« 速報:ノーベル生理学・医学賞。 | トップページ | ついに『風立ちぬ』を抜いた! »

己が不明を恥じるよりない。(続・北のSLBMはどうやって発射されたのか?)

 特別警報発令! 沖縄県に接近中の台風18号に関し、気象庁は久米島をはじめとする沖縄県内に特別警報を発して、警戒を呼び掛けている。
 特別警報とは、数十年に一度の大災害の発生が予想される際に出される警報。最大級の警戒が必要で、直ちに命を守るための行動をしなければならない。毎年台風に襲われる沖縄で、台風に関する特別警報が出るのは異例。どれほどの被害が出るか予測できない。久米島では、最大瞬間風速80m(!)も予想されるという。厳重な警戒を!

 さて、以前のブログ記事(こちら)で、北鮮のSLBMを話題にした。その際北の潜水艦について疑問を呈したのだが、今月発売の『世界の艦船』11月号(通巻848号 海人社)の記事でシンポ型(Simpo)という潜水艦が既に2014年10月に確認されていると知った。排水量1200tで全長67m(いずれも推定値)ぐらい。通常型潜水艦としては、標準的な大きさ。司令塔(セイル)部分に弾道弾SLBMを1基搭載するらしい。
 司令塔にSLBMを搭載する潜水艦としては、旧ソ連のゴルフ型(629型)潜水艦があった。すでに全艦退役済みだが、退役艦10隻が北でスクラップにされている。その際、技術的な知見を得たと想像される。先の実験も、このシンポ型潜水艦から行われたようだ。
 しかし、もう2年も前から存在が分かっていたとは!自分の馬鹿さ加減に呆れるしかない。『世界の艦船』は、欠かさず読んでいたのに… 情けない。

 で、北はどうやら更なる弾道弾搭載潜水艦を建造するらしい。それも、より大型の潜水艦を。北の造船所で、新型艦建造の動きがあるというのである。複数の弾道弾を搭載可能な潜水艦を建造するつもりのようだ。(詳細はこちら Is North Korea Building a New submarine?
 こりゃもう、米国に先制攻撃してもらうしかないな。

|

« 速報:ノーベル生理学・医学賞。 | トップページ | ついに『風立ちぬ』を抜いた! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事