« 落ちてますね。 | トップページ | シナ潜水艦が、接続水域を潜航して通過か。 »

今週もこれで

 18日のNYダウは26,080㌦10㌣(▲39.51)でわずかに続落。取引中271ドルも下げて26,000㌦を割ったり、反発して△34㌦とわずかながらプラスに転じたり、荒っぽい展開だった。まだまだ、チャイニーズウィルス(武漢肺炎ウィルス)感染再発への懸念が尾を引いている様子。

 日本市場は、寄付きから22,515円75銭(△160.29)と反発してスタート。しかし、上げ幅は伸びず逆に縮小し、22,352円16銭(▲3.30)とわずかにマイナスに転じる場面も。前引けは22,386円41銭(△30.95)で、わずかながらプラスを維持。後場に入ると前場より上げ幅を一気に40円以上広げ、そのまま株価は上昇。今日の最高値となる22,523円66銭(△168.20)を記録した後、今度は利益確定の売りが入ったか株価は降下。終値は22,478円79銭(△123.79)で三日ぶりの反発だった。

 今週一週間で、株価は173円プラス。途中、774円も下げたり1051円も上げるなど、乱高下の一週間だった。来週はどうなるか?

Photo_20200619185601

 昨日、久しぶりに株価が5万円台を回復した、任天堂(東証7974)。今日も好調で、終値は50,520円(△410)。巣籠もり消費で、大人気の「あつまれ!どうぶつの森」が空前の大ヒットしたことが大きいらしい。この人気はまだ止まらない?

|

« 落ちてますね。 | トップページ | シナ潜水艦が、接続水域を潜航して通過か。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事