« 試験問題チェックの委託募集。 | トップページ | オレンジフレーバーのコカ・コーラ »

給油の列、そこのけそこのけ、関テレ割り込む。

 17日、熊本県・菊陽町付近のガソリンスタンドで、早朝から給油のために並んでいた車の列に、地震取材中の関西テレビの中継車が割り込んだという。関西テレビは事実を認め、公式サイトで謝罪してるそうです。呆れてものが言えません。

 「お詫びとお知らせ」関西テレビhttp://www.ktv.jp/info/160418.html

 大災害の発生時、マスコミの存在が救助活動を阻害することがしばしば発生し、問題となってきました。今度の地震でも、「取材ヘリの騒音で、大事な緊急放送が聞き取りにくい」とか、「カメラクルーが邪魔で、車両が通れない」などの声が出ているそうです。大災害の現状を報道するのは極めて重要ですが、何らかのルールが必要だと思います。素人考えで恐縮ですが、「現地取材は、NHK、在京キー局1~2社、地元U局の代表取材チームのみとし、少数精鋭のスタッフのみを現地へ送る。スタッフが必要とする食糧・水・予備燃料等は、自前で用意する。取材ヘリは、原則出さない。空撮はドローンで行う」といったルールが必要かと思います。

 熊本・大分での地震の犠牲者は、現時点で44人。南阿蘇町では行方不明者がまだ8人いて、安否が気遣われます。避難者の中からは、エコノミークラス症候群で重体患者が出るなど、二次被害広がる悪い兆候も出ています。
 現地への物資輸送で、米軍のオスプレイが出動するなど空輸での物資搬送が進められているものの、地上の道路網が寸断され、空輸された物資を被災者へ細かく送りだすことができない。なんとも、もどかしい状況です。
 一方、南米エクアドルの大地震は死者350人を超えた由。余震も200回以上ということで、そちらも大変な状態です。一刻も早い救援を!

|

« 試験問題チェックの委託募集。 | トップページ | オレンジフレーバーのコカ・コーラ »

ニュース」カテゴリの記事