« 今週もこれで | トップページ | 夏至で部分日食。 »

シナ潜水艦が、接続水域を潜航して通過か。

P1

画像は、海上自衛隊のP-1哨戒機。画像出典は、海上自衛隊オフィシャルサイト

 防衛省によれば、18日(木)に鹿児島県・奄美大島北東の接続水域内を潜没したまま西進する外国潜水艦らしきものを発見。更に20日(土)には、奄美大島の北西約60キロに位置する鹿児島県・横当島(よこあてじま 火山島、無人島)の西海域(接続水域外)で西進する潜水艦らしきものを発見したという。シナ人民解放軍海軍の潜水艦と見られる。人民解放・・・聞いて呆れる。香港弾圧、ウィグル人チベット人虐殺のシナ共産党の手下どもが。

 海上自衛隊では哨戒機のP-1及びP-3C、護衛艦「あきづき」(DD-115)、ミサイル護衛艦「あしがら」(DDG-178)、ヘリコプター護衛艦「かが」(DDH-184)を出動させ、情報収集と警戒監視にあてたという。

詳細はこちら→「潜没潜水艦の動向についてhttps://www.mod.go.jp/j/press/news/2020/06/20a.pdf

 沖縄県石垣市の尖閣諸島には連日シナ公船が接続水域に進入し、時に領海まで侵入するなど傍若無人なふるまい(詳細は海保サイトへ)を繰り返しているが、他の海域にもちょっかいを出してきたか?厳重な警戒が必要だ。

 

 昨日、19日のNYダウは25,871㌦46㌣(▲208.64)で三日続落。26,000㌦も割り込んでしまった。

 

|

« 今週もこれで | トップページ | 夏至で部分日食。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

海事・海保・海自」カテゴリの記事

防衛省・統合幕僚監部」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事