« 不明空自ヘリ(UH-60J)のFDR回収。 | トップページ | 足袋でマラソンシューズ。リアル『陸王』。 »

日本海沿岸に、北の木造漁船の漂着相次ぐ。

Photo
(※画像は水産庁漁業取締船「白竜丸」。水産庁HPより、転載させていただきました)

 水産庁の取締船は、勢力の拡大と武装化が望まれる。以前、取締船に北の漁船から小銃が向けられたことがあった。敵は我が方の一番弱そうなところを狙ってくる。水産庁はウィークポイントになりかねない。要注意だ。
 日本海に面する各道府県警は、不審者の上陸に十分注意。漁師を装った北朝鮮のコマンドの可能性もある。もしまた拉致事件をおこされたら、当該県警本部長が腹を切るだけでは済まない。海保及び海自との連携も不可欠。現場レベルで、日ごろからパイプを作っておき、いざと言う時円滑な情報交換と連携ができるように。


|

« 不明空自ヘリ(UH-60J)のFDR回収。 | トップページ | 足袋でマラソンシューズ。リアル『陸王』。 »

海事・海保・海自」カテゴリの記事