« 連休明け米国市場、NYダウ28,000ドル割れ! | トップページ | 「渋谷に来ないで!」ハロウィンなんて、やめちゃえよ。 »

夏期(7,8月)のマリンレジャー活動に伴う海難発生状況。ここにも、チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の影響が・・・

Photo_20200910224901

(左から、うみまる、うーみん、第8管区のハルちゃん)

 海上保安庁が発表した「夏季(7-8月)のマリンレジャー活動に伴う海難発生状況」(速報値)によると、令和2年7月1日から8月31日までの海難状況の内、マリンレジャー活動に伴うプレジャーボート等の船舶事故は、船舶事故件数297隻(昨年より41隻増)。原因は昨年同様「機関故障」が突出して多く、定期点検や発航前検査で防止できた可能性のある事故が約5割。人身事故数は232人(昨年より6人増加)したが、遊泳中の事故は減少して88人(12人減)だった。

 船舶の点検不足には、チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の感染増加に伴う自粛等で、点検等がおろそかになった点が影響したかと思われる。一方で、遊泳中の事故が減少したのも、チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)により自粛等で、海水浴に出る人が減ったことが影響してる模様。

 遊泳中の事故の発生の8割が「自然海岸」等で発生しており、あらためて遊泳可能海岸以外での遊泳は厳に慎むべきと認識されるのだが、今年はチャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)禍で海水浴場自体が通常の営業ができないなど、ウィルス蔓延の影響が随所に見られる。

詳細はこちら→https://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/r2/k200908/k200908.pdf

 

 9日の米国市場は3指標ともに反発!それまで売られていたハイテク株に買い戻しが入ったほか、英国の製薬会社のワクチン治験が再開されるというニュースが好感された模様で、NYダウは27,940㌦47㌣(△439.58)。取引中一時28,206㌦21㌣(△705.32)と28,000㌦台を回復し上げ幅も705㌦を記録する場面もあった。ナスダックは11,141.56ポイント(△293.87)で11,000ポイント回復。S&P500は3,398.96(△67.12)。

 米国市場の回復を受けて日本市場も反発。大引け後の終値は23,235円47銭(△202.93)。業種別指標も33業種すべてがプラスの全面高!特に「海運業」が+6.85%と大きく上げた。

|

« 連休明け米国市場、NYダウ28,000ドル割れ! | トップページ | 「渋谷に来ないで!」ハロウィンなんて、やめちゃえよ。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

海事・海保・海自」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事

ゆるキャラ・ご当地キャラ」カテゴリの記事