« 明日、文化の日は恒例の・・・ | トップページ | 先週の『レイダース 失われたアーク』には失望させられた。 »

『純愛偏』、意味深なタイトルだ。

 ズォーダー大帝が、やたら愛を説く変なおじさんになっていて、面食らった。

 ガトランティスには、どうもゼントラーディの要素が入っているようだ。ズォーダーが語る、彼らの悲願とやらが気になる。まさか「我らにも、文化、甦るか」とか言いださないと思うが。(エキセドルっぽい新キャラも出てきた)

 ガミラスの駐在武官という触れ込みの、クラウス・キーマン。名前の通り、この物語のガミラス側のキーマンだ。それに、どうも「あの御方」の血縁者らしい。

 古代と雪は、あの後相当バツが悪い思いをしたろうな。

 第四章『天命偏』は、来年1月27日から上映予定。今から待ち遠しい。


 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』

|

« 明日、文化の日は恒例の・・・ | トップページ | 先週の『レイダース 失われたアーク』には失望させられた。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事