« 北海道胆振東部地震 | トップページ | 続く余震。明日からは雨も。 »

地震でブラックアウト!消費税増税は、もう絶対許されない!!

 北海道胆振東部地震で亡くなられた方にはご冥福を、遺族の方々には心からお悔やみ申し上げます。

 懸命に行方不明者の捜索に従事されている警察、消防、自衛隊、地元消防団や自治体職員などの皆様、くれぐれも二次災害等に巻き込まれることのないよう、十分に注意して作業をお願いします。

 さて、今年はほとんど毎月のように地震、大雪、記録的豪雨、殺人的酷暑、超大型台風上陸、そして今回の北海道胆振東部地震と、大災害や異常気象が続出しています。この状態で、消費税増税など言語道断!復興国債を出して、大規模な財政出動による速やかな復旧作業と、今後に備えた継続的な国土強靭化が、もはや待った無しです。増税そのものが目的化した財務省の狂人化に付き合ってはいられません。原発の再稼働も、急がないと。

 ところで、犠牲者が出た上に、まだ行方不明者が相当数居られる状況で「不幸中の幸い」という言葉はあまり使いたくないのですが、この大停電が厳冬期でなかったのは僥倖であったと思います。
 北海道では平成24年の11月27日~28日の暴風雪で送電用鉄塔が倒れるなどして、一時56,000戸が停電するという事例が過去にありました。(詳細はこちら
 その時、電気によるエアコン暖房はもちろん、ガスや石油(燈油)ストーブもファン方式のものは全て使えず、家庭用ガスコンロ(ジンギスカンや鍋用)が唯一の暖房器兼調理器だった所も少なくなかったとか。また、アラジンの石油ストーブみたいな電気を使わない暖房器が見直されたということです。その体験から、非常用の燃料や暖房照明用機器の準備をしていた家庭も多かったと思いますが、もし厳冬期に全道一斉のブラックアウトになっていたら、個人や家庭レベルのささやかな備えでは耐えられなかったかもしれません。まさか日本で大量凍死者が出るなんてことになっていたら・・・恐ろしいことです。北海道だけでなく、国を挙げての対策が必要。その財源確保のためにも、復興国債発行と消費税増税の凍結、出来れば5%に消費税を引き下げるべきです。

 財務省に殺されるなんて、まっぴらごめんだ!


Photo
(うちにも昔ありましたこういうの!こういうアナログな装備が、極限状態でも頼もしく作動してくれる。寒冷地では命の綱にもなる)

アラジンの公式サイトはこちら→https://aladdin-aic.com/product/bf

※発電機はガソリンよりディーゼル発電機を!ガソリン式は一酸化炭素が出るため室内での使用は危険!ディーゼルは一酸化炭素が出ないのでその分安心だ!

|

« 北海道胆振東部地震 | トップページ | 続く余震。明日からは雨も。 »

ニュース」カテゴリの記事