« 巡視船「つがる」をブルネイ、フィリピンへ派遣。インド太平洋海域の法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序の維持・強化を目指して | トップページ | 雷撃ではなく砲撃か? »

速報:オマーン湾で日本向けタンカー2隻が攻撃される。機雷か魚雷か?

Lutinebell

 本日午前11時40分ごろ、オマーン湾のホルムズ海峡付近で、日本向けの石油タンカー及びケミカルタンカーが攻撃され炎上中らしい。魚雷攻撃を受けたか、機雷に触雷したらしいという情報が入ってきた。まだ詳細は不明だが、船員は退船して無事だという。

 タンカーは1隻はパナマ船籍、もう1隻はマーシャル諸島船籍だが、うち1隻は日本の「国華産業」所属の船との情報もある。いわゆる便宜置籍船らしい。(パナマ、マーシャル諸島、リベリア船籍の船で世界の4割というデータも)

 安倍総理がイランに訪問した、この時期を狙ったのか?

 もし、ホルムズ海峡に機雷が敷設されるか、浮遊機雷が散布されたとしたら一大事だ!最悪の場合、船舶保険費が急騰して船主も荷主も負担できなくなるか、船員組合が乗船拒否して海上輸送が麻痺しかねない。

Photo_44

(現場はオマーン湾のホルムズ海峡付近)

 

|

« 巡視船「つがる」をブルネイ、フィリピンへ派遣。インド太平洋海域の法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序の維持・強化を目指して | トップページ | 雷撃ではなく砲撃か? »

海事・海保・海自」カテゴリの記事