« 内閣府の「景気判断悪化」を受けて、今日の株価は? | トップページ | 台風19号が、観艦式直撃?! »

北の海に消えた島、エサンベ鼻北小島。

Photo_20191008173601

北海道・猿払村沖合約500m。北緯45度20分5.9秒、東経142度10分52.9秒。

国土地理院の地図→https://maps.gsi.go.jp/#15/45.334997/142.181368/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f1

 

 以前記事(こちら)にしたが、海上から姿を消したエサンベ鼻北小島について、海上保安庁の調査結果が出た。

 調査は4月から5月にかけて実施され、その結果島があったとされた場所には島はなく、非常に水深が浅い浅瀬があったという。

 だたし、エサンベ鼻北小島は領海の外縁を根拠付ける国境離島であるため、追加調査で潮位の精密な調査を行い、その上で最終判断を下すという。(※低潮高地として認められる可能性あり)

 なお、仮に追加調査の結果、同島が領海の基線とならない場合でも、我が国EEZ(排他的経済水域)の外縁には一切影響無いとのことです。

詳しくはこちら→「エサンベ鼻北小島の調査結果等について

Photo_20191008175201

 

|

« 内閣府の「景気判断悪化」を受けて、今日の株価は? | トップページ | 台風19号が、観艦式直撃?! »

ニュース」カテゴリの記事

海事・海保・海自」カテゴリの記事