« 愛を、ありがとう。Thanks a lot for your voice. | トップページ | 冬は漁船事故多し!海上保安庁「Winter Report 2017」 »

航空自衛隊救難ヘリ事故、もう一人発見。

 航空自衛隊の救難ヘリが消息を絶った事故で、新たに乗務員1名を無人機が海底で発見した模様。収容の時期は検討中の由。

詳しくはこちら→http://www.mod.go.jp/asdf/news/houdou/H29/291207.pdf

 一方、統合幕僚監部からは、シナ空軍及び海軍の動向で気になるニュース。本日13:00ごろ、海自のP3C哨戒機が、沖縄県宮古島東方110㎞の海上を北西に向け航行するシナ海軍フリゲートを発見。同艦はそのまま宮古海峡を通過し、東シナ海に入った模様。その上空では、シナ空軍機5機(Y-8哨戒機×1、H-6爆撃機×4)が、宮古海峡上空を通過している。航空自衛隊はスクランブル発進で対応したという。宮古島への自衛隊の早期展開が急がれます。

統合幕僚監部のプレスリリースはこちら→http://www.mod.go.jp/js/Press/press2017/press_pdf/p20171207_02.pdf

http://www.mod.go.jp/js/Press/press2017/press_pdf/p20171207_03.pdf


F15_with_f2
(※画像はF-15J戦闘機。後方にF-2支援戦闘機。航空自衛隊の公式サイトより、転載させていただきました)


|

« 愛を、ありがとう。Thanks a lot for your voice. | トップページ | 冬は漁船事故多し!海上保安庁「Winter Report 2017」 »

防衛省・統合幕僚監部」カテゴリの記事