« その名は北極星2号。 | トップページ | もう一度、TDLに行きたかった・・・ »

今日は何の日?「太平洋戦争勃発」(西暦1879年2月14日)

 今から138年前の今日、西暦1879年(明治十二年)に「太平洋戦争」勃発。南米のボリビア共和国ペルー共和国チリ共和国が交戦。硝石の利権を巡る戦いだったことから「硝石戦争」ともいわれる。自国の硝石企業保護を名目に、チリ軍(兵力5000)が当時ボリビア領だったアントファガスタ(現:チリ領アントファガスタ州)を占領したのが発端である(正式な宣戦布告は、同年4月5日)。
 戦況は、英国の支援を受けて優勢な海軍力を有するチリ軍が優勢で、首都リマを攻められたペルーは1883年(明治十六年)に降伏。ボリビアも翌年(1884年=明治十七年)に休戦した(正式な講和は、1904年=明治三十七年・日露戦争勃発の年)。
 戦争の結果、ペルーとボリビアは領土の一部をチリに割譲し、現在のチリの細長い領土がほぼ確定した。ボリビアは海への出口を失い、内陸国になったものの、その後も海軍を保持し続け、ティティカカ湖や河川の警備を任務としている。

(※蛇足だが、昭和十六年十二月八日に勃発した、当時の大日本帝国と聯合国との戦争は、「大東亜戦争」である。)

|

« その名は北極星2号。 | トップページ | もう一度、TDLに行きたかった・・・ »

歴史・史実」カテゴリの記事