« 航空自衛隊U-125機が、消息を絶つ。 | トップページ | 「慟哭。」昭和二十年四月七日 »

花散らし、恨みの雨となりにけり。

 朝からけっこう降ってるね、雨。近所の桜はすでに満開を過ぎて、昨日から散り始めていたのだが、この雨でそれが加速されそうだ。天気予報では風も強まるといっている。昨日が桜の見納めであったか。
 雨は関東だけでなく、日本の各地で降っている。昨日航空自衛隊機が消息を絶った、鹿児島県鹿屋市付近でも雨模様。雨の中、陸海空の自衛官500名と、鹿児島県警から応援の60名が、今朝から救難活動に当たっているが、雨と霧に視界を阻まれて捜索は難航しているという。一刻も早い救助を祈る。

|

« 航空自衛隊U-125機が、消息を絶つ。 | トップページ | 「慟哭。」昭和二十年四月七日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事