« とうとう犠牲者100人を超える。「国土強靭化」はどこへ行った?! | トップページ | 犠牲者が200人を超えるのは避けられないのか・・・予備役動員も。 »

平成27年度護衛艦(8200トン型)の命名・進水式のお知らせ。

 海上幕僚監部からのプレスリリースによると、来る7月30日(月)15:15より、ジャパンマリンユナイテッド株式会社横浜事業所・磯子工場において、平成27年度護衛艦の命名・進水式が執り行われます。
 新造艦はイージス武器システム搭載ミサイル護衛艦(DDG)。基準排水量8200トン。イージス艦としては、初代こんごう型(基準排水量7250トン)、二代目あたご型(同7750トン)に次ぐ三代目。排水量の増大、機関はCOGLAG(ガスタービン・エレクトリックガスタービン複合推進方式)を採用し、NIFC-CACEC(共同交戦能力)を装備する。2020年3月就役予定。


詳しくはこちら→http://www.mod.go.jp/msdf/release/201807/20180710.pdf

 気になる艦名ですが・・・

こんごう型
  こんごう (DDG173)←帝國海軍戦艦・金剛
  きりしま (DDG174)← 戦艦・霧島(金剛型)
  みょうこう(DDG175)←重巡・妙高(妙高型)
  ちょうかい(DDG176)←重巡・鳥海(高雄型)

あたご型
  あたご (DDG177)←重巡・愛宕(高雄型)
  あしがら(DDG178)←重巡・足柄(妙高型)

 以上のように命名されてきたので、今度は「たかお」か「まや」ではないかと思うのですが如何に?


Photo_2
(「まや」と命名の暁には、ぜひ「こんごう」と戦隊を組んでもらいたい)


|

« とうとう犠牲者100人を超える。「国土強靭化」はどこへ行った?! | トップページ | 犠牲者が200人を超えるのは避けられないのか・・・予備役動員も。 »

海事・海保・海自」カテゴリの記事