« 今日は何の日? | トップページ | 土用丑の日、株価もうなぎ上り? »

三峡ダムはどうなる?

Photo_20200720221501

 シナ共産党によれば、「洪水は人民の錯覚」だそうだから、たぶんだいじょうぶだろう。いずれにせよ、我々が心配する必要はない。尖閣諸島と沖ノ鳥島に手を出すな!火事場泥棒‼

 先週末17日のNYダウは26,671㌦95㌣(▲62.76)で続落。ナスダックとS&P500は反発で、まちまちだった。

 週明け月曜の日本市場は、寄付きは22,772円07銭(△75.65)で反発してスタートしたのだが、利益確定の売りが先行して株価は下落。一時22,580円まで下げ、下げ幅も116円まで広がった。前引けは22,616円23銭(▲80.19)。しかし、後場に入ると下げ幅は縮小し、次第にプラスへ転じた。大引け後の終値は、22,717円48銭(△21.06)。始値には及ばないが、かろうじて反発だった。

 チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)関連では、「他家間葉系幹細胞」を用いた治療法の開発を進めている、ロート製薬(東証4527)が、来月から大規模な治験を進めると表明していたが、今日の終値は3,430円(△110)だった。間葉系幹細胞を用いることで、重篤の肺炎に伴う「サイトカインストーム」(自己免疫が過剰に反応して体組織を攻撃してしまう現象)を抑制する効果が期待できるという。

|

« 今日は何の日? | トップページ | 土用丑の日、株価もうなぎ上り? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

科学・技術・テクノロジー」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事