« なんだこれ? | トップページ | 1月も、もう終わりだ。 »

WHOの緊急事態宣言と株価。

Photo_20200131153701

 昨日のNYダウは、寄付きから94ドルも下げて始まった。依然、武漢肺炎に対する不安から上値が重く、下げ幅が広がって一時は244ドルも下げた。しかし、WHOから緊急事態宣言がでたことで、各国の対策が本格化するだろうとの期待から反転。更に、マイクロソフト、テスラ、コカ・コーラの業績が良かったことが追い風になって、終値は28,859ドル44セント(△124.99)で三日続伸だった。

 日本市場は、寄付き23,148円92銭(△171.17)で反発。昨日400円以上下げた反動と、アメリカ市場の好調ぶりが好材料となったか、その後も上げ幅を広げ、一時443円も上げた。しかしそこから上げ幅が狭まり、前引けは23,268円38銭(△290.63)と手荒い展開。後場はやや落ち着いたか、緩やかな動き。大引け後の終値は23,205円18銭(△227.43)だった。

 ホンダ自動車に部品を供給していた、エフテック(東証7212)は、部品生産を武漢からフィリピンに移すと表明していたが、終値は765円(△9)。サイバー攻撃を受けて防衛機密が流出した疑いのあるNEC(東証6701)は、終値4,920円(△110)だった。

 

 

Photo_20200131160401

志摩リンがふらり立ち寄った店(ころぼっくるひゅって・カフェ)に、井之頭五郎さん(松重豊)が居たら面白かったが……さすがのテレ東でも、それはないか。

|

« なんだこれ? | トップページ | 1月も、もう終わりだ。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事

ドラマ・舞台・演劇」カテゴリの記事