« 週明け、市場はどうかね? | トップページ | タフガイの帰還。NYダウは久々に28,000ドル台回復! »

健在ぶりに、市場も好感。

 週末2日の米国市場は、ドナルド・トランプ合衆国大統領のチャイニーズウィルス(武漢新型肺炎ウィルス)陽性の衝撃からか3指標とも反落。NYダウは27,682㌦81㌣(▲134.09)。ナスダックは11,075.01ポイント(▲251.49)。S&P500は3,348.44(▲32.26)だった。

 容態が注目されるトランプ大統領だが、病院前に集まった支持者の前に車列を連ねてサプライズ登場。車窓から手を振って健在をアピールした。

 大統領の元気な姿に勇気づけられたか、週明けの日本市場は反発スタート。大引け後の終値は、23,312円14銭(△282.24)だった。

Photo_20201005224001

|

« 週明け、市場はどうかね? | トップページ | タフガイの帰還。NYダウは久々に28,000ドル台回復! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

株価 日経平均」カテゴリの記事