« 政令第百四十三号 「元号を改める政令」 | トップページ | 早くも新元号詐欺が発生!要注意。 »

海上保安庁救急員制度、創設さる!

 海上保安庁では、洋上における傷病者の支援体制を強化するため、平成31年4月1日より「海上保安庁救急員制度」を創設し、都道府県消防学校にて救急業務の研修を修了した海上保安官を「救急員」に指名し、消防救急員と同等の応急処置を可能とする。

 海上保安庁では、過去5年間に3711件の海難に出動し、1265名を救助した実績あり。

 従来、救急救命士のみが救急救命処置を行えたが、今後は救急員が応急処置を行うことで、より充実した傷病者支援が期待できるという。これは朗報!関係各位の奮励努力に期待します。

 

詳しくはこちら→https://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h31/k20190401/k190401.pdf

 

|

« 政令第百四十三号 「元号を改める政令」 | トップページ | 早くも新元号詐欺が発生!要注意。 »

海事・海保・海自」カテゴリの記事