« 72年前の今日、東京都で激しい地上戦が始まる。(昭和二十年二月十九日) | トップページ | 明日は「竹島の日」 »

「命を守る翼」陸上自衛隊・第15ヘリコプター隊(沖縄県・那覇)

15hmark_2b3_2

 統合幕僚監部のプレスリリース「平成29年1月の急患輸送実績について」(速報値、こちら)によれば、先月1月中の急患輸送は北海道が1件(航空自衛隊・千歳救難隊)、長崎県が11件(海上自衛隊・第72航空隊)、鹿児島県は6件(5件は陸上自衛隊・第15ヘリコプター隊、1件は海自第72航空隊鹿屋分遣隊)、沖縄県が14件(第15ヘリコプター隊)であった。
 沖縄の陸上自衛隊・第15旅団隷下の第15ヘリコプター隊の活躍が目立つ(沖縄・鹿児島両県で、計19件)。離島が多い沖縄県と鹿児島県の奄美地方にとって、第15ヘリコプター隊は命を守る翼である。翁長沖縄県知事は、那覇基地に足を向けて眠れないだろう。
 海自の第72航空隊の活躍も目立つ。長崎県も、離島が多いので。勿論、ヘリ部隊に限らず、救難部隊は余り活躍しないで済むのが一番望ましい状況ですが。


 

Ch47ja_15th_naha

Photo

(上図は第15ヘリコプター隊のエンブレム。中図は同隊の装備するCH47JAヘリ。下図は海自・第72航空隊のスコードロンマーク。上・中図は第15ヘリコプター隊のホームページから、下図は第72航空隊のホームページから転載させていただきました。)

|

« 72年前の今日、東京都で激しい地上戦が始まる。(昭和二十年二月十九日) | トップページ | 明日は「竹島の日」 »

防衛省・統合幕僚監部」カテゴリの記事