« 五月もそろそろ | トップページ | 暑い五月も、あと1日。 »

BLAME!はすごかった。

 BLAME!という映画を観た。『シドニアの騎士』のスタッフが制作しているので、まず外れは無いだろうと思っていたが、期待以上の出来だった。
 鬼才・弐瓶勉の原作漫画が描きだす、テラスケールで展開するデストピアの一端を切り取って、見事に映像化していた。サナカンが、恐ろしいほど美しかった。セイフーガード(排除系)は、悪夢に出てきそうなほど不気味だった。漬け汁先生は、出てこなかった。
 これはぜひ『ブラム学園』も映像化してもらいたいものだ!

「BLAME!」公式サイト

|

« 五月もそろそろ | トップページ | 暑い五月も、あと1日。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事