« 下駄を鳴らしてヤツが逝く | トップページ | シナ空軍機が多数、宮古海峡上空を通過。海軍艦艇も動きあり。 »

埼玉県防災ヘリ、山岳救助で登山者から「手数料」徴収へ。

Photo


 埼玉県議会平成29年2月定例会(2月20日~3月27日)にて、本日提出された議題(議 第二号議案「埼玉県防災航空隊の緊急業務に関する条例の一部を改正する条例」 こちら)によれば、遭難した登山者から救助に出動したヘリの手数料を取ることになるという。会期末の3月27日に可決成立する予定で、成立すれば全国初になるという。
 手数料をとることで、無謀な登山の歯止めになることが狙いという。周知の必要があるため、施行は平成30年1月1日となる予定。
 肝心の手数料は、「知事が告示で定める額」とされているが、自民党県議団提出の骨子案では燃料代を基に計算し、おおむね「5万円」程度を想定している。
 なお、民間救助ヘリの場合、数十万円かかる


Photo_2

(※画像は埼玉県防災航空隊所属のヘリ。埼玉県公式ホームページより、転載させていただきました。)


|

« 下駄を鳴らしてヤツが逝く | トップページ | シナ空軍機が多数、宮古海峡上空を通過。海軍艦艇も動きあり。 »

埼玉県・草加市・東武沿線」カテゴリの記事