« シナ公船、9回目の領海侵犯。危うきこと、累卵の如し! | トップページ | 花散らし、恨みの雨となりにけり。 »

航空自衛隊U-125機が、消息を絶つ。

Img01_2u125
 本日、海上自衛隊・鹿屋航空基地(鹿児島県・鹿屋市。第1航空群)を飛び立った、航空自衛隊・入間基地所属の飛行点検機U-125が、14:35ごろ同基地北方10キロの高隈山(標高1236m、鹿屋市と垂水市に跨る)付近で消息を絶った模様。
 同機は6人乗り込みで、機長は40代の三等空佐であるという。飛行機の安全運用に関わる「航空保安無線施設」を、空中から点検する飛行点検隊(入間基地)の所属。乗員の安否が気遣われます。
(※上記の画像は、航空自衛隊のHPより、転載させていただきました)


|

« シナ公船、9回目の領海侵犯。危うきこと、累卵の如し! | トップページ | 花散らし、恨みの雨となりにけり。 »

ニュース」カテゴリの記事