« 大荒れ8月。 | トップページ | 朝夕少し »

「Veni,Vidi,Vici」 (来た、見た、勝った!)

 人類の歴史は戦争の歴史。今日8月2日も、過去に大きな戦いがあった日である。
 紀元前338年には、アテネ・テーベ連合軍とマケドニアが激突した「カイロネイアの戦い」(マケドニア軍勝利)。
 紀元前216年には、共和制ローマとカルタゴのハンニバル将軍が戦った「カンネーの殲滅戦」(ハンニバルが両翼包囲戦術で芸術的勝利)。
 そして、紀元前47年の「ゼラの戦い」。ローマのカエサルが、ポントス王国(小アジア・アナトリアの黒海沿岸にあった、アレクサンダー大王の帝國分裂後のヘレニズム国家群の後裔)のファルナケス2世と戦い圧勝。その際、カエサルがローマの元老院に送った戦闘詳報が、上記の3語。簡潔すぎるレポートだ。

|

« 大荒れ8月。 | トップページ | 朝夕少し »

歴史・史実」カテゴリの記事