« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

後半に本気出す

まだ、6カ月ある…はずだ。

Photo_20190630222201

|

7月1日は「世界航路標識の日」~創設記念イベントの開催~

Photo_20190629215801

 来る7月1日は、「世界航路標識の日」です。

 そもそも、「世界航路標識の日」とは何か?

以下、引用

世界航路標識の日は、平成30年5月29日に国際航路標識協会(IALA)総会において、航路標識の重要性や公的役割の認知度を世界中の多くの人々に普及させることを目的として、IALAの設立日でもある7月1日を「世界航路標識の日」として承認されたものです。

以上、引用終わり。

 海上保安庁では、創設記念イベントとして、オリジナルポストカードを200名様にプレゼント。また写真パネル展を中央合同庁舎3号館1回展示コーナーで行います。

プレゼントの応募方法等、詳しいことはこちら→https://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/r1/k20190619/k190619-2.pdf

 

※国際航路標識協会(IALA)とは、1957 年に設立された世界各国の航路標識関連機関等からなる国際的機関で、世界の航路標識の改善、統一及び調和により、海洋環境を保護しつつ船舶の安全で経済的かつ能率的な運航に寄与することを目的とする。

|

台風3号通過

台風3号通過。今のところ、大きな被害が出たという報道は無いようだ。ただ、土砂崩れや急な出水の可能性はまだあるので、要注意だ。

|

台風の時の「ちょっと見てくる」←死亡フラグ

 どうして台風や大雨の時、田圃や裏山を見に行ったりするんだろう?毎回それで、大水に流されたり高波にのまれたり、山崩れに巻き込まれる犠牲者が後を絶たないのに。

Photo_20190627225601

行くなー!」

|

令和初!台風3号来襲。

こんな令和初は御免だ。

初被害、初犠牲者が出ないことを願う。早め早めの避難・対策を。

|

掃海艇「のとじま」と貨物船「ジェイケイⅢ」が瀬戸内海で衝突。

Msc682-notojima

(画像は航走中の掃海艇「のとじま」。出典:海上自衛隊オフィシャルサイト

 6月26日23:59頃、広島県尾道市高根島沖約1.5キロの瀬戸内海で、海上自衛隊の掃海艇「のとじま」(MSC682 基準排水量510㌧ 「すがしま」型2番艇)と、北九州市の旭洋海運株式会社所有の貨物船「ジェイケイⅢ」(699総㌧ 画像こちら)が衝突した。

 「のとじま」は右舷後方に損傷、「ジェイケイⅢ」は船首左舷側に損傷。双方乗組員にけがはなく、沈没の危険も油の流出も今のところない模様。詳細はまだ不明です。

Photo_20190627085401

現在入っている情報をもとに作成した簡単な模式図。まだ詳細不明だが、「のとじま」の右後方から「ジェイケイⅢ」がぶつかったような気がします。

https://www.mod.go.jp/msdf/release/201906/20190627-01.pdf

|

海上自衛隊の護衛艦と海上保安庁の巡視船が、ブルネイ沖で合同訓練実施。

Plh02-tsugaru

(巡視船「つがる」。出典:第1管区海上保安本部公式サイト

 6月26日、海上自衛隊の護衛艦「いずも」「むらさめ」「あけぼの」と、海上保安庁の巡視船「つがる」が、ブルネイ沖で合同訓練を実施しました。

 海上自衛隊の護衛艦は、平成31年度インド太平洋方面派遣訓練部隊として派遣中。巡視船「つがる」は、海賊対策等でブルネイ・ダルサラーム国及びフィリピン共和国に派遣されていたもの。海自と海保の連携を図ることが目的です。

詳細はこちら→https://www.mod.go.jp/msdf/release/201906/20190626.pdf

                    https://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/post-644.html

Ddh183-izumo

(ヘリコプター護衛艦「いずも」。出典:海上自衛隊オフィシャルサイト

|

戦慄!四尾連湖の「牛鬼伝説」 (ドロドロドロ)

Photo_20190625223901

(標高850m、周囲1.2kmの山上湖。山梨県西八代郡市川三郷町

 

 四尾連湖は、本栖湖の北西に位置する小さなカルデラ湖。江戸時代には「富士八海」の一つに数えられた、紅葉の名所。

 この湖には、不思議な伝承がある。今から三、四百年前のこと。二人の兄弟づれの侍が湖に住む怪牛(牛鬼)を射止め、兄弟も犠牲になったという。以来、丑三つ時に湖面に牛鬼の姿が現われるとか現れないとか……

(市川三郷町の観光案内・こちら

 

Photo_20190625224002

上記の画像は、某年某月某日、四尾連湖畔のキャンプ場付近で目撃された、謎のシルエット(画像右側)である。角のようなものが二本、確認できる。噂の牛鬼だろうか?!(背景は森林、左側は目撃者の女性の後ろ姿である。)

なお、目撃者によると、「ヴええええええええ、おおおええええええ」という、この世のものとも思えない不気味な音(鳴き声?)が聞こえたという。

 

上記の目撃談をもとに、作成された影の正体、その想像図がこれである。

Photo_20190625224001

恐るべき、異形の姿!牛鬼にふさわしい。

果たして、伝説の牛鬼は存在するのだろうか?謎は深まるばかりである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_20190625224003

飲み過ぎ注意!マナーを守って楽しいキャンプ)

 

|

きみと、波にのれたら

Photo_20190624231401

 映画『きみと、波にのれたら』の感想。

 一言でいえば、「夏らしい映画」かな。梅雨のじとじと気分を吹き飛ばしたい方にはお勧めです。

 前半部分は、主人公カップルのイチャラブぶりが続きます。人によっては「罰ゲームかよ?!」と思うかもしれませんが、我慢してください。そのイチャラブさが強いほど、その後の衝撃ゴホゴホ(以下、重大なネタバレになるので自粛)

 クライマックスのスペクタルシーンは見ものです。ぜひ、ハリウッドにCGなしで実写化してほしいです。

 全体的な評価としては、同時期に公開された『ガールズ&パンツアー 最終章第2話』には、遠く及びませんね。

|

欲望の河を渡れ!

 「さらざんまい」の最終皿(回)は、フィナーレにふさわしい出来だった。感動的ですらあった。

 ただ、解けない謎も多い。

Photo_20190624015701

 カワウソは自分のことを「概念」と言っていたが、あれはどういう意味なのか?

 すでに絶滅したと推定される、二ホンカワウソなので、実在しない概念だけということなのだろうか?よく分からん。

Photo_20190624020101

 最後は崩壊して消滅した。彼の『帝国』も、一緒に消滅したのだろうか?帝国を名乗る割に、皇帝も臣民も居ないようだったが、あれはどうなっていたのだろう?

 

 過去の作品では、『輪るピングドラム』は地下鉄サリン事件、『ユリ熊嵐』は三毛羆事件がモチーフともいわれているが、「さらざんまい」も何か過去の事件とかかわりがあるのだろうか?

 

 カッパ王国は、戴冠したケッピとサラによって、再興されるのだろうか?

 

 まだまだ謎が多い作品。「次」の展開があるのかどうか……

 

Photo_20190624021001

「欲望の河を渡れ!!」

 

Photo_20190624220401

 

Photo_20190624230201

つながるその先は、未来へ……

 

|

6月も残り1週間。

早いもので、今年ももうすぐ半分終わってしまいます。

 

さて、今日は「慰霊の日」。昭和二十年の六月二十三日に沖縄守備隊の牛島司令官が自決し、沖縄戦で日本軍の組織的抵抗が終了した日とされる。(自決は22日という異説もあり、以前は6月22日を記念としていた)

大切な慰霊の日を、政治集会化する愚か者が、静寂であるべき祈りの空間で騒擾を起こす。何という醜さ、何という愚劣さだ。

|

領空侵犯やら山林火災やら

多事多端

ロシア機による領空侵犯、大阪G20を前にプーチンが何かアピールしたいのか?

高知県安芸郡北川村で発生した山林火災で災害派遣が実施されていましたが、こちらは爾後自治体で対応可能ということで撤収要請が高知県知事から出され、終了したそうです。対応された自衛隊員の皆様、ありがとうございました。

https://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/06/22a.pdf

|

「本能寺の変」から437年

 西暦では1582年6月21日、日本の暦では天正十年六月二日。明智光秀が織田信長を京都本能寺で討った、「本能寺の変」が起こった。今だ謎深き事件である。

(だからどうしたといわれても困る)

|

もうすぐ、最終皿(最終回)

Photo_20190620235101

幾原監督の謎アニメ、「さらざんまい」も今宵ついに最終皿(回)!正直、どうけりをつけるつもりか、想像もつかない。

括目して待て!!

 

 

Photo_20190620233001

(かわうそつながりで)

|

「自然災害伝承碑」 新しい地図記号。

Photo_47

 新しい地図記号である「自然災害伝承碑」。過去に大規模自然災害が発生した歴史的事実を後世に残す記念碑。これは、先人たちが残してくれた大事なメッセージです。その存在を地図で確認(こちら)することで、過去そこで地震や水害、津波などが発生した事実を知ることで、将来の災害への備えに役立てることができます。

国土地理院のプレスリリース→https://www.gsi.go.jp/bousaichiri/bousaichiri190619_00002.html

 

Photo_48

昨日発生した山形県沖地震。幸い死者は出なかったようだが、屋根瓦が落ちたり壁が壊れたり土砂崩れが起こるなど、被害はけして小さくなかった。その上今は梅雨。現地では雨で、土砂災害などが懸念されます。厳重注意が必要。

|

関西テレビはなぜ容疑者の父親に独占インタビューを試みないのだろう?

相手は自社の常務取締役。スクープ独占のチャンスなのに、何やってるんだ!

系列のフジテレビも取材に行けよ!!職務怠慢を、株主総会で追及されるぞ!

普段は事件が起これば取材と称して関係者宅や勤務先にも押しかけ、平気で他人の生活に土足で踏み込むくせに。先月起きた、滋賀県大津市の交通事故で、泣き崩れる保育園長に執拗にインタビューを続けた、あの「ジャーナリスト魂」はどこへ行った?

|

味皇さまッ!!

ミスター味っ子』の味皇役で有名なベテラン声優、藤本譲(ふじもと ゆずる 本名:藤本泰譲)様が、今月10日にお亡くなりになったそうです。数年前から体調不良で加療中でしたが、心不全で。享年83歳。謹んで、ご冥福お祈りします。

Photo_46

(御言葉、しかと肝に銘じます。どうか安らかに)

|

交番襲撃事件 容疑者逮捕

容疑者が捕まったそうです。強奪した拳銃も、所持していたとのことです。(弾丸5発中、1発は発射されたかもしれないとのこと)

これで学校等の休みは無しですかね。

ともあれ、事件発生から約1日で逮捕。長期化しなくてよかったです。

 

|

交番襲撃、恐ろしい。

警官が装備する防刃ベスト、形状や材質について再検討が必要かも。

|

朝から雨

梅雨だからね。

 

Photo_45

|

今度は「吸着式機雷」(limpet mine)という話も出てきた。

 オマーン湾のホルムズ海峡付近で発生したタンカー攻撃。うち、1隻に関して運行していた国華産業の記者会見では「砲撃された」という話だったが、米国のミサイル駆逐艦「ベインブリッジ」(USS Bainbridge DDG-96 アーレイバーク級イージスミサイル駆逐艦46番艦)のダイバーが、攻撃された「コクカ・カレイジャス」号から不発の「吸着式機雷」を発見したと、外電が伝えている。

記事全文はこちら→https://www.businessinsider.com/us-navy-finds-mine-possibly-pointing-to-iran-tanker-attack-2019-6

 この吸着式機雷というものは、ダイバーが海中から目標となる艦船の船底に吸着させ、一定の条件で爆発させる(無線等による遠隔操作、時限式、あるいは目標船舶が出航後に機雷の外部カバーが外れて小型のスクリュウプロペラが露出し一定の回転数に達すると自爆する等)ものだという。海賊風情が扱えるものではない。しかし、公表された写真だと、船底ではなく喫水線よりかなり上の船体側面に、ドイツ国防軍の対戦車用吸着地雷(下図)みたいなものが張り付いているように見える。一体これはなんだろう?気になるのは、国華産業の会見で「飛翔物を見た」という証言が、当該船の乗組員よりあったという点。その証言が正しければ、機雷ではなく艦載火砲かロケット弾あるいはミサイルで攻撃されたということになるのだが?

 国華産業の記者会見では確か3時間の時間差を置いて2回攻撃されたらしいのだが、あるいは最初の攻撃が船底部にセットされた吸着式機雷の爆発で、その後とどめを刺すために小型船か何かで近づいて船体側面に対艦攻撃用の吸着爆雷を撃ち込んできたのだろうか(「飛翔体を見た」という証言)?現状では詳しい攻撃方法も、攻撃者の正体も判然としない。より詳しい続報が待たれる。

Haftholladung

ドイツ国防軍の対戦車(装甲)用吸着地雷 Haftholladung 。第二次大戦中に使われた、個人用対戦車兵器である。敵戦車に肉薄し、下部の磁石部分を敵装甲に吸着させ起爆する。

 

 

|

雷撃ではなく砲撃か?

 オマーン湾の件で、攻撃を受けたタンカーを運行する会社が記者会見を行っていた。どうも雷撃や触雷ではなく砲撃を受けたらしい。

 会見したのは国華産業。同社が運航するケミカルタンカーの「コクカ・カレイジャス」号(パナマ船籍)が砲撃されたという。攻撃は3時間の時間差をおいて2回行われたという情報もあった。ただ、現状ではまだ攻撃を行ったのが誰かや詳しい攻撃の様子など不明。さらなる続報が待たれる。

(もう1隻は、「フロント・アルタイル」号というらしい。そちらは「炎上中」という情報も)

|

速報:オマーン湾で日本向けタンカー2隻が攻撃される。機雷か魚雷か?

Lutinebell

 本日午前11時40分ごろ、オマーン湾のホルムズ海峡付近で、日本向けの石油タンカー及びケミカルタンカーが攻撃され炎上中らしい。魚雷攻撃を受けたか、機雷に触雷したらしいという情報が入ってきた。まだ詳細は不明だが、船員は退船して無事だという。

 タンカーは1隻はパナマ船籍、もう1隻はマーシャル諸島船籍だが、うち1隻は日本の「国華産業」所属の船との情報もある。いわゆる便宜置籍船らしい。(パナマ、マーシャル諸島、リベリア船籍の船で世界の4割というデータも)

 安倍総理がイランに訪問した、この時期を狙ったのか?

 もし、ホルムズ海峡に機雷が敷設されるか、浮遊機雷が散布されたとしたら一大事だ!最悪の場合、船舶保険費が急騰して船主も荷主も負担できなくなるか、船員組合が乗船拒否して海上輸送が麻痺しかねない。

Photo_44

(現場はオマーン湾のホルムズ海峡付近)

 

|

巡視船「つがる」をブルネイ、フィリピンへ派遣。インド太平洋海域の法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序の維持・強化を目指して

Plh02_tsugaru

(巡視船「つがる」。出典:海上保安庁・第1管区海上保安本部公式サイト

 海上保安庁は、東南アジア周辺海域等における海賊対策及び日本・フィリピン・インドネシア三国合同排出油防除訓練実施のため、第1管区・函館海上保安部所属の巡視船「つがる」(PLH02)を、ブルネイ及びフィリピンに派遣するそうです。

 6月17日(月)に函館港を出港し、ブルネイ及びフィリピンを歴訪し、7月14日(日)に帰港の予定です。

詳細はこちら→https://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/r1/k20190610/k190610-1.pdf

|

シナ空母が宮古海峡通過。領海侵犯は無し。

 統幕の報道資料(こちら)によると、10日(月)07:00ごろ、沖縄県の久米島(沖縄諸島最西端、沖縄本島西約100キロ)北西約270キロの海上を南東進するシナ海軍ミサイル駆逐艦1隻、及び最新鋭の高速戦闘支援艦(fast combat support ship)「フユ級」1隻を確認。更に、同日21:00ごろ、同じく久米島北西約350キロの海上で、空母「遼寧」及びミサイル駆逐艦1隻、フリゲート2隻を発見。これら6隻が洋上で合同の上、本日午前宮古海峡を通過し、太平洋へ南下したという。

 原潜の随伴についてはなんのコメントもありませんので不明ですが、空母1隻を中心にミサイル駆逐艦とフリゲート、それに高速戦闘支援艦を伴う空母機動隊一式揃ってます。「フユ級高速戦闘支援艦」は、海上自衛隊初見参らしい。領海侵犯はなかったとはいえ、こんなもの宮古海峡に送り込むなんて!これはぜひお返しに、現在インド洋方面に訓練のため派遣中(IPD19)のヘリコプター護衛艦「いずも」(DDH183)、護衛艦「むらさめ」(DD101)に、台湾海峡を通過してもらいたいですね。

183_04l-izumo

(ヘリコプター護衛艦「いずも」。画像の出典:海上自衛隊オフィシャルサイト

 

 

 

 

 

(そうそう、台湾と言えば、トランプ政権はいつの間にか台湾を国家承認していたようです。米国国防省が出した、「Indo-Pacific Strategy Report」というレポ(全文こちら)の中で、台湾を独立国として扱っています。シナとの間で派手な「関税戦争」をやってる隙に、しれっとこういうことをやって見せるとはさすがアメリカ!習近平も、マジびっくりだろう。)

|

パリ国際航空宇宙ショーに、P-1哨戒機とC-2輸送機が参加。

P  

(画像は海上自衛隊の固定翼哨戒、P-1。出典は海上自衛隊オフィシャルサイト

 隔年で開催される「パリ国際航空宇宙ショー」(The 53th Paris Air Show)に、海上自衛隊からP-1哨戒機、航空自衛隊からC-2輸送機が参加するという(陸上展示のみらしい)。

詳細はこちら→https://www.mod.go.jp/atla/pinup/pinup310607.pdf

C

(こちらの画像は航空自衛隊の輸送機C-2。出典は航空自衛隊公式サイト

|

商船三井(MOL)の自動車運搬船ベルーガ・エース(BELUGA ACE)

 テレビ東京の『日曜ビッグバラエティ』を観た。商船三井の新鋭自動車運搬船、ベルーガ・エースの航海を密着取材するというものだった。普段関係者以外は見ることのない航海の様子、大変興味深い内容でした。

商船三井のプレスリリース→https://www.mol.co.jp/pr/2018/18020.html

 

Photo_43

|

F35A墜落事故に関して

事故当時、当該機を操縦し行方不明となっていた、細見彰里3等空佐(41)の死亡が確認されそうです。謹んで、ご冥福お祈りいたします。

https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2019/06/07a.html

|

今日もどこかで災害派遣

北に山林火災あれば消火に駆け付け

西に豚コレラあれば殺処分に従事する

 災害列島の我が日本國。今日もどこかで救いを求める声が…

 5月27日に発生した、北海道紋別郡雄武町の山林火災で北海道知事による災害派遣要請をうけ、自衛隊のヘリ部隊が消火のため出動していたが、こちらは爾後自治体で対応可能として6月4日に知事から撤収要請が出されている。(こちら

 一方、6月5日に発生した、岐阜県山県市の豚コレラ騒ぎでは、毎度お馴染み陸自第10師団に災害派遣要請が出され、現在対応中である。(こちら

 関東地方で今日梅雨入り。これから梅雨→台風→秋の長雨と、雨季到来である。ことに、ここ数年西日本で連続して水害が発生していて警戒が必要。益々自衛隊が頼りである。隊員の皆様、厳しい任務ですがどうかよろしくお願いいたします。いざと言う時は、あなた方が最後の砦です。

|

JBWSS「水上安全・安全運航サミット」明日から開催。

 本格的なマリンスポーツシーズン到来を前に、舟艇及び水上安全等に関わる官民の団体が一堂に会し、水難事故の防止・安全対策の向上を図ることを目的とする「水上安全・安全運航サミット」(JBWSS Japan Boating & Water Safety Summit)が、明日から東京海洋大学越中島キャンパスで開催される。

詳細はこちら→https://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/r1/k20190603/k190603-2.pdf

 

|

令和の衝撃!山里亮太さん結婚?!株価にも影響か

 朝から大激震!山里亮太さんが女優某と結婚だとぉ?!

 余りの衝撃に、列島に激震が走った!関連は不明だが、5日間続落していた株価が大反発し、日経平均が371円60銭高の20,780.14で取引を終了。奇跡だ…

 それはともかく、

おめでとうございます!山里さん。

末永くお幸せに♡

 

Photo_42

|

「六四天安門事件」から30年。過去の話ではない。

六四天安門事件」(1989年6月4日)からちょうど30年。共産党の私兵集団である人民解放軍という名の極道共が、自由を求める人民を大量虐殺した事件である。30年たった現在でも、共産党はいまだ大陸にあって独裁制を維持し、虐殺機関・人民解放軍も健在。その矛先は、いつ周辺諸国、なかんずく我が日本国に向けられないとも限らない。共産党独裁体制が存続する限り、事件はまだ終わらないことを、忘れてはならない。

|

次世代住宅ポイント制度とは

 本日、6月3日より申請開始となった、「次世代住宅ポイント」。

 以下は、国土交通省による制度の説明。

次世代住宅ポイント制度は、2019年10月の消費税率引上げに備え、良質な住宅ストックの形成に資する住宅投資の喚起を通じて、消費者の需要を喚起し、消費税率引上げ前後の需要変動の平準化を図ることを目的とし、税率10%で一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、様々な商品と交換できるポイントを発行する制度です。

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000170.html

 対象となるのは、「環境」「安全・安心」「健康長寿・高齢者支援」「子育て支援、働き方改革」に資する住宅の、新築・購入・リフォームに限るとされる。

 手続きとしては、申請者は基本的には「建築主等」で、「工事施工業者」から注文住宅の新築またはリフォームを受けたもの、あるいは「分譲事業者」から新築分譲住宅を購入したものが、「次世代住宅ポイント事務局」(以下、事務局)にポイント申請し、「事務局」からポイントが付与される。申請者はポイント商品交換を「事務局」に申請し、事務局から「交換商品事業者」に連絡し、商品が提供される仕組みである。

詳細はこちら→https://www.jisedai-points.jp/user/about/

|

芹沢博士~!!

 公開中の映画『GODZILLA KING OF THE MONSTERS』を観てきた。正直、米国製ゴジラということで、悪い予感しかしなかったのだが、思ったほど悪くはなかった。細かい突っ込みどころは山ほどあるが、良くも悪くもアメリカ流のど派手な映像であった。他の人に観ることを勧める気にはなれないが…

 

Photo_41

|

「令和元年度富士総合火力演習」(令和元年8月25日)募集開始!

Photo_40

(画像の出典:陸上自衛隊公式サイト

 令和最初の総火演、その募集が始まりました。募集期間は、6月1日00:00より7月1日24:00まで。インターネットからご応募できます。

詳しくはこちら→https://www.mod.go.jp/gsdf/event/fire_power/app.html

 

|

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »