« 三つ巴?それとも両手に花?島忠・ニトリ・DCM | トップページ | 岡村隆史さん、結婚おめでとうございます。 »

どこまでも迷惑な

 21日のNYダウは28,210㌦82㌣(▲97.97)で反落。ナスダックは11,484.69ポイント(▲31.80)。S&P500は3,435.56(▲7.56)。3指標共に反落だった。取引開始直後は買いが優勢で、NYダウは一時前日終値より141ドルも上げる場面もあったのだが、チャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)のワクチン開発の行方や大統領選の先行き不透明から、投資家心理も不安に駆られるのか乱高下を繰り返し、結局3指標ともマイナスで終わった。

 日本市場は、米国市場の不安心理が伝染したか寄付きから23,525円59銭(▲113.87)で大きく反落。さえない値動きで下げ幅も広がり、一時下げ幅は200以上に。大引け後の終値は23,474円27銭(▲165.19)だった。

 来年4月を期して、経営統合を計画していた、紙おむつの世界的メーカーである、日本触媒(東証4114)と三洋化学(東証4471)は、計画を取りやめたという。ここもチャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)の影響で、今後経営状態がどうなるか不透明なためだという。一体、どこまで迷惑かければ気がすむのか。日本触媒の今日の終値は、5,280円(▲190)。三洋化学は4,495円(▲355)。どちらも反落だった。

Photo_20201022233001

|

« 三つ巴?それとも両手に花?島忠・ニトリ・DCM | トップページ | 岡村隆史さん、結婚おめでとうございます。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事