« 重文指定も間近?!「日本郵船・氷川丸」86歳の誕生日。 | トップページ | 九州新幹線、今日午後にも全線復旧か。 »

オーストラリアのコリンズ級潜水艦更新計画は、フランス案に決定らしい。

 オーストラリアで旧式化したコリンズ級潜水艦6隻を、新型艦12隻に更新する計画で、フランスが提案した計画が採用されたという。
 同更新計画では、日本とフランスとドイツが、それぞれ提案を行っていた。

日本 「そうりゅう」型 スターリング機関搭載
ドイツ 「214」型 燃料電池搭載
フランス 「スコルぺヌ」型 MESMA搭載

 現在実用化されているAIP(Air-Independent Propulsion:非大気依存推進)が勢ぞろいしている。
 フランスのMESMA(水中自立エネルギーモジュール)は、クローズドサイクル蒸気タービンの一種で、液体酸素を気化させてエタノールと混合し燃焼させることで燃焼ガス(摂氏700度)を発生させ、それで高温蒸気(摂氏500度)を発生させ蒸気タービンで発電するシステム。
 ドイツの214型の輸出型で韓国が採用した「孫元一」型潜水艦は、トラブル続きと言う情報がある。
 オーストラリア海軍の潜水艦の主敵はシナ海軍の原潜だが、AIP潜水艦でシナ原潜をチェイスした実績があるのは日本の「そうりゅう」型だけである。オーストラリアがなぜ実績の無いフランス艦を選んだのか、理由は不明。
 

|

« 重文指定も間近?!「日本郵船・氷川丸」86歳の誕生日。 | トップページ | 九州新幹線、今日午後にも全線復旧か。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事