« 二・二六事件から84年。不逞の輩が | トップページ | NYダウ最大級の下げ!一時マイナス1,200ドル超!!キンペイ、テドロス、責任とれよ貴様ら! »

確定申告4月16日まで延長の方針?どこまで広がるテドロス肺炎(武漢熱)の悪影響。

 昨日のNYダウは、寄付きは27,159ドル46セント(△78.10)と反発してスタート。ここ四日で2000ドル以上下げた反動か、アップルをはじめハイテク株を中心に買い戻す動きが出て、一時は461ドルも値を上げた。しかし、米国内でのさらなる感染の広がりと、ブラジルで南米初の感染者が出たニュースが流れると市場の空気も一変。今度は27,000㌦台も割り込み、26,890ドル97セント(▲190.39)と190ドルも下げる波乱の展開。ウォルト・ディズニーが3%下げ。ブラジル市場のボベスパ指数はー7.00%の大暴落。VIX指数も、20.75と悪化。結局、NYダウの終値は26,957ドル59セント(▲123.77)で、五日続落だった。

 日本市場は寄付きから22,253円83銭(▲170.36)と続落。前場は22,000円台を割り、21,987円99銭と438円も下げる展開。前引けは22,052円97銭(▲373.22)でかろうじて22,000円台を回復。しかし、後場に入ると22,000円台をまたも割り込み、21,900円台でのもみ合いに。一時は21,844円29銭と581円も下げた。大引け後の終値は、21,948円23銭(▲477.96)。終値が22,000円台を割るのは昨年10月以来だ。

 昨日は軒並みマイナスだった、テドロス肺炎関連株は、今日は反発してプラスに転じるものが多かった。感染を抑えるため、公立学校の休校処置がニュースになる中、e-ラーニング学習支援ソフトの製造販売を行う アイスタディ(東証2345)が終値1,304円(△300)でストップ高。プラス29.88%の急騰ぶりなのが目立った。一方、東京ディズニーリゾートを運営する、オリエンタルランド(OLC 東証4661)は、終値12,185円(▲510)。一週間前は14,000円台だった株価が、ここ数日で2,000円も下げた。インバウンドの減少や、休場の可能性などが嫌気されたか。

 テドロス肺炎(武漢新型コロナウィルス肺炎COVID-19)の影響は別の方面にも。確定申告の締め切りが、4月16日まで延長される方針だという。どこまで影響が広がるかわかりません。

 

 

Dd110

中東に派遣された、海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」(DD110上図)が、情報収集活動を開始したそうです。遠い外洋での過酷な任務、事故の無いよう、お祈りします。頑張ってください!

(画像出典:海上自衛隊JMSDFオフィシャルサイト

|

« 二・二六事件から84年。不逞の輩が | トップページ | NYダウ最大級の下げ!一時マイナス1,200ドル超!!キンペイ、テドロス、責任とれよ貴様ら! »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

海事・海保・海自」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事