« くれぐれも、ご注意を! | トップページ | 『サイレント・ヴォイス』というドラマは、なかなか良かった。 »

東京224

 8日のNYダウは26,067㌦28㌣(△177.10)で反発。取引開始から買いが入って一時26,109㌦49㌣(△219.31)まで上昇したのだが、そこから急降下で25,816㌦25㌣(▲73.93)まで下げるなど、荒っぽい展開。経済回復への期待とチャイニーズウィルス(武漢新型冠状肺炎ウィルス)感染再拡大への懸念が交錯する中、老舗ブランドのブルックス・ブラザーズ破綻のニュースが入るなど不安から利益確定の売りが先行する場面も。一方で、ハイテク関連株が依然堅調で、AppleMicrosoftが上場来高値を更新。それが後半、引けに向けて株価を上昇させた。ナスダックとS&P500も反発して、ナスダックは最高値を更新した。

 米国市場の好調を受け、日本市場も反発。終値は22,529円29銭(△90.64)だった。

 東京では新規感染者が過去最高の224人。しかし、重傷者・死者が急増しない限り、驚き慌てることはない。今まで通り、手洗いうがい、マスク着用、三密を避け間合い(ソーシャル・ディスタンス)をとるのみだ。

Photo_20200709224101

少しでもクールに。

|

« くれぐれも、ご注意を! | トップページ | 『サイレント・ヴォイス』というドラマは、なかなか良かった。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事