« この秋一番の冷え込み。 | トップページ | 富士山初冠雪。 »

大谷選手がサヨナラタイムリー!日ハム延長戦を制し1勝!

 札幌ドームで行われた日本シリーズ第3戦。これまで連敗の日ハム。負けられない1戦である。
 連勝で波に乗るカープは、今季限りで引退を表明している黒田投手が先発。日ハムはその立ち上がりを攻め、1回裏に先制!今シリーズ初の先制点を上げたものの、二回表にあっさり2点とられて逆転を許してしまった。
 その後は最少得点差のまま投手戦。好投を続けた黒田投手は、6回裏、それまで連続ツーベースと打撃好調の大谷選手を見事打ち取ったものの、そこでまさかの降板!これが黒田投手の最期の雄姿となるのか?
 後が無い日ハムは8回裏、ランナーありの状態で大谷選手の打席。しかし、カープは敬遠で大谷選手を歩かせ、4番の中田選手と勝負!すると、中田選手が4番の意地を見せて2点タイムリーとなるツーベースヒットで逆転!日ハムの勝機が見えたと同時に、黒田投手の勝利投手の権利は消滅した。
 しかし、カープは驚異の粘り腰で9回裏に鈴木誠也選手がスリーベースヒットで出塁。日ハムの谷元投手は慎重なピッチングで2アウトまでこぎつけるも、安部友裕選手にタイムリーを許し、3-3の同点に。9回裏の日ハムの攻撃は0点で終わり、今シリーズ初の延長戦に。
 10回裏の日ハムの攻撃。ランナーを置いて大谷選手が打席に。盗塁成功でランナー2塁となったところで会心の一撃!一気にランナーがホームイン!サヨナラで日ハムが本拠地で貴重な1勝を挙げ、対戦成績を1勝2敗とした。

|

« この秋一番の冷え込み。 | トップページ | 富士山初冠雪。 »