« 緊急事態宣言後、初めての週末は過ぎていく。 | トップページ | 金の価格が、40年ぶりの高値を記録。 »

欧米市場は、聖金曜日で休み。

Photo_20200413162601

 先週末、10日のNYダウは、市場が「グッドフライデー」(聖金曜日)の休みのため取引なし。欧米市場が休みで材料に乏しい中始まった日本市場は、寄付きから19,312円04銭(▲186.46)で反落。方向性が定まらない展開で、一時300円近く下げた後、やや戻して前引けは19,349円74銭(▲148.76)。しかし、後場に入ると下げ幅が次第に広がる。19,014円32銭(▲484.18)と19,000円を割る寸前まで下げた。終値は19,043円40銭(▲455.10)だった。

 チャイニーズウィルス(武漢新型冠状病毒疫)の感染の有無を調べる、PCR検査。従来、2時間から4時間もかかった検査を、半分の約1時間に短縮できる試薬キットを、20日から国内で販売すると発表していた、島津製作所(東証7701)は、寄付き直後から一気に200円近く急騰したのだが、次第に利益確定の売りが優勢になり、終値は2,884円(▲21)でマイナスだった。

Photo_20200413164301

島津製作所の新型試薬セットの高性能ぶりに、興奮する関係者(?)

|

« 緊急事態宣言後、初めての週末は過ぎていく。 | トップページ | 金の価格が、40年ぶりの高値を記録。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事