« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

夏の甲子園、参加49校出揃う。

 埼玉代表・花咲徳栄がんばれ!

(しかし、夏の高校野球は、もう止めたほうがいいのではないだろうか?酷暑の中、選手も役員も観客も無理して熱中症で倒れたら大変だ!また、野球中継を大勢の人が観れば、昼間の電気使用量が増えてしまう。電力供給に負荷が掛りすぎやせんか?)

|

今日も暑かった。

 こう暑いとカキ氷が売れたでしょうね!
 溶けたら水なのに…

|

いよいよ明日!さいたま市花火大会。

 明日7月30日はさいたま市花火大会。場所は大和田公園。最寄りの駅は東武野田線大和田駅大宮公園駅。である。

|

平年より7日遅い梅雨明け。

 気象庁によれば、関東地方は今日梅雨明けしたらしい。熱帯夜は勘弁してくれ。

|

明日あたり、梅雨明け?

 足踏み状態だった関東地方の梅雨明け。8月にずれ込むかもしれないといわれたが、早ければ明日出るかもしれないという。ああ、暑いの苦手coldsweats02

|

職場テロ?!いや、もっとタチが悪い。

 銃も爆発物も使わずに、刃物だけ(ナイフ2本と包丁1本所持)で40人以上殺傷(現時点で、19人死亡)するとは驚きだ。それも、どうやら単独犯らしい。一人でこれだけ短時間で殺せるとは、空恐ろしい!
 容疑者が元職員ということで、職場トラブルかと思ったのだが、それほど単純ではないようだ。供述で障碍者を殺すことそれ自体が目的であるという趣旨の発言をしてるという。事実なら、とんでもない!!
 今後、この種の施設の警備をどうするか、どう防ぐのかが大問題だ。

|

明日晴れるか、晴れないか。

 関東地方、明日は降ったり止んだりの天気らしい。うっとうしい一日になりそうだ。

|

今日は何の日?「宇野総理、退陣表明」(平成元年7月24日)

 関東の梅雨明けは、ひょっとすると8月にずれ込むかもしれないとか。水源地帯へもう少し降雨が欲しい今日この頃です。
 さて、平成元年の今日、宇野宗佑総理大臣(第75代)が、参議院選挙(第15回)での大敗と自身の女性スキャンダルにより、退陣を表明した。当人は「明鏡止水の心境であります」と語ったそうだが、心中いかばかりであったか。この時女性スキャンダルをすっぱ抜いた「サンデー毎日」誌の編集長が、現在淫行疑惑に揺れる変態じじい鳥越俊太郎その人。巡る因果は糸車。

|

朝夕涼しいですね。

暑さが苦手な私にとってはありがたいのだが、どうも天候不順な感じがして落ち着かない。

|

もうすぐ「バケモノの子」。

 テレビで「バケモノの子」やるなあ。楽しみだ。
 日テレも、ジブリ映画以外の選択肢が増えて、よかったね。

|

「東京の父」は、流行語大賞になれるか?

 下劣な人間を、都知事にしてはなりますまい。都民の良識ある判断を望む。

|

夜中の豪雨。

 午前3時ごろ、大きな音で目が覚めた。外を見れば、滝のような豪雨!こんな豪雨は見たことない。慌ててテレビをつけるが、夜中の通販番組ばかりで大雨洪水警報などは出ていない様子。しかし、データ放送で気象レーダーの映像を観てみると、埼玉県南東部だけでピンポイントに豪雨になってる様子が見て取れる。しかし、夜中に叩き起こされるほどの豪雨とは・・・rain

|

そろそろ梅雨明けですかね。

 連日暑い。昨日我が家でもエアコンを掃除して起動させた。快適である。

|

今日は海の日。

Meijimaru01

 今日は「海の日」。明治九年に明治大帝が灯台船明治丸東北地方巡幸から横浜港に無事帰港されたのが同年7月20日で、それを記念して制定された休日だったのですが、平成15年以降は7月の第3月曜日になってしまったものです。
 ちなみに、来月11日は「山の日」。今年から始めて祝日となります。こちらは特に山に関する記念となる歴史上の事件等があったわけではなく、単にお盆休みにつながりやすいからだとか。8月12日とする案もあったそうですが、その日は日航ジャンボ機123便墜落事故(昭和60年8月12日)と同じなので11日にずらしたそうです。


Meijimaru02_2

(上記二葉は明治丸の画像。国立大学法人・東京海洋大学HP)の越中島キャンパスにて保存中。東京海洋大学・海洋工学部重要文化財明治丸ギャラリーより、転載させていただきました)


|

灼熱のさいたまダービー!大宮VS浦和

 大宮アルディージャ浦和レッズの試合は、緊迫のシーソーゲーム。
 前半レッズが先制するも、アディショナルタイムにアルディージャが同点に追いつき、1-1で終了。
 後半もレッズが1点取って突き放そうとするが、またしてもアルディージャが同点に追いつき、結局2-2で引き分け。仲良く勝ち点1を分かち合った。いい試合だった。

|

人間五十年。ウルトラマンも、五十年。

 M78星雲からやって来た銀色の巨人が、ブラウン管にその雄姿を映し出してから、もう五十年も経った。
 ウルトラマンウルトラセブンも、再放送で観た世代(リアルで観たのは『帰ってきたウルトラマン』以降)だが、子供心に鮮烈な印象を与えた。あれから幾星霜、今でもたまに観ると、やはり面白い。時代を超える名作だ。

|

トルコでクーデター。

 トルコイスタンブールで軍の一部がクーデターを企てたが、失敗したらしい。しかし、かなりの死傷者が出ている模様。恐ろしいことだ。

|

裁定は「ただの紙くず」。なら、他国の憲法なんてゴミ以下だろう。

 南支那海を巡って、中共は仲裁裁判所の裁定を「紙屑」呼ばわりして無視する構え。国際的な司法機関の裁定をこうまで軽視するなら、隣国の憲法なんて眼中にないだろう。

|

パリの屋根の下で暮らしたくない。

 今日はパリ祭、もといフランス革命勃発の日(1789年7月14日)である。確かフランス建国の日でもあったかと思う。フランス革命はもう、『ベルサイユのばら』以外何も出てこない。

|

陛下が退位の意向。

 「今上陛下におかれては、数年以内の退位と皇太子への譲位の意向をお示しになられた」との大ニュースが入ってきた。これは驚きだ。退位後、何とお呼びすればよいのか。上皇とお呼びすればよいのだろうか。

|

シナが主張する夜郎自大の「管轄権」は、世界から相手にされず。

 手前勝手な「管轄権」は、仲裁裁判所に認められず。当然である!

 顔を洗って出直せ!!

|

明日、注目の裁定。

 明日、オランダのハーグにある常設仲裁裁判所で、注目の裁定が出る。南シナ海におけるフィリピンとシナの問題についてである。どんな判断が示されるか、大変興味深い。

|

入鹿、蒸し殺し。

 今日は宮中において中大兄皇子らが蘇我入鹿を暗殺した、「乙巳の変」があった日だという(645年7月10日)。


Jamstec_yumeiruka1

Jamstec_yumeiruka2

海洋研究開発機構JAMSTEC)の無人潜水調査艇「ゆめいるか」。本文とは関係ありません。(画像は、海洋開発機構のHPから、転載させていただきました)

|

明日は

 参議院選挙、どうなるんでしょうね?

|

飲み会後の事故が労災と認められる。最高裁第2小法廷。

 会社の歓送迎会で泥酔した同僚を車で送って事故死した会社員に対し、遺族が労災認定を求めた裁判で、最高裁第2小法廷は高裁判決を破棄し、労災を認めた。
 事故当日、事故死した会社員は残業中であったが、上司の強い勧めで会社主催のシナ人実習生の歓送迎会に参加。仕事が残っているため飲酒はせず、散会後に会社に戻って仕事を続ける予定であったが、泥酔した同僚を車で運ぶよう上司に指示され(彼だけは飲酒してなかったので)その途中で事故に巻き込まれたという。
 一審二審は労災を認めなかったが、最高裁は逆転で労災認定。むしろ、一審で労災認定が出なかったことが理解できない。どう考えてもこれ「職務中」だろ。

|

38度以上。梅雨はどうなってんだ?!

 雨が少ない。まだ梅雨は開けてないはずだが、各地で大変な暑さだったらしい。熱中症の疑いのある死者が3名出たとか…。水不足のまま、完全に夏本番になってしまうのだろうか。

|

ぐったり。

 ここ数日の天候が、思いのほかダメージを与えているようで、どうにもかったるい。夏はこれからが本番だというのに…suncoldsweats02

|

ずーっと大好きになるまち 旭

 テレ玉で『ウルトラQ』を観ようとしたら、偶然千葉県旭市のCMをやっていた。飯岡灯台のあたりから見下ろす飯岡漁港が、夕日に映えて美しかった。まさか、あんなにセンスのいいCMを作るとは!

|

今日は

 意外と涼しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『湊川の戦い』から680年。

 西暦でいえば1336年7月4日、日本の暦では建武三年五月二十五日、かの有名な『湊川の戦い』が行われた。
 海陸から進攻する足利方に対し、宮方は主将新田義貞率いる主力(約1万)が海岸線に沿って布陣して水際防御を狙う一方、陸路の敵に備えて会下山楠木正成が布陣した。その数七百騎という。
 戦況は尊氏の海上機動に引きずられる形で新田勢が崩れてしまい、楠木勢は孤立(主力撤退を援護するため、わざと残ったとも)。楠木勢は孤軍奮闘するも衆寡敵せず、正成は弟正季と刺し違え、一族郎党玉砕した。宮方の惨敗である。

 さて、この戦い、宮方に勝機はなかったのか?

 素人考えで恐縮だが、もし兵権でフリーハンドを与えられていたならば、水際防御は棄てて新田軍主力は京都の入り口にあたる山崎(後年、明智光秀羽柴秀吉が戦った)の線まで後退させる。
 天王山に司令部を設置して、麾下部隊は隘路を塞ぐように布陣。
 別に弟脇屋義助に3000の兵を与え、対岸の男山八幡に布陣させる。
 一方で、淀川水系の川舟を徴発又は破壊して制水権を確保する。徴発した川舟は、後年淀城が築城されたあたりに集めておく。
 淀川の両岸を抑え、制水権を確保した上で足利方の上洛を断固阻止!時間を稼ぐ。
 楠木正成はいったん本拠地である河内へ向かわせる。河内・和泉の宮方を糾合して、摂津に進出し、遊撃戦を展開。足利方の背後を扼し、播磨との連絡線を絶つ。その上で摂津の武士たちを味方につけ、機を見て足利軍の背後を突き、新田勢と共にこれを挟撃する。
 楠木勢に呼応して新田勢も攻勢に転移。強弓の士を選抜して川舟に乗せ、川の流れに乗って足利軍の側面を急襲させ、側面から弓射を浴びせる。
 上記のように都合よく行けば、足利尊氏を討ち取れたかもしれない。しかし、現実は甘くない。神戸での防戦をやめて後退する段階で、「この戦、やばくね?」と思った武士たちがどんどん脱落して、軍勢がやせ細ってしまう可能性もある。なかなか思うようにはいかないものだ。

|

ダッカ

 バングラデシュの首都で凶悪なテロ事件発生。日本人7名を含む多数の犠牲者が出た。犠牲者全てのご冥福と、ご家族及び関係者にお悔やみ申し上げます。
 ダッカはかって、日本赤軍による「日航機ハイジャック事件」(昭和52年9月28日)が起こった因縁の場所。まさか、またこんなニュースが入ってくるとは…
 犠牲者は皆さん有為な人材であった由。三年前の「アルジェリア人質事件」(平成25年1月16日。日本人10名を含む37名が犠牲に)の時も感じましたが、海外で働く有為な人々が失われたことが残念でならない。テロリストは絶対に許せん!

|

半夏生は、うどんの日。

 ああ、うどん食べたいwink

|

今日は何の日?「ソンムの戦い、始まる」(大正五年七月一日)

 1年の折り返し地点である7月1日。今からちょうど100年前の今日、第一次大戦の大激戦である『ソンムの戦い』(1916・7・1~11・19)が始まった。恐るべきことに、7月1日の攻撃だけで、英軍に戦死19,240人の大損害を出した!日露戦争の激戦であった旅順港要塞攻囲戦(明治三十七年八月十九日~明治三十八年一月一日)の全期間を通じての日本軍戦死者が15,400人(ロシア側約16,000人)である。たった一日でそれ以上の戦死者が出るなんて、異常である!結局全期間を通じて英軍498,000人、仏軍195,000人、独軍420,000人もの戦死傷者を出している。とんでもない話だが、第一次大戦では他の戦役でも死屍累々である。恐ろしい。

|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »