« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

3月ももう終わり。

 もう1時間足らずで3月も終わりだ!嘘ではありません。エープリルフールは明日です。

|

春は別れの季節。

 春は番組改編で多くの番組が終了する。一世を風靡したアニメ『妖怪ウォッチ』も、本日めでたく最終回を迎えた。2014年の放送開始より4年超、全214話での完結である。その間、『北斗の拳』ならぬ『北斗の犬』や『孤独のグルメ』(4月6日よりSeason7放送予定)をもじった『給食のグルメ』ほか、『Xファイル』や『ムー』や『インディージョーンズ』のパロディなどやりたい放題ネタをぶち込んできたが、これにて一旦終了である。4月からは、『シャドウサイド』(こちら)が始まる予定である。そう、春は出会いの季節でもあるのだ!

|

もっと広く知られてほしい!「無期転換ルール、ご存じですか?」

 今年4月から、同一の職場で5年を超えて働く有期雇用者からの申し込み(←ここ重要)で、有期雇用を無期雇用に転換できる「無期転換ルール」(労働契約法第18条平成25年4月1日施行)が始まります。
 ところが、肝心の非正規労働者の8割以上が、制度の存在自体知らないことが、埼玉県が実施した非正規雇用者実態調査で明らかになりました。県勤労福祉課によれば、無期転換ルールを知ってると答えた非正規労働者はわずか17パーセント!PR不足としか言いようがありません。併せて有期契約への転換を希望するか尋ねたところ、6割以上が「希望する」「どちらかというと希望する」と回答したという。
 言うまでもないことだが、「権利はその上で胡坐をかくものを救わない。」5年を超えれば、自動的に無期雇用になるわけではない。労働者側から申し込む必要がある。そのためにも制度の存在そのものを、もっと周知徹底されなければならない。マスゴミも、いつまでも「モリだカケだ」とばかりやってないで、国民に役に立つ情報を流せ!

「無期転換ルール」について→http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11201250-Roudoukijunkyoku-Roudoujoukenseisakuka/0000177137.pdf

|

驚愕!埼玉県・鳩山で25度の夏日観測。

 今日は埼玉県の鳩山で最高気温が25度を記録。今年県内初の夏日となった!
 明日は、さらに各地で夏日が予想される。桜もどんどん散ってしまいそうだ。

鳩山町ホームページ→http://www.town.hatoyama.saitama.jp/

|

桜始開(さくらはじめてひらく)

 七十二候によれば、今は「桜始開」にあたるそうだ。桜の花が咲き始める季節ということなのだが、近所の桜はとっくの昔に満開である!季節がずれてしまいましたね。

 話は変わるが、岡山理科大学・獣医学科の競争率が16.24倍であったという。マスコミと野党は、散々「四国には獣医の需要はない」とか「必要のない学科を安倍総理に忖度して」とかデマを流して(←偽計業務妨害の疑い有り)いたのに、その逆風にもめげずこの倍率は凄いと思う。悪口言いまくったマスコミと野党は、全ての受験生に謝罪すべきだと思う。

詳しくはこちら→行橋市市議・小坪しんやのブログ
https://samurai20.jp/2018/03/kakegakuen/

|

何と!『ヴィンランド・サガ』がTVアニメ化。

 講談社の分厚い月刊誌「アフタヌーン」で連載中の『ヴィンラント・サガ』(原作:幸村誠)が、テレビアニメ化されるらしい。これは面白そうだ!ヨーム戦士団を始め、当時のいわゆる「ヴァイキング」の軍装や戦術を、忠実に再現してほしい。

TVアニメ『ヴィンランド・サガ』公式サイトはこちら→https://vinlandsaga.jp/

|

今週はかなり気温が上がりそう。

東京でも最高気温が25度以上の夏日になる日があるとか。熱中症に気をつけないと!
3月もあと1週間。年度末でもある。一層気を引き締めるべし。

|

アメリカ海軍駆逐艦マスティンが、南シナ海で航行の自由作戦実施。

 ロイター通信によると、米海軍駆逐艦が南シナ海スプラトリー諸島にあるミスチーフ環礁の中共埋め立て地付近12カイリ内の海域を航行する「航行の自由作戦」を実施したという。
 当該駆逐艦は、横須賀港に配備されているアーレイ・バーク級駆逐艦39番艦「マスティン」(USS-89 Mustin)であるという。

詳しくはこちら→https://jp.reuters.com/article/usa-china-southchinasea-idJPKBN1GZ1BQ

 実は、ちょうど3月11日から23日まで、海上自衛隊では米国海軍と共同巡航訓練を実施しており、南シナ海から沖縄近海までを舞台に、海自からは護衛艦「いせ」、アメリカ海軍から原子力空母「カールヴィンソン」他数隻が参加していました(こちら)。どうせなら、「いせ」も航行の自由作戦に参加すればよかったのですが。


|

まだ寒い!

 今日は暖かくなるかと思ってコートを着ないで外出したのだが、思いのほか寒くて参った。桜も咲いて、もうすぐ4月なのだが、しばらくはコートを手放せないな。

|

紫紺の新制服。

春の選抜は紫紺の優勝旗。
陸自の新制服も紫紺?!

 陸上自衛隊のプレスリリースによれば、制服を新調するとのこと。最大の変更点は、制服の色。なんと、紫紺だという。緑系統の方が、陸自っぽいと思うけどな。

詳しくはこちら→http://www.mod.go.jp/gsdf/news/press/2018/pdf/20180322.pdf

|

メガロード1が、プロトカルチャーの濫觴なのだろうか?

 今日は春分の日なのに雪が降った。箱根では猛吹雪だった模様。桜に雪とは、風流を通り越しているsnow

 さて、先日『マクロスΔ 激情のワルキューレ』という映画を劇場で観てきた(こちら)。細かい話はネタバレになるので割愛するが、ぎゅっと引き締まった良い映画だった。(裏を返せば、2時間で収まる話をテレビは26話かけてダラダラ…もとい、じっくりやっていたわけだ)
 さて、このマクロスΔには、ケイオスという民間軍事プロバイダー(正確には汎銀河複合企業の軍事部門)が出てくる。民間軍事会社自体は、前シリーズ『マクロスF』にも出てきたので珍しくはないが、そこに戦術音楽ユニットとしてワルキューレがでてくるところが、デルタの特徴である。これを企画したのが、レディーMという人物だが、これが劇場版でもテレビ版でも一度も顔を出さず、正体不明のまま。特定の個人を指すのかも不明で、複数の人物グループの可能性もある。で、問題は「M」である。このMが何を、あるいはだれを指すのか?マクロスシリーズでMといえば、真っ先に想定されるのは、ミンメイ(リン・ミンメイ)のMである。実際、『マクロス7』では、歌で戦争を止めたミンメイの故事に倣ってプロジェクトM(後に、サウンドフォースに結実)というものがあった。そのため、「ひょっとして、レディーMはリン・ミンメイではないか?」という考えが当然出てくる。一方、一条未沙(旧姓:早瀬)ではということも考えられる。一体どっちだろう?
 ミンメイと未沙、二人は第1次長距離移民船団メガロード01で銀河の旅路に出た途中、2016年7月(←突っ込まないように!そう言う設定なのだ)に消息を絶ってしまう。「未知の歌声に魅かれて超空間へ転移したのでは?」ともいわれるが真相は不明。公式には「現在も航行中」ということになっている。
 そのメガロード01からのものと思われる通信波が亜空間から観測され、そのころからレディーMの活動が始まったと、テレビ版ではケイオスの商売敵が話していたが、噂話の類でそちらも詳細不明である。今後、更なる「続編」や『新シリーズ』がもしあるなら、このレディーMがキーになるかもしれません。

 で、ここから先は完全に個人的な妄想なのだが・・・行方不明のメガロード01船団は、未知の次元断層だか超亜空間だかに巻き込まれて、数十万年前(百万年以上前?)の超過去にタイムスリップしてしまったのではないだろうか?
 当然、銀河の位置はずいぶん違っていただろう(銀河そのものが、宇宙の膨張で超高速で移動しているため)。長時間(何世代)かけて手近な星雲(数十万年前の天の川銀河)にたどり着き、あちこちの恒星系に植民して一大恒星間文明圏を築いた・・・それがプロトカルチャーの正体ではないだろうか?プロトカルチャーによってつくられた闘う巨人族であるゼントラーディは、最初から箱船に乗っていたということになるだろう。「星の歌い手」は、リン・ミンメイ(あるいはその子孫)かもしれない(4人いたようだ)。

 実はとんでもないタイムパラドックスなのではないか、このマクロスというサーガは?というようなことを、今夢想している。


 Photo


|

明日は関東でも雪か?

 三井造船のプレスリリース(こちら)によれば、潜水艦救難「ちよだ」の引渡式・自衛艦旗授与式は、本日めでたく予定通りに実施されたそうです。

 さて、今日はぐずついた天気でしたが、明日は季節も一気に冬へ逆戻りで関東でも雪が降りそうだと!困るな、せっかくの休日が…bearing

|

明日は潜水艦救難「ちよだ」の引渡式・自衛艦旗授与式。

 海上自衛隊によれば、明日3月20日10:00から、三井造船株式会社・玉野事業所において、潜水艦救難艦「ちよだ」(ASR-404)の引渡式・自衛艦旗授与式が挙行されるという。
 
 詳しくはこちら→http://www.mod.go.jp/msdf/release/201803/20180313-03.pdf

 来るものあれば去るものあり。新造艦「ちよだ」の就役と入れ替わりに、先代の潜水艦救難母艦「ちよだ」(AS-405)は退役の予定である。昭和60年3月就役の大ベテラン。潜水艦隊を陰で支えた殊勲艦だ。


|

平成29年度防衛大学校卒業式。

 今日は防大の卒業式だったそうで、お祝いに空自のブルーインパルスこちら)も展開したようです。

詳しくはこちら→http://www.mod.go.jp/j/profile/minister/photo/2018/03.html#photo_0318

 明日から天気が崩れそうで、21日の春分の日もあいにく雨みたいです。気温も下がるし、関東でもまた雪が降るかもしれないという不吉な予報も。寒いの嫌だなbearing

Blue_impulse_01
(※画像はブルーインパルスが使用するT-4練習機のアップ。航空自衛隊の公式ホームページより、転載させていただきました)


|

サクラサク

 東京で桜が開花したという。予想では18日だったが、1日早くなった。これでは、入学式の頃にはサクラチルになりそう。

|

とうとう、本当に来たのか?

 今日はどうにも目がかゆいし鼻の調子もおかしい。これはついにというか今更というか、花粉症になってしまったのだろうか?もう、どうにも調子が出ない。
 今日は16日。3月も折り返しである。年度末まで実質2週間、気を引き締めていくべきところ、目と鼻をやられるとはきつい!

|

新造艦ラッシュ!明日は掃海艦「ひらど」引渡式・自衛艦旗授与式

 海上自衛隊のプレスリリースによれば、明日ジャパンマリンユナイテッド横浜事業所・鶴見工場において、「あわじ型」掃海艦2番艦「ひらど」(MSO-305)の引渡式・自衛艦旗授与式が挙行される予定。

詳しくはこちら→http://www.mod.go.jp/msdf/release/201803/20180306-01.pdf

 ここのところ、新造艦の引渡式・自衛艦旗授与式が連続している。来週3月20日(火)には、潜水艦救難艦「ちよだ」(ASR-404)の引渡式・自衛艦旗授与式が控えている。こちらも楽しみだ。


Mso304_awaji
(※画像はあわじ型掃海艦1番艦「あわじ」。海上自衛隊のホームページより、転載させていただきました)


|

海難犠牲者1071人。1987年以降最少!

 海上保安庁によると、昨年平成29年の海難事故による死者・行方不明者は1071人。一昨年(平成28年)より21人少なく、また統計を取りだした1987年以降でも最少を記録したという。
 昨年は冷夏気味で、海水浴やレジャーボートで遊ぶ人が少なかったことが、犠牲者の減少につながったとみられる。

(それでも、年間1000人以上の犠牲…少なくないな)

|

梅は咲いたか、桜はまだかいな

 今年の桜に開花は、平年より1週間ぐらい早まりそうだという。
 東京では、開花が18日で25日にはもう満開という予想も。ああ、春が待ち遠しいcherryblossom

(18日はパラリンピックの終了とロシア大統領選挙の日。アメリカ合衆国による北朝鮮攻撃があるとすれば、18日以降と思われる。のんびり花見とはいかないかもしれないな。)

|

尖閣諸島を擁する沖縄県・石垣市の市長選で、現職が三選を果たす。

 沖縄県・石垣市の市長選で、現職の中山義隆氏(50)が三選を果たしたそうです。
 今回の市長選は、保守陣営が現職の中山氏と新人の砂川候補に分裂し、野党候補が漁夫の利を得るかもしれないと危惧されたのですが、結果を見ると砂川候補はむしろ野党表を喰った模様である。なにしろ、野党側のお株を奪うような選挙戦を展開したので。まさか、野党票を切り崩すために、わざと分裂選挙にしたのだろうか?
 しかし、県内11市長のうち、9人が反翁長勢とは呆れる。菅長官の言葉じゃないが、これのどこが「オール沖縄」なんだろう?こりゃ、沖縄県知事選が楽しみだhappy01

詳しくはこちら→八重山日報

|

いよいよ明日!潜水艦「せいりゅう」引渡式・自衛艦旗授与式挙行!

 海上自衛隊の「そうりゅう」型潜水艦の9番艦にあたる「せいりゅう」(SS-509)の引渡式・自衛艦旗授与式が、明日12日11:00より、三菱重工・神戸造船所で挙行される予定である。「せいりゅう」は就役後、横須賀の第2潜水隊群に配備される予定。

詳しくはこちら→http://www.mod.go.jp/msdf/release/201802/20180227-03.pdf

501_04l_souryu
(※画像はそうりゅう型潜水艦1番艦「そうりゅう」。海上自衛隊の公式ホームページより、転載させていただきました)

|

今日は何の日?「奉天会戦勝利」明治三十八年三月十日。

 日露戦争陸戦のハイライトとなった、奉天会戦。戦闘の詳細は、日本人なら当然知ってるはずなので割愛するが、日本軍24万対ロシア軍36万が激突した、一大ページェントだった。これ程の大会戦は、ナポレオン戦争以来で、以後第1次大戦まで無い(わずか10年だが)。すごい話だ。

|

熊谷6人殺害事件、被告に死刑判決。

 平成27年9月に発生した、熊谷6人殺害事件で、さいたま地裁は強盗殺人罪に問われたペルー人、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告に対し、検察の求刑通り「死刑」を言い渡した。弁護側は、即日控訴した。

 まあ、当然の判決だが…今後、東京高裁での控訴審がどうなるか分からん。

|

冷たい雨の1日

 朝から冷たい雨。また、体調崩しそう。早く、暖かい春にならないかなrain

|

北島三郎さんの次男が、大地土子さんだったのか。

 北島三郎さんの次男である大野誠さん(51)が、お亡くなりになっていたそうです。急なことで、北島さんもさぞやショックなことでしょう。謹んでご冥福をお祈りするとともに、親族友人関係者各位にお悔やみ申し上げます。
 大野さんは、「大地土子」(だいち とこ)名義で、『おじゃる丸』の主題歌を手掛け、父親である北島三郎さんが熱唱していたのですが…若いのに、もったいないことです。

|

いよいよ明日!護衛艦「あさひ」引渡式・自衛艦旗授与式。

 海上自衛隊のプレスリリースによると、最新鋭汎用護衛艦「あさひ」型のネームシップたる1番艦「あさひ」(DD-119)の引渡式・自衛艦旗授与式が、三菱重工・長崎造船所で挙行される。
 「あさひ」は基準排水量5100トン、全長151m、最大幅18.3m、機関COGLAG、最大速力30節。前型の「あきづき」が対空戦闘重視であったのに対し、従来の対潜重視に回帰する一方、機関はCOGAGからCOGLAGになっている。

詳しくはこちら→http://www.mod.go.jp/msdf/release/201802/20180227-04.pdf

|

「不要不急の外出は控えてください」・・・俺はシカ狩りに行くけどね。

 3月1日、NHK室蘭放送局・苫小牧の横山寛生記者が、鹿狩りに行って猛吹雪で遭難、救助に行ったロードサービスも雪で身動きできなくなり、1名が死亡した。当時、数年に一度の荒天だった(NHKニュース)。
 陸上自衛隊では、3月2日00:00に北海道知事より災害派遣の要請を受け、北部方面隊・第7師団(機甲師団)より、隷下の第71連隊(北千歳)73連隊(南恵庭)から活動部隊として人員25名・車両5両を動員して捜索した結果、03:35に要救助者を発見、06:00に撤収した。

詳しくはこちら→http://www.mod.go.jp/j/press/news/2018/03/02b.html

Photo
(※画像は第71戦車連隊。陸上自衛隊・第7機甲師団のHPより、転載させていただきました)


Photo_2
(※画像は第73戦車連隊。第7師団のHPより、転載させていただきました)

|

今日は暑かったね。

 妙な陽気だね。明日も気温高そうだが、水曜あたり寒さが戻るらしい。最低気温との温度差も大きい。体調管理に気をつけないと、インフルエンザにかかりそうだ。

|

実写版「いぬやしき」を観るべきか否か。

 ミヤノ役を宮根誠司氏が演じるなら、観に行ってみようかと思う。

|

「明治の歩みと海国の誕生」~明治150年記念展示始まる。

 海上保安庁の海洋情報資料館(国土交通省青海総合庁舎1階 ゆりかもめ・テレコムセンター駅下車)にて、「明治の歩みと海国の誕生」展が開かれている。
 期間は、3月2日から5月30日まで。開館日は、日曜、月曜、水曜、金曜なので注意。
 開館時間は10:00~17:00。入場無料。

詳しくはこちら→http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h30/k20180226/k180226-1.pdf


Photo


|

あっという間の春の嵐。

 朝方、凄い雨と風だったが、あっという間に収まった。よかった。

|

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »