« 日本人なら誰でも知っている。今日が何の日か。(明治三十八年五月二十七日) | トップページ | 銚子沖事故の続報 »

千葉県犬吠埼沖、沈船より行方不明者1名発見。

Pm51katori

(第三管区・銚子海上保安部所属の巡視船「かとり」。出典:銚子海上保安部ホームページ

 

 26日未明、千葉県銚子市・犬吠埼沖で衝突し沈没した民間船、「千勝丸」(499トン、5人乗り)で行方不明だった3人のうち1名が、船内から発見されたという。意識不明で重体という情報も。

 同船は、犬吠埼南方約11~12キロの海底約30メートルに、右舷を上にして横転状態で沈底している。船内から打音が聞こえたため、生存者ありとみて捜索が行われていた。また、第三管区海上保安本部長より、海上自衛隊・自衛艦隊司令官に対し災害派遣の要請があり、潜水艦救難艦「ちよだ」(ASR-404)が支援のため出動している。

詳しくはこちら→千葉県銚子市犬吠埼沖における船舶衝突事故に伴う行方不明者救助に係る災害派遣について

https://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/05/28d.pdf

Asr404-chiyoda

(潜水艦救難艦「ちよだ」。出典:海上自衛隊オフィシャルサイト

 

 一方、国賓として来日中のドナルド・トランプ米国大統領が、安倍総理と共に横須賀基地の護衛艦「かが」(DDH-184)を視察した。両首脳はそれぞれ専用ヘリで「かが」に着艦。飛行甲板からエレベーターで格納庫へ降り、整列して待ち受ける海上自衛隊及び在日米軍将兵に対し訓示を行った。現職の米国大統領が、海上自衛隊の護衛艦を訪れるのは初めてだという。

Ddh184-kaga

(ヘリコプター護衛艦「かが」。出典:海上自衛隊オフィシャルサイト

 

|

« 日本人なら誰でも知っている。今日が何の日か。(明治三十八年五月二十七日) | トップページ | 銚子沖事故の続報 »

海事・海保・海自」カテゴリの記事