« きわめて不確実。 | トップページ | 押し紙で佐賀新聞に賠償命令だそうで。 »

浮き沈みの激しい週末

 14日のNYダウは、米支対立の懸念からマイナススタートで、一時458㌦も下げ23,000㌦を割り込んだ。しかし、今週に入って1,000㌦以上下げた反動と、経済再開への期待から原油高になったことが追い風となり、株価は反転。23,625㌦34㌣(△377.37)で反発して終わった。ナスダックもS&P500もともにプラスだった。

 NYの株高を追い風に日本市場も寄付きは20,149円79銭(△235.01)で反発。20,000円を回復してスタートしたのだが、その後は上げ渋る展開。次第に下げに転じ、前引けは19,854円03銭(▲60.75)で20,000円を割り込んだ。しかし、後場に入ると今度はプラスに反転。大引け後の終値は20,037円47銭(△122.69)で20,000円台を回復して今週の取引を終えた。

 緊急事態宣言が39県で解除。残る8都道府県も、解除が見えてきた。来週はどうなるか見ものだ。

 

Photo_20200515174501

6月26日公開予定だった、映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』(公式サイト)が、チャイニーズウィルス(武漢新型冠状病毒疫)の影響で公開延期になりました。残念ですね。

また、7月10日公開予定だった『劇場版ポケットモンスター ココ』(公式サイト)も公開延期が決定。どこまで影響が続くのか・・・

 

テドロスとキンペー、責任とれよアホ!

|

« きわめて不確実。 | トップページ | 押し紙で佐賀新聞に賠償命令だそうで。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

声優・アニメ監督・演出」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事