« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

明日は映画の日

 12月1日は映画の日。明日は映画が一部を除き一般1000円で観ることができる。何か面白い映画があったら、観てこようか。

 それにしても、11月も今日で終わり。あと一ヶ月で今年も終わりである。早いものだ。

|

2020年の挑戦

 テレ玉で火曜日に放映している『ウルトラQ』(21:00~21:30、こちら)を観た。今回は屈指のトラウマ回として知られる「2020年の挑戦」(第19話)。
 冒頭、航空自衛隊のF-104J戦闘機が緊急発進(スクランブル)するシーンは、実際に空自の機体(機体番号516号機と523号機)が飛び立つ映像が使われている。F-104J、今観てもかっこいい!地上で指揮を執るのは、小林昭二氏が演じる天野二等空佐。この時の自衛官役の制服姿が似合っていたので、後に『ウルトラマン』のムラマツキャップ役に選ばれたのだとか。
 出撃した空自機は撃墜され、天野二佐は責任とらされて解任(←理不尽な!)。一方、各地で謎の人体消滅事件が続出!セスナで事件空域へ向かった万城目くん(演:佐原健二)まで消えてしまう!これが不気味さではウルトラ怪獣・宇宙人の中でもトップクラスのケムール人の仕業。モノクロ映像のケムール人は、今観ても十分怖い!当時リアルタイムでこれを見た子供たちが、震え上がったのも無理はない。
 その後、この不気味な宇宙人と対決するのだが、ラストの落ちがまた秀逸!50年以上前の作品だが、見ごたえのあるエピソードだった。
 ただ残念なことに、一部音声が不自然に消えるのがどうしても気になってしまった。「気違い」というセリフが消されているようだ。何というバカげたことを!そんなことをして何になるのだ?表現自由はどこへ行った!興ざめも甚だしい。

|

また首位陥落も、興行成績で『もののけ姫』(193億円)を抜く。

 興業通信社発表の今週の映画ランキングこちら)によれば、『君の名は。』は先週の首位から2位に後退した。しかし、通算での興行収入は既に194億9000万を超え、歴代邦画3位だった『もののけ姫』を抜いて3位となった。このまま200億円越えはほぼ確実で、間もなく2位の『ハウルの動く城』(196億円)を抜くであろう。後は、第1位の『千と千尋の神隠し』(308億円!)にどこまで迫れるかである。(歴代ランキング
 その他、初登場の劇場版『艦これ』は5位と好発進。また、『この世界の片隅に』は10位から6位にランクアップ。高評価で公開する劇場が増えたことで、興行収入も増大した模様である。
 

|

船員の特定最低賃金の改定決定に関する公示(国土交通省最低賃金公示第2号)

 本日の官報(11月28日付 本紙6907号)によると、船員の最低賃金が以下の通り一部改正される。

1.全国内航鋼船運行業最低賃金第4項中

 「245,150円」→「246,150円」
 「228,700円」→「229,700円」
 「186,550円」→「187,550円」
 「177,250円」→「178,250円」

2.海上旅客運送業最低賃金第4項中

 「242,050円」→「243,050円」
 「186,950円」→「187,950円」
 「180,600円」→「181,600円」

附則 効力発生日 平成28年12月28日

全体的に1000円アップするようです。

詳しくはこちら→https://kanpou.npb.go.jp/20161128/20161128h06907/20161128h069070010f.html

|

航空自衛隊が、シナ空軍機にスクランブル。

 統合幕僚監部のプレスリリースによれば、25日にシナ空軍機複数が八重山諸島周辺の空域を飛行し、航空自衛隊がスクランブル発進して対応したという。
 飛行したのはSu-30戦闘機(2機)、H-6爆撃機(2機)、Tu-154情報収集機(1機)、Y-8情報収集機(1機)の計6機。八重山諸島南方の海上を、南西から北東方向へ舐めるように飛行した後、北上して宮古海峡上空を通過、領空侵犯は無かった。戦闘機と爆撃機による戦爆連合の飛行に、情報収集機を随伴させることで、自衛隊側の反応をモニターしていた模様。

詳しくはこちら→http://www.mod.go.jp/js/Press/press2016/press_pdf/p20161125_02.pdf

|

カストロ死す。

 キューバ革命の父、フィデル・カストロ氏が、25日に死去されたという。90歳だった。一つの時代が終わったな。

|

最低賃金の改正決定に関する公示

 本日付の官報本紙6906号)によれば、福島県、茨城県、栃木県、長野県、静岡県、島根県、愛媛県の一部業種に関する最低賃金が改正されるという。
 例えば、福島県の非鉄金属製造業では、時給が最低816円から831円になるという。

詳しくはこちら→http://kanpou.npb.go.jp/20161125/20161125h06906/20161125h069060009f.html

|

昨日とは一転。

 今朝は快晴。昨日雪を降らせた低気圧は去り、雲一つないいい天気だ。日差しも暖かいが、気温はまだ低い。昨日の雪をもたらせた寒気が、まだ居座っているせいである。路面凍結による事故も起きている。注意が必要だ。

|

いや~降りましたね、雪。

 天気予報通りとはいえ、朝外が雪化粧だったのには、やはり驚かされた。
 11月に初雪は54年ぶり、都心でも積雪になるのは観測史上初だそうで、なかなか興味深いsnow

|

映画「この世界の片隅に」を観てきた。

 今日は新嘗祭で勤労感謝の日。休日を利用して、「この世界の片隅に」(公式サイト)という映画を観てきた。劇場は新宿のテアトル新宿。昔から通っている馴染みの映画館だ。映画館の反対側、新宿通りに沿って妙に屋台が並んでいて何事かと思ったら、花園神社が二の酉で、熊手を持った人が結構いた。冬らしい風情である。
 映画は盛況で、立ち見が出た。かく言う私も立ち見である。最近はどこの映画館も入れ替え制で、座席も指定なので、立ち見なんて十年ぶりぐらいか?いろんな年齢層から客が来ていて、人気の高さをが窺える。(今日が休日で、しかも1100円のサービスデーだったせいもある)
 さて、映画のほうだが、戦前から終戦直後あたりまでの物語である。広島から呉に嫁いだ主人公の日常が綴られている。冒頭のファンタジーなシーンが、その後の伏線になっている。映像は奇麗で、時代考証もかなりしっかりしている(特に、戦艦大和と、重巡青葉。なにしろ、軍港・呉だから)。失われた広島が、映画の中でよみがえったよう。それにしても、昭和初期から戦中の風景なのに、何やら大正時代ではないかと思われるほど、古色蒼然としていて驚いた。当時の田舎は、あんなもんだったのか?
 映画の詳しい内容は、ネタバレになるので詳しくは言えませんが、いい映画でした。主人公のスローモーぶりにイラッとくることもありますが、後半はもう、泣けて泣けて・・・年々涙もろくなってかなわんわい。
 泣きたい映画を観たい方には、お勧めです。
 

 (同じ時代の広島を描いた漫画といえば、「はだしのゲン」が有名だが、私はあの漫画は昔から苦手。絵が汚くて下手くそだったので。後年読み直してみて、内容の偏向ぶりに呆れさせられました。)

|

こんな小春日和の穏やかな日は

 早朝の地震と津波警報に驚かされたが、大惨事にはならず、何よりであった。
 
 さて、今日は小春日和で暖かい。誠にありがたいのだが、明日は一転して寒さ厳しく、明日の夜半から明後日にかけて、関東平野部でも雪が降るかもしれないという。シベリアにこの時期としてかなり強力な寒気が居座って、そこから日本上空にも冷気が流れ込んでくるためだとか。これでもう、完全に冬モードへ移行か。snow

|

今日は何の日?「タラワの戦い始まる」(昭和十八年十一月二十一日)

 タラワ諸島のベチオ(ベティオ)島は、中部太平洋の最前線基地。日本は同島を占領後、横須賀第6特別陸戦隊を改組した第3根拠地隊に加え、精鋭佐世保第7特別陸戦隊を増派して、守備を固めていた。総兵力は約2800人。他に滑走路設営や整備のための軍属など含めて、約4800名が在島していた。
 海軍特別陸戦隊とは、海軍が上陸作戦や島嶼防衛用に編成した陸戦部隊で、1個大隊相当の歩兵を基幹兵力とし、これに砲兵隊や戦車隊などを編合した諸兵科連合部隊。佐世保第7特別陸戦隊は特に精鋭部隊で、装備も優良。指揮官は陸軍で本格的な陸戦の訓練教育を受けており、陸式に同僚や部下を「貴公」と呼んでいたという。
 守備隊は、陸軍参謀本部から築城(要塞戦、陣地構築のプロ)の専門家を招聘して助言を受け、島内に堅固な複郭陣地を構築して待ち構えていた。そこへ米軍35000人が来寇し、大激戦になった。結果、3日間の戦闘で日本側は玉砕した。戦死者4713名ともいわれる。戦死者が異常に多いのは、徹底抗戦の結果でもあるが、米軍が捕虜をとらず、その場で負傷兵を射殺したのではないかともいわれている。
 勝者の側の米軍も大損害を受け、「恐怖のタラワ」(terriblie Tarawa)という言葉を残した。日本軍玉砕の翌日である二十四日には、救援に間に合わなかった潜水艦伊157潜が、付近海域で米側の護衛空母リスカム・ベイを撃沈している。
 余談だが、米国では強襲揚陸艦に上陸作戦の戦地の名前をつけることが慣例で、タラワの戦いに因んだその名も『タラワ級強襲揚陸艦』(満載排水量38900トン、全長250m、全通甲板式。同型艦5隻、全艦退役済み)のネームシップとして、強襲艦タラワ(LHA-1)が存在した。ちなみに、2番艦はサイパン、5番艦はペリリュー。

 詳しい戦闘の様子を知りたい方は『タラワ、マキンの戦いー海軍ギルバート戦記』(谷浦英男著、草思社刊)を読むことをお勧めする。

|

南スーダン第11次派遣施設隊、先遣隊が出発!

Lav

 国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に参加する第11次派遣施設隊の先遣隊が、青森空港からスーダンへ向け出発した。
 第11次隊は、東北の第9師団から編成されている。第9師団から南スーダンに派遣されるのは、第3次派遣施設隊(平成24年)以来2度目である。隊員350名の指揮を執るのは、第5普通科連隊(青森)の連隊長である、田中仁朗・一等陸佐。今回、駆け付け警護(←もっとましな名称は無かったのか?!)任務のための部隊(約50名)は、第5普通科連隊から編成されているという。どうか全員、一人も欠けることなく任務を完遂し、無事に帰国してほしい。間違っても、南スーダンを第二の八甲田山にしないでもらいたい。武運長久を祈る。

統合幕僚監部:南スーダン派遣施設隊の要員交代について
http://www.mod.go.jp/js/Press/press2016/press_pdf/p20161028_01.pdf

 ところで、PKOにふさわしい装備とは、どれくらいが望ましいのだろうか?評論家の小川和久氏によれば、「遅滞戦闘」ができるレベルが望ましいという。これは、国連施設付近に避難している難民たちに危険が迫ったとき、彼らを誘導して避難する際に、追いかけてくる敵性勢力の追撃を振り切るために必要なので。
 具体的には、普通科隊員のメインアームである89式小銃、サイドアームの9ミリ拳銃9ミリ機関拳銃5.56ミリ機関銃MINIMI12.7ミリ機銃M2110ミリ対戦車重擲弾パンツアーファウストⅢ84ミリ無反動砲カールグスタフ81ミリ迫撃砲120ミリ重迫撃砲。これに91式携帯地対空誘導弾までつけるのが理想的。野戦重砲や戦車や対戦車ヘリまでもちこむのは、さすがに憲法違反。また、それほどの重装備を持ち込むためには、補給や整備のための人員物資も大量に持ち込まねばならず、とんでもない大所帯となってしまうため、現実的ではないんだそうだ。

89
89式小銃


Photo
SIG9ミリ自動拳銃

M9
9ミリ機関拳銃 M9


Minimi
5.56ミリ機関銃MINIMI

Photo_2
パンツアーファウストⅢ

Photo_3
カールグスタフ

M2
12.7ミリ機関銃 M2

Photo_4
81ミリ迫撃砲

120
120ミリ重迫撃砲

※上記画像は全て、陸上自衛隊公式ホームページこちら)より、転載させていただきました。


|

全て世はこともなし

 今日は特に書くべきこともない。

|

海上保安庁の船舶番号及び標識の一部を改正する告示(海上保安庁五十五号)

Pm40_natsui

 本日の官報11月18日付 本文6902号)に、海上保安庁の巡視船の船舶番号と標識を一部改正する旨、以下のような告示があった。

第1条 巡視船「PL12 えさし」を 「PL12 えさし   に改める。
                       PL14 よなくに」 

第2条      「PM40 なつい」を 「PM40 なつい に改める。
                        PM51 かとり」

第3条      「PL12 えさし」を 「PL12 えさし  に改める。
                       PL13 もとぶ」

第4条      「PS19 あさじ」を 「PS19 あさじ  に改める。
                        PS31 しもじ」

附則 第1条は平成28年11月25日、第2条は11月28日、
    第3条は11月29日、第4条は11月30日から施行する。

 第1条と第3条がバッティングしてるような気がするのだが、気のせいか?


Ps19_asaji

(上の画像は巡視船なつい。下は巡視船しもじ。海上保安庁の公式ホームページから転載させていただきました)


|

流行語大賞、続ける意味あるの?

 二重国籍(村田蓮舫)、病気だと思われるよ(鳥越俊太郎)、ガソリーヌ(山尾志桜里)がノミネートされないなら、流行語大賞なんてもう意味ないね。

|

今日は何の日?「海洋法に関する国際連合条約発効」(平成6年11月16日)

 海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)は、昭和57年4月30日に第三次国連海洋法会議で採択され、平成6年11月16日に効力が発生した。
 日本では、平成8年に国会で承認された後、閣議で批准することが決定された。(平成8年条約6号 詳細はこちら→http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kaiyo/unclos.html
 しかし、米国は同条約に署名していないなど、問題もある。米国は、自国の海底油田開発に支障がある等の理由で署名しないが、一応同条約を尊重する立場をとっている。

 ついでに、今日の官報で、「人工衛星等打上げ及び人工衛星の管理に関する法律」が、本日付で公布されている(平成28年11月16日付 官報 号外252号)。同法は全部で8章65条及び附則10条からなり、人工衛星の打ち上げの許可や、ロケットや人工衛星が落下事故等を起こした際の賠償責任等を定めている。
 同時に「衛星リモートセンシング記録の適正な取扱いの確保に関する法律」(7章38条及び附則5条)も、公布されている。

|

ワールドカップ、2-1でサウジ撃破!

 ロシアワールドカップ最終予選。ホームで首位サウジアラビアを迎えた日本チームは、前半45分に清武弘嗣選手がPKから1点あげて先制。後半35分、原口元気選手のシュートで1点追加。しかし、45分サウジのオマル・ハウサウイ選手に1点返される。その後、アディショナルタイム中に再三サウジにゴールに迫られるも、キーパー西川周作選手がゴールを死守。2-1でサウジに勝利した。

|

今日は何の日?「横田めぐみさん、北朝鮮に拉致される」(昭和52年11月15日)

 拉致から39年。まだ救出できないとは!
 この問題が解決できない限り、日本国民に安寧は無い。次に拉致されるのは、あなたかもしれないし私かもしれない。そして、日本国は拉致された同胞を救出するための手段を、まだ確立していない。呆れたことに、拉致に関与した朝鮮総連も朝鮮学校も、解散することもなくまだ存在している。これは、恐るべきことである。決して過去の出来事ではない、現在進行形の事件である。他人事ではない!

|

流動化処理土

 先週8日早朝に発生した、博多駅前の大規模陥没事故は、埋設されていた下水管等のライフラインの復旧も済み、早ければ今夜中にも通行可能になるという。ただ、現地の天候によっては15日以降になるかもしれない。
 当初、1か月以上かかると思われた復旧作業が、わずか1週間で済んだのは、流動化処理土を24時間体制で投入したおかげだという。この流動化処理土、セメント材+水+土で出来ており、コンクリートとも堅締めした土とも違う性質がある。再掘削も可能だという。短期間で復旧できそうで何よりだ。

流動化処理工法についてhttp://www.lss-kiko.jp/aa/main01.htm

|

明日は県民の日。

 今日から大相撲九州場所。「一年納の九州場所」と言われるだけに、なにか年末感がそろそろ出てきそうだ。
 さて、明日は埼玉県民なら誰でも知ってる県民の日である。県内の国公立校が休校になったり、県内の博物館の一部が無料になったりする。
詳しくはこちら→https://www.pref.saitama.lg.jp/a0301/kenminnohi/index.html

|

星条旗、燃ゆ。

 トランプ候補の勝利が気に入らない暴徒が、星条旗を焼いたという!
 何たる暴挙!信じられない蛮行!
それではまるで
 「クリントン落ちた、合衆国死ね」
と、言ってるようなものだ。
 選挙の結果が気に入らないからと言って、祖国を火刑に処すような真似をするとはどういう料簡だ?狂人としか言いようがない。民主主義の敵だ!

|

海上自衛隊砕氷艦「しらせ」、南極へ向け出港。

Main_5003_shirase
(画像は氷海をゆく砕氷艦「しらせ」。海上自衛隊公式サイト・ギャラリーより、転載させていただきました)

 本日午前10時過ぎ、海上自衛隊の砕氷艦「しらせ」が、第58次南極観測隊の支援のため、南極へ向け出港した。観測隊の人員の大半は、27日に空路オーストラリアに向かい、現地で「しらせ」と合流する予定。


|

師走並みの寒さ。

 朝から雨。その上寒い。12月中旬並みの寒さとか。まだストーブも何も用意していないのに。風邪ひきそうだrain

|

経済的徴兵制

 経済的徴兵制とは、軍隊が志願制の国で、経済格差を利用して志願者が安定供給されるようにする仕組み。要するに、貧困層出身の若者を高収入を餌に軍隊に志願させる仕組みとされる。
 米国で国内の経済格差が論議されたとき、この経済的徴兵制も議論の俎上に上ったそうなのだが、その実態は以下のようなものであった。
 まず前提として、軍隊では志願者に犯罪や薬物使用や不法な重火器の所持などといった前歴がある場合、入隊を認めない。そして、不幸なことに低所得者層(貧困層)の若者ほど、この種の非行や犯罪に手を染めてしまう傾向がある。つまり、低所得者層出身者には、最初から軍隊に入れない人が少なくない。
 次に、実際に米軍将兵の中で、各所得階層からどれぐらい将兵が入隊しているかを調べて、それを全米の総人口に占める各所得階層の割合と比較してみたところ、低所得者階層から入隊した将兵の割合は、米国総人口全体に占める割合より低いことがわかった。むしろ、経済的に余裕のある階層からの入隊者の方が、割合が多かったという。
 以上の点から、「米国連邦軍においては、低所得層出身者は軍人にはなれない(入隊困難だ)し、実際入隊していない」という結果が出たという。
 詳しくは、評論家の小川和久氏の著書を参照されたし。

|

「もしトラ」が現実に?!トランプ候補が勝利宣言!

 米国大統領戦で、トランプ候補が勝利宣言を行った。こりゃもう、世界中大嵐だ!

|

冬の嵐

 気象庁によれば、本日9日、東京地方に木枯らし1号が吹いたという。去年より16日遅いということだが、日本列島全体では、冬の訪れが早まりそうだという。群馬の赤城山で初冠雪や、長野からも初雪の訪れあり。北海道は冬の嵐の中で、鉄道や航空便に影響が出ているという。
 一方、米国は政治の嵐が吹きまくっている。現在トランプ候補がオハイオ州で勝利するなど「選挙人」168人を獲得。クリントン候補は131人獲得で、トランプ候補がやや優勢。しかし、フロリダ州やカリフォルニア州の結果がまだで、クリントン候補逆転の可能性は十分ある。まだまだ予断を許さない。(270人がボーダーライン)
 国際金融の世界でも、米国大統領戦の行方を巡って、嵐が吹いている模様。大勢は、後数時間で決するはずだ。

|

世界が注目!米国大統領戦、投票開始。

 米国大統領選の投票が始まった。ヒラリー・クリントン候補とトランプ候補。どちらが勝つか、大勢は日本時間で明日のお昼までには判明してるだろう。

|

『君の名は。』、首位奪還。

 興業通信社今週の映画ランキング(週末11月5日~6日)によると、先週2位に後退した『君の名は。』(公開11週目)が興行成績で首位に返り咲いた。
 前回1位だった『デスノート』は、失速して2位に後退。『映画 聲の形』(前週10位)は、残念がらトップテンに入れず。

|

はにぽん

Hanipon98
本庄市マスコット「はにぽん」はにぽんオフィシャルホームページより、転載させていただきました。

 『ゆるキャラグランプリ2016』で、埼玉県本庄市のマスコットキャラクターの「はにぽん」が、2位に選ばれたそうです。
 「はにぽん」は、本庄市で出土した「笑う埴輪」(市指定・小島前の山古墳出土盾持人物埴輪)と、本庄市の「本」を合わせたキャラだそうです。
 埼玉県のゆるキャラでは、過去に深谷市出身の「ふっかちゃん」が、2位になったのが最高。なかなか1位にはなれないようだ。ちなみに今年の一位は「しんじょう君」(高知県・須崎市出身)という、二ホンカワウソをモチーフにしたゆるキャラでした。

『ゆるキャラグランプリ2016』結果http://www.yurugp.jp/ranking2016/

|

今年もう何回目か…シナ公船4隻が、尖閣諸島周辺の我が領海を侵犯。

 今日、シナ公船が尖閣諸島周辺海域で、シナ公船による領海侵犯があったという。先月18日以来だという(詳しくはこちら)。
 尖閣問題、現地に公務員を常駐させるなり、機雷堰を敷設するなりすればいいのに、なぜそれをしないのか?外務省とシナ共産党との間に、何かいかがわしい密約でもあるのか?それとも、米国筋から「余計な騒ぎを起こすな」と、ぶっとい釘を刺されたのか?あるいはその両方だろうか。

|

TPPはどこへ行く

 私はTPPには反対。明治の先人たちが、関税自主権を回復するのにどれほど苦労したか。それを放り出すなんて、何を考えているのだろう?
 それに、士業者としては、ただでさえ少ない仕事を米国人弁護士に奪われたり、「役所に提出する書類は英語に統一」(←日本語が障壁になるとイチャモンつけられて)などといわれたら、廃業するしかない。だから絶対反対である。
 政府が自由貿易に拘るのは、戦前のブロック経済化で経済的に行き詰ったことで、戦争につき進んでしまった過去の歴史に恐怖しているからかもしれない。しかし、ものには程度がある。
 それにしても、クリントンとトランプのどちらが大統領になっても、米国が批准しない可能性がかなり高い。そもそも、米国議会が批准に乗り気でない上に、大統領候補があれではね。
 日本政府がもし、米国がTPPから離脱すると読んだ上で、米国不在のTPPを、日本主導で日本に都合よく進める青写真でもあるなら、話は別だが。

|

明日、千葉県勝浦市で、海上保安庁音楽隊の演奏会(予定)

Kisho_2

 明日、11月5日(土)に千葉県勝浦市で、「かつうら魅力市」というイベントが開かれる。場所は勝浦市芸術文化交流センター küste。時間は09:00~15:00を予定。
 イベントの一環として、海上保安庁音楽隊による演奏会、「勝浦灯台100周年記念コンサート」が、13:00より開催される予定。一般入場整理券の配布は、09:30から。

詳しくはこちら
かつうら魅力市http://www.kaiho.mlit.go.jp/doc/info/event/band/h281105-katsuura.pdf

※勝浦灯台:大正六年(1917年)2月建設。

(上記画像は、海上保安庁音楽隊の徽章。海上保安庁音楽隊ホームページより、転載させていただきました)

|

浦和レッズvs横浜Fマリノス、1-1で引き分ける。

 Jリーグ第17節(最終節)、浦和レッズ横浜Fマリノス
 前半0-0。後半にMFの柏木陽介選手が先取点を上げるも、マリノスのMFマルティノス選手に1点返され同点。そのまま引き分けに終わった。
 浦和レッズは年間首位で、チャンピオンシップに臨む。がんばれ浦和レッズ

| | トラックバック (0)

明日は『航空自衛隊・入間基地航空祭』

Blue_impulse1

 明日は埼玉県の航空自衛隊・入間基地で、航空祭が行われる。好天に恵まれると良いが。

 入間基地航空祭2016プログラム

 (※上記画像は、ブルーインパルスの雄姿。航空自衛隊公式サイトより、転載させていただきました)

|

TEUとは(用語解説)

 TEU(twenty-feet equivalent unit)とは、20フィートコンテナ換算の意。標準化されたISOコンテナの内、長さ20フィートのコンテナを指す。

 長さ 20フィート(6.1m)
  幅 8.0フィート(2.4m)
 高さ 8.5フィート(2.6m)
 容積 1360立方フィート(39㎥
 最大積荷荷重 21600kg
  (コンテナ込みで24トン

|

『君の名は。』、ついに首位陥落!

 公開以来、先週まで9週連続で興行成績で首位をキープしてきた『君の名は。』が、ついに首位陥落(2位)!10週連続首位とはならず。
 『君の名は。』を破って首位になったのは『デスノート』。『映画 聲の形』(公開7週目)は、8位から10位にダウンするも、まだベスト10に残った。

興業通信社 今週の映画ランキング

|

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »