« 雨の夜 | トップページ | 台風16号 »

平和安全法制成立から1年。架空座談会

 60年安保:「あれから1年たつが、戦争は起きませんな」
特定秘密法:「慶賀すべきことではあります」
PKO協力法:「私の時も、大騒ぎでした」(苦笑)

特定秘密法:「徴兵制になるともいってましたが?」
PKO協力法:「そんなの無理に決まってるのに」
 60年安保:「役人はポストと権限が増えるのは喜ぶけど、
         仕事が増えるのは歓迎しない人種だからね」

特定秘密法:「ドイツでは徴兵制を再開する動きがあるとか」
 60年安保:「さすがに耳が早いな。
         連邦内務省に、その動きがあるのは事実だ。
         徴兵で集めた若者を、連邦軍ではなく
         国内治安部隊に充てたいらしい」
PKO協力法:「徴兵して国内治安ですか?警察ではなく?
         郷土防衛隊でも創るんですか?」
特定秘密法:「連邦技術支援隊(THW)という組織が、
         50年代から存在している。
         災害時の技術支援が通常任務だが、
         戦時には外国工作員の破壊工作を阻止する
         役割がある。旧東ドイツにも、ほぼ同様の
         民間防衛組織があった」
PKO協力法:「なるほど。しかし、なぜそんなに治安が悪化
         してるのでしょうか?」
 60年安保:「移民の大量流入が、一番の原因だといえる。
         6月下旬に発生した連続テロで、もはや
         警察力だけでは治安維持できないと、
         連邦内務省が認めているんだ」
特定秘密法:「徴兵制反対の人たちは、
         移民にも反対すべきですね」


PKO協力法:「何かというと『いつか来た道』とか言っちゃって」
特定秘密法:「馬鹿の一つ覚えというか何というか…
         しかし、『軍靴の音』は聞こえませんか?」
 60年安保:「うん、微かだが、確かに聞こえる。
         人民解放軍という名の、悪魔の足音が。」

|

« 雨の夜 | トップページ | 台風16号 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事