« 今日は「海上保安の日」 | トップページ | 奄美地方が梅雨入りだそうで。 »

ホルムズ海峡危機

Photo_32

(ホルムズ海峡周辺模式図。中央やや下が、ファジャイラ)

 外電によれば、5月12日朝(日本時間では同日午前)、ホルムズ海峡に近いアラブ首長国連邦東部のファジャイラ沖EEZ内で、サウジ船籍のタンカーが「妨害攻撃」を受けたという。船体にかなりのダメージがあったらしいが、今の時点で大規模な原油流出はない模様。攻撃を行ったのは誰か、攻撃手段等現時点で詳細は不明である。気になるニュースだ。

 ファジャイラはかつて、自衛隊インド洋派遣(平成13年~22年)の際、派遣部隊の拠点に選ばれたこともある、日本にとっても因縁浅からぬ地である。

|

« 今日は「海上保安の日」 | トップページ | 奄美地方が梅雨入りだそうで。 »

ニュース」カテゴリの記事

海事・海保・海自」カテゴリの記事

防衛省・統合幕僚監部」カテゴリの記事