« 今日から6月。 | トップページ | いよいよ今宵、『水曜どうでしょう』2019新作、テレビ埼玉(てれ玉)にて放送開始! »

テロ組織ANTIFAが指嗾する暴動もはね返す、アメリカ市場の底堅さ。共産党の昏主・習近平の悪あがきに負けるな!

 6月1日のNYダウは、続落でスタート。開始直後から大きく下げ、一時25,220㌦66㌣(▲162.45)と162㌦も下げた。香港弾圧法というシナ共産党の暴挙に対し批判を強める米国のドナルド・トランプ大統領に対抗し、シナ共産党昏主・キンペーは米国産大豆の禁輸で対抗するなど米支関係がさらに先鋭化する中、全米でテロ組織・ANTIFAが指嗾しているとみられる暴動が多発。それらが、一時的に株価を急降下させたとみられるが、その後は反転して株高となり、上げ幅は最大で125㌦に。終値はやや下がって25,475㌦02㌣(△91.91)。三営業日ぶりの反発だった。ナスダックもS&P500もわずかながらプラスで、米国市場の底堅さが感じられた。

 最近にわかに注目を浴びるテロ組織、ANTIFA。アンチ・ファシスト、アンチ・ファシズムを標榜するが、反対者に暴力を振るうことをいとわない過激集団らしい。この組織には悪いうわさがあって、シナ共産党が資金提供しているのではないかと疑われているという。もし事実なら、とんでもない話だ。現存する最悪のファシスト政党であるシナ共産党が、反ファシスト団体に資金提供なんて、悪質な冗談だ。米国内にしつこくくすぶり続ける「人種差別」という宿痾に油を注ぎ、暴動を起こして人種間の分断を謀り、社会不安を醸成しようとする卑劣な犯行を、絶対許すな!がんばれ、ドナルド・トランプ大統領!

 一方、日本市場は寄付きから22,175円52銭(△113.13)で続伸スタート。順調に上げ幅を広げ、一時22,401円79銭(△339.40)まで上げた。大引け後の終値は、22,325円61銭(△263.22)で続伸だった。

 

333

「あつまれ!どうぶつの森」は、奥が深いな・・・

|

« 今日から6月。 | トップページ | いよいよ今宵、『水曜どうでしょう』2019新作、テレビ埼玉(てれ玉)にて放送開始! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事