« 海外ニュース二題。 | トップページ | 今日は何の日?「ソンムの戦い、始まる」(大正五年七月一日) »

「人間、見た目が大事」。イスラエルの空港テロ対策。

 先日発生したトルコのアタチュルク国際空港テロ事件。昨日ブログに書いた時点では、「死者50名、重軽傷60名以上」という情報でしたが、現時点では死者数がやや下方修正され42名(うち、外国人は少なくとも13名。国籍確認中)、負傷者は大幅に増えて238名となっている。負傷者には重傷者もおり、死者はまだ増える可能性があります。犠牲者には哀悼の意を、犠牲者の家族及び関係者にはお悔やみを、負傷者の方々にはお見舞い申し上げます。同時に、犯人には強い憤りを感じます!今のところ、ダーイッシュ(ISIL)など既知のテロ組織からは犯行声明はない模様。実行犯3名は自爆したが、背後関係や協力者の有無も不明。真相解明が待たれます。

 さて、テロの標的といえばイスラエル。かって、テルアビブ郊外のロッド国際空港(現:ベン・グリオン国際空港)で、日本赤軍による『テルアビブ空港乱射事件』(昭和47年5月30日)が起きたことでも知られていますが、近年イスラエル国内の民間空港ではテロは1件も発生していません。イスラエルが開発したテロ防止のメソッドが、「オブザベーション・アンド・クエスチョニング」(observation & questionig)というもの。StrategyPage の6月21日付の記事「Couter-Terrorism:Ignoring The Obvious」に、以下のように説明されています。

以下、一部引用。

Since 2001 other nations have, often reluctantly, adopted the Israeli screening methods at airports, and other places where you want to keep terrorists out. This was particularly true in Europe after 2005, in the wake of several deadly but preventable attacks. The Israeli system, called observation and questioning, has a near perfect record in keeping Israeli commercial aircraft free from terrorist attack. The system is based on the principal that anyone up to no-good will act differently than innocent people. Screeners are taught the tell-tale signs to look for, and the types of questions that will elicit a response that confirms the assessment.

The downside is that the system is time consuming. For about 90 percent of the people screened, it takes less than a minute. But for one or two percent, it can take an hour. The rest fall in between those two extremes. Airlines don’t like to delay passengers this long. The Israeli method is also labor intensive, and the labor is expensive. The preferred screeners are above-average college grads, who have to successfully complete a nine week training course. Even then, the Israeli find that most screeners only last three to five years, because of the grueling demands of the work. Since September 11, 2001, many more nations have adopted the Israeli system, but few have applied it as widely as the Israelis. The system does work, with many terrorists, or criminals up to no good, getting nabbed.

以上、引用終わり。(註:太字は筆者による)
 
 記事によれば、一般客とテロリストのわずかな違いを見分けるための専門の訓練を受けたスクリーナー(Screeners 大卒者を9週間訓練する)が、見た目のおかしい人物を他の空港利用者とは別に誘導し、幾つか質問をぶつけることでテロリストと見破るのだという。事実なら、さすがというべきか。
 もっとも、イスラエルのことだから、全ての手の内を明かしたわけではないでしょう。おそらく、機械的な警備も最新鋭の機材が装備されているほか、十重二十重の防御策を講じているはず。しかし、参考にはなると思います。

記事全文はこちら
https://www.strategypage.com/%5Chtmw%5Chtterr%5Carticles%5C20160621.aspx

こちらも参照してください。
『兵頭二十八の放送形式』
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2016/06/#a001651

|

« 海外ニュース二題。 | トップページ | 今日は何の日?「ソンムの戦い、始まる」(大正五年七月一日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事