« 明日、千葉県勝浦市で、海上保安庁音楽隊の演奏会(予定) | トップページ | 今年もう何回目か…シナ公船4隻が、尖閣諸島周辺の我が領海を侵犯。 »

TPPはどこへ行く

 私はTPPには反対。明治の先人たちが、関税自主権を回復するのにどれほど苦労したか。それを放り出すなんて、何を考えているのだろう?
 それに、士業者としては、ただでさえ少ない仕事を米国人弁護士に奪われたり、「役所に提出する書類は英語に統一」(←日本語が障壁になるとイチャモンつけられて)などといわれたら、廃業するしかない。だから絶対反対である。
 政府が自由貿易に拘るのは、戦前のブロック経済化で経済的に行き詰ったことで、戦争につき進んでしまった過去の歴史に恐怖しているからかもしれない。しかし、ものには程度がある。
 それにしても、クリントンとトランプのどちらが大統領になっても、米国が批准しない可能性がかなり高い。そもそも、米国議会が批准に乗り気でない上に、大統領候補があれではね。
 日本政府がもし、米国がTPPから離脱すると読んだ上で、米国不在のTPPを、日本主導で日本に都合よく進める青写真でもあるなら、話は別だが。

|

« 明日、千葉県勝浦市で、海上保安庁音楽隊の演奏会(予定) | トップページ | 今年もう何回目か…シナ公船4隻が、尖閣諸島周辺の我が領海を侵犯。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事