« 明日は大納会。 | トップページ | 令和元年も、あと少し…… »

今年最後の市場は、続落で全面安。それでも29年ぶりの終値。

 先週末のNYダウは、28,645ドル26セント(△23.86)で続伸。最高値更新中である。一方、日本市場は寄付きから23,770円93銭(▲66.79)で続落。そのままずるずる株価は後退し、下げ幅が広がる嫌な展開。一時的に反発しても長続きせず、売りが先行する。結局、今日の終値が今日一番の安値で、23,656円62銭(▲181.10)と23,700円も割り込んでしまった。業種別指数も、「鉱業」以外の32業種が全てマイナスだった。12月17日に記録した、年初来高値24,066円12銭と比較すると、409円50銭安い。

 ただし、去年の終値20,014円77銭(2018.12.28)と比較すると、金額で3,641円85銭、パーセンテージで18%のプラスである。さらに言えば、バブル崩壊以来、実に29年ぶりに高い終値でもあったそうです。

 さて、今年の取引はこれで終了である。来年はオリンピックイヤー。果たして市場はどうなることか?良い年でありますように。

 

Photo_20191230215401

全て世は事もなし。

|

« 明日は大納会。 | トップページ | 令和元年も、あと少し…… »

株価 日経平均」カテゴリの記事