(タイトル失念)の話題に移ったところで、失言したらしい。名前が同じ「ケン」だったのが、ミスの原因と思われる。
 しろーと同然の新人アナならともかく、大ベテランの軽部アナが間違えるとは。猿も木から落ちると言うか、河童の川流れと言うか。ベテランでもこういうことがあるから、気をつけないといかんな!その後、チャンネル変えてしまったので、訂正とお詫びがあったかどうかは不明。ひょっとすると、寝ぼけていたオレの聞き間違いだったかもしれないのだが…

|

寒の戻り。

 昨日と打って変わって今日は寒い。上空にかなり強い寒気が入ってきたせいで、この時間青森など北日本では雪が降ってるところもある。今日は一日中、北日本から北陸は雪や冷たい雨。関東地方も、昨日より10℃ぐらい気温が下がるという。寒いのは苦手だ。

|

今日は「ヨットの日」だそうです。

 4月10日で4=ヨ、10=トで「ヨット」のごろ合わせ。ボートや船外機も手掛けるヤマハ発動機YAMAHA)によって制定されたそうだが、余り普及してないようだ。ひょっとすると、ヤマハ自体忘れてるのかもしれない。

|

潜水艦「はくりゅう」、初の豪州訪問へ。

 報道によると、海上自衛隊の潜水艦「はくりゅう」(SS-503、そうりゅう型3番艦)は、護衛艦2隻と共に今月15日にオーストラリアのシドニーに寄港するという。海上自衛隊の潜水艦がオーストラリアを訪問するのは初めてだという。現地で日豪合同訓練を行う予定。

 シドニーと言えば、昭和十七年五月三十日に行われた「シドニー湾攻撃」が想起される。
 湾内に潜入した特殊潜航艇・甲標的3隻による攻撃で、豪州海軍・宿泊鑑「クッタブル」が沈没し、19名が死亡した。一方、3隻の甲標的は生還できず、撃沈されたり自沈した。乗組員は豪州海軍の手で海軍葬に付され、遺骨は中立国経由で日本へ帰ったという歴史がある。

Kohyoteki_sydney
(シドニー湾で引き揚げられた甲標的。画像は、ウィキペディアの記事から転載させていただきました)


|

空自機行方不明の続報

 今朝から再開された捜索の結果、残る行方不明者2名を発見、二人とも心肺停止の状態。また、不明機のものらしい残骸も発見されたという。
 残念ながら、最悪の結末となってしまったようです。

|

「慟哭。」昭和二十年四月七日

 71年前の今日、沖縄救援のため出撃した戦艦大和を中核とする第一遊撃隊(指揮官:伊藤整一海軍中将)が、九州坊の岬沖で米海軍の艦上機300機以上に攻撃され、大和以下軽巡1隻と駆逐艦4隻を失った。(坊の岬沖海戦
 大本営は、3月20日に沖縄方面に来寇する連合軍を撃滅すべく「天一号作戦」を発令。これを受け、聯合艦隊司令部は3月26日に作戦を隷下部隊に下達、九州鹿屋に展開する第五航空艦隊(陸上航空部隊。指揮官:宇垣纏海軍中将)からは、多数の特攻隊が出撃。一方、徳山沖(山口県)に集結していた第二艦隊から、第一遊撃隊が4月6日に抜錨、一路沖縄へ向け出撃した。出撃したのは、戦艦大和(旗艦)、軽巡洋艦矢矧、駆逐艦冬月凉月磯風浜風雪風朝霜初霜の10隻。
 翌7日の12:32ごろから、米艦上機による攻撃隊第1波による空襲が開始され、第2、第3波と続いた。空襲開始からわずか2時間、14:23ごろ大和轟沈!他に軽巡矢矧、駆逐艦磯風・浜風・朝霜・霞も失われた。戦死者は合計3700名という。合掌。

 (昨日、海上自衛隊鹿屋航空基地から離陸後消息を絶った空自U-125機(043号機らしい)は、今朝から再開された捜索の結果、機体の破片と乗組員6名中4名が心肺停止状態で発見されるという、残念な報告がなされた。残る2名はまだ不明。悲しいことです)

|

花散らし、恨みの雨となりにけり。

 朝からけっこう降ってるね、雨。近所の桜はすでに満開を過ぎて、昨日から散り始めていたのだが、この雨でそれが加速されそうだ。天気予報では風も強まるといっている。昨日が桜の見納めであったか。
 雨は関東だけでなく、日本の各地で降っている。昨日航空自衛隊機が消息を絶った、鹿児島県鹿屋市付近でも雨模様。雨の中、陸海空の自衛官500名と、鹿児島県警から応援の60名が、今朝から救難活動に当たっているが、雨と霧に視界を阻まれて捜索は難航しているという。一刻も早い救助を祈る。

|

航空自衛隊U-125機が、消息を絶つ。

Img01_2u125
 本日、海上自衛隊・鹿屋航空基地(鹿児島県・鹿屋市。第1航空群)を飛び立った、航空自衛隊・入間基地所属の飛行点検機U-125が、14:35ごろ同基地北方10キロの高隈山(標高1236m、鹿屋市と垂水市に跨る)付近で消息を絶った模様。
 同機は6人乗り込みで、機長は40代の三等空佐であるという。飛行機の安全運用に関わる「航空保安無線施設」を、空中から点検する飛行点検隊(入間基地)の所属。乗員の安否が気遣われます。
(※上記の画像は、航空自衛隊のHPより、転載させていただきました)


|

シナ公船、9回目の領海侵犯。危うきこと、累卵の如し!

 沖縄県那覇の第11管区海上保安本部によれば、シナ海警局所属と見られる海警「2101」「2307」「31241」の3隻が、沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺の我が国領海を侵犯したという。
 3隻は10:10~20頃に魚釣島北北西より領海に侵入し、11:50~12:00頃領海外へ退去した。前回、3月27日に領海侵犯した海警「2102」「2401」「31239」(旧・フリーゲート安慶)とは顔ぶれが異なる。
 「2102」は1000トン級の元・漁政船、「2307」は3000トン級の新造船、「31241」は旧・江衛型フリーゲート「淮北」(HuaiBei)で武装船である(37ミリ連装機関砲4基8門装備)。
 シナは領海侵犯を常態化することで、尖閣諸島の実効支配を強めるハラである。これ以上の暴挙は許されない!一刻も早く、尖閣諸島への守備隊常駐化を進めるべきである。まず、陸上自衛隊・西部普通科連隊から1個分隊程度の部隊による「動哨」を実施する。この段階では野戦用の簡易テントなどの持ち込み程度で、まだ永久陣地などは構築しない。西普連だけでなく、海自の「陸戦隊」や海保のSST、沖縄県警のSATなどにも、警備のローテーションに加わってもらう。その間、守備隊本拠地となる沖縄県石垣島に駐屯地の建設を行い、陸自部隊を展開させる。その上で、魚釣島に恒久施設を建築し、守備隊常駐化を達成する必要がある。
 シナは東シナ海だけではなく、南シナ海のスプラトリー諸島(Spratly Islands)のスービ礁(Subi Reef)に灯台を建築して、その運用を開始するなど実効支配の強化に努めている。力による国境線の変更を、許してはならない!

|

いや~、寒い寒い!

関東地方は朝は雨。日中も曇り空で気温が低い。典型的な花冷えである。朝の雨が、花散らしの雨にならなかったのは幸いであった。明日は晴れるかな?

|

訃報:漫画家、望月三起也先生死去。

 雨の月曜日、朝刊を開いて驚いた。漫画家の望月三起也先生が、3日にお亡くなりになったという。享年77歳、死因は肺腺癌だという。
 望月先生と言えば、スパイアクションの『秘密探偵JA』、第二次大戦中の日系人二世部隊(第442連隊戦闘団)の戦いを描いた『最前線』など数々あるが、一番有名なのはやはり『ワイルド7』だろう。バイクと銃という、男の子が大好きなアイテムを駆使する姿に痺れました。ご冥福をお祈りいたします。

|

練習潜水艦「おやしお」、スービックに寄港。

 3日、海上自衛隊の練習潜水艦「おやしお」(TSS-3608、おやしお型1番艦)が、フィリピンのスービック港に寄港した。護衛艦「ありあけ」(DD-109、むらさめ型9番艦)と「せとぎり」(DD-156、あさぎり型6番艦)も同行している。海自の潜水艦がフィリピンに寄港するのは15年ぶり。6日までとどまり、交流に努める。護衛艦2隻は、その後ベトナム・カムラン湾へ向かう予定。
 「おやしお」は平成10年就役。基準排水量2750トン、満載排水量4000トン、全長82.0m、水中速力20ノットの優秀鑑。

|

キューバ危機の再演。

 米海軍は、今月上旬にもスプラトリー諸島のミスチーフ礁でFONオペレーションを行うらしい。単純に埋め立て島の前を横切るだけでお茶を濁すのか、海上封鎖まで行くのか。オバマにケネディの半分の胆力があれば…

|

劇場版『ゴジラ対エヴァンゲリオン』…ってエイプリルフールか!

 東宝が今夏公開予定の『シン・ゴジラ』の宣伝を兼ねたエイプリルフールネタだった。ただ、劇場版製作は(現時点では)嘘だが、コラボグッズは販売するらしい。(公式サイト
 しかし、もし本当に映画つくるとしたらどうなるのだろうか?アニメで行くのか、特撮で行くのか?『恐竜探検隊ボーンフリー』(昭和51年、©円谷プロ)みたいにアニメと特撮の融合を目指すのか?あれこれ想像(妄想)するのは面白い。

|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »