« 国籍2つじゃダメですか? | トップページ | また、台風が »

今日は何の日?「日露講和条約(ポーツマス条約)調印」明治三十八年九月五日

 今から111年前の今日、米国メイン州キタリーのポーツマス海軍造船所において、米国大統領セオドア・ルーズベルトの斡旋のもと、日露両国間で講和条約が調印された(現地では、1905年9月4日)。日本側全権は小村寿太郎外相。ロシア全権はウィッテ
 調印の場となったポーツマス海軍造船所だが、名前の由来となったポーツマス市は、造船所とは川を挟んだ対岸のニューハンプシャー州にある。ややこしいことに、バージニア州にもポーツマス市があり、ここにも海軍施設(ノーフォーク海軍工廠。米国最古にして、最大の海軍工廠)がある。

|

« 国籍2つじゃダメですか? | トップページ | また、台風が »

経済・政治・国際」カテゴリの記事