« Raise the SEWOL | トップページ | 明日はSL撮影会!東武鉄道SL大樹号。 »

今日は何の日?「能登半島沖不審船事件で、初の海上警備行動発令」(平成11年3月24日)

 平成11年に発生した「能登半島沖不審船事件」。この事件において、海上自衛隊初の「海上警備行動」(自衛隊法82条「海上における警備行動」)が発令された。
 事件は同年3月21日22:00頃から不審な電波が日本海海上から発信され、23日に海上自衛隊P-3C哨戒機が不審な船舶2隻を発見した。
 海上保安庁の巡視船と海上自衛隊の護衛艦が追跡。海上保安庁の巡視船から海上保安庁法第20条に基づく威嚇射撃を行うも停船せず、不審船は35ノットまで増速したため、巡視船は速力不足と燃料切れで追跡を断念。
 海上保安庁では対応不能として、翌24日00:45に持ち回り閣議(当時は、小渕恵三内閣)で海上警備行動が承認され、00:50に防衛庁長官(当時:現防衛大臣)から海上自衛隊各部隊に対し、海上警備行動(海甲行警命第16号)が発令され、海保から海自へバトンタッチされた。
 海上自衛隊は、護衛艦「はるな」(DDH-141)と「みょうこう」(DDG-175)が、それぞれ主砲(5インチ砲)による警告射撃を実施し、更にP-3C哨戒機による対潜爆弾の爆撃も行われたが不審船は停船せず。「みょうこう」では不審船への臨検も準備されたが実施されず、結局取り逃がしてしまった。
 この事件を受け、海上保安庁は高速巡視船艇の整備を、海上自衛隊では米海軍特殊部隊シールズ(US Navy SEALs)及び英国海軍SBS(Special Boat Service)に範をとった、特別警備隊(SBU:Special Bording Unit)を平成13年3月に創設している。

事件の詳細→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%BD%E7%99%BB%E5%8D%8A%E5%B3%B6%E6%B2%96%E4%B8%8D%E5%AF%A9%E8%88%B9%E4%BA%8B%E4%BB%B6


175_08l_myokoh
(※画像は護衛艦「みょうこう」。海上自衛隊公式サイトより、転載させていただきました。)


|

« Raise the SEWOL | トップページ | 明日はSL撮影会!東武鉄道SL大樹号。 »

海事・海保・海自」カテゴリの記事