« 四月も終わり、日経平均20,000円台回復! | トップページ | あつまれ○○の森 »

あっという間に2万円割れ。

 4月30日のNYダウは24,395㌦72㌣(▲288.14)で反落。前日532ドル上げた反動の利食いの売りと、悲観的な経済指標が嫌気されたか。

 日本市場も寄付きから19,991円97銭(▲201.72)で反落。あっさり2万円台を割り込んでしまった。こちらも昨日422円上げた反動で、ずるずる下げ幅が広がる展開。緊急事態宣言が延長されるらしいというニュースと、4~6月期のGDP予想がマイナス21%という悪いニュースが重なって、一時19,551円73銭(▲641.96)まで下げた。大引け後の終値は、19,619円35銭(▲574.34)。昨日上げた分を全部吐き出し、更に150円下げた計算。日本版恐怖指数ともいうべき日経平均VIは40.15で+27.9%と大きく上がった。

 5月始めの市場は下落。明日から6日までGWで市場も休みである。再開される7日の市場はどうなるか?誰にも分らん。

Photo_20200501212201

|

« 四月も終わり、日経平均20,000円台回復! | トップページ | あつまれ○○の森 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事